じーざすPRESENTS【GO AHEAD!】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

March 20(Sun), 2016 起きろ

trickstar22016-03-20

おやすみ時間は、もう終わりだ。

それだけか? それだけか?を含むブックマーク

なぜグローバル化日本人から品格」を奪ったのか

プレジデント 3月20日(日)18時15分)


劣化した政治家官僚、そして

市井の声――大所高所からの発言ではなく、平凡な庶民の思いという意味である。恩地祥光氏が、この2年ほど朝日新聞の「経済気象台」に書き続けたコラムは、読んでいて実にわかりやすい。タイトル経営と銘打っているものの、身近なニュースアベノミクス行方日本経済の課題が幅広く取り上げられ、格好の社会時評となっている。

著者は、1977年新卒ダイエーに飛び込んだ。同社が小売り業界初の1兆円突破に向かって快進撃をしている時期である。そして、26歳のとき創業者中内功氏の秘書に抜擢され、それから4年間、いわゆる“かばん持ち”として仕える。おそらく恩地氏は、カリスマ経営者の一挙手一投足を目の当たりにしながら、マネジメントを学び、見識を深めたことだろう。

そのことが「ハゲタカと呼ばれた外資系再生ファンド功罪」と題するコラムを読むとわかる。企業はヒト・モノ・カネで成り立っているものの、バランスと順位(ヒトが1番目)は不変という日本的経営の良さを、外資が壊したと指摘。「ハゲタカが求めるカネ(配当や売却益)に経営の重点が移り、ヒトはカネを生み出す『機能』としてしか見ない傾向が定着したことが、いかに日本企業を劣化させたか」と嘆く。

だがしかし、それ以上に劣化したのが政治家と官僚である。「『東京オリンピック』迷走の責任者は誰か? 」という項は、そのことを如実に浮き彫りにする。新国立競技場建設計画では、当初のデザインだと2520億円という工事費がヤリ玉に挙がり白紙撤回大会エンブレムにいたっては、選出された作品盗作疑惑が持ち上がり、税金無駄にした。恩地氏は、これらの問題について「経営感覚のある人材トップに据えない限り、政治家や官僚の責任のなすり合いが繰り返されるだけだろう」とし、文科省を筆頭とした当事者意識の欠落を指弾する。

■本当の意味で日本人に品格が求められている

こうした恩地氏の物事の捉え方は、ダイエーの中枢にいて、その没落の軌跡を体験したことと無関係ではないはずだ。中内氏の秘書役を引いた後は、経営企画の分野に異動。92年のリクルートハワイアラモアナショッピングセンター買収などの大型M&A案件、ローソン上海進出などの事業開発を手がける。その一方で、ヤオハンの買収では、中内氏に対してGMS(綜合スーパー)の時代終焉を主張したが、ダイエーは落城への道をひた走った。

つまり、成長から成熟、衰退のプロセスを熟知しているわけだ。恩地氏は「これからの日本は、経済活動にしても、政治にしても、欲深さや不正直ではなく、本当の意味で品格が求められるのではないか」という。そして、その好例をイギリスに求める。80年代サッチャー政権下の金融ビッグバンによって、アメリカなどが地元金融機関を買収し、シティを席巻する結果を招いた。しかし、現実を受け止め、誇りと文化は守った。

いま恩地氏は、M&A助言会社としては日本の草分け的な会社に身を置き、ダイエー時代の経験を生かして活躍している。本人は「M&Aの動向から日本経済の行く末を占うという観点も身についた」という。それにしても、昨今の経済・社会変動は目まぐるしい。そんななか、恩地氏の筆は、私たちの思索にいろいろなヒントを与えてくれる。

本当に日本人にそんな品格なんてあったのか?

むしろそれを問いたい。

会社更生法適用すべきだ 会社更生法を適用すべきだを含むブックマーク

鴻海が出資額引き下げを打診 混迷深まるシャープ経営再建

ダイヤモンドオンライン 3月19日(土)15時30分)


経営再建中のシャープを巡って、鴻海(ホンハイ)精密工業が買収に向けた出資額の引き下げなど、支援条件を大幅に見直すことを打診していたことが、19日分かった。複数関係者が明らかにした。

シャープは2月末、鴻海グループへの第三者割当増資などで計4890億円(議決権割合で66%)の出資受け入れを機関決定し、さらメーンバンクみずほ三菱東京UFJ銀行が保有する計2000億円のシャープの優先株を、1000億円で鴻海に買い取ってもらう契約を結ぶ予定だった。

ただその後、シャープ側から3000億円規模の潜在的債務(隠れ債務)のリストが提出されたことで、財務リスクの精査が必要になり、3月に入っても契約ができない状態が続いている。

3月14日以降、訪台したシャープの高橋興三社長は、銀行団を交えながら、鴻海の郭台銘董事長と断続的に会談。その中で、今後の財務リスクを懸念した鴻海側が、一部の案として銀行団が保有する優先株について、1000億円としていた買い取り価格を「半分以下にまで大幅に引き下げることを提案してきた」(関係者)という。

銀行団としては、優先株の実質放棄を求めていた官民ファンド産業革新機構と比べ、1000億円という買い取り価格が鴻海支持に回った最大の要因でもある。

そのため、銀行団は優先株の買い取り価格の引き下げ提案に、激しく抵抗。それを受けて鴻海側は、シャープへの新たな融資枠の設定に加えて、代替案として1000億円規模の出資額引き下げを求めてきたという。

鴻海側は、再建支援の「手付金」として即座に支払うとしていた1000億円の保証金についても、500億円程度に減額した上で第三者機関に預託し、使途を制限することも提案しているもようで、シャープとしては完全に足元を見られ、翻弄されるような状態に陥っている。

シャープや銀行団は、3連休の間に緊急の経営会議を開き、鴻海側の支援条件の見直しをどこまで受け入れるのか、話し合う予定だ。

一体なぜ鴻海をスポンサーに選んだのか――。瀬戸際の交渉が続くなかで、シャープ社内からは今さらながらそうした怨嗟の声が噴き出し始めている。

倒産したほうがいいんじゃないかと思えてきた。

フォックスゴンに売っても、間違いなくこの状態では棄てられる。

カトリックゲーム カトリックゲームを含むブックマーク

ローマ法王Instagram始める 祈る姿を投稿

ねとらぼ 3月19日(土)22時2分)


ローマ・カトリック教会フランシスコ法王が3月19日(現地時間)にInstagramを始めました。アカウントは@franciscus。

現時点で投稿されている写真は、祈っている法王を写した1枚のみ。「Pray for me(私のために祈ってください)」というメッセージが添えられています。開設したばかりながら、フォロワーは10万人超え。Vatican Radioによると、法王がInstagramを始めたのは「画像は多くのことを明らかにできる」との考えから

法王は既にTwitterアカウントを持っており、フォロワーは約890万人。法王はTwitterで「神の慈悲と優しさの道を皆さんとともに歩むため、Instagramで新しい旅を始めます」と述べています。

年末には、“Instagramに投稿されたローマ法王初の自撮り”がネットで話題になりましたが、投稿した「法王聖座公式アカウント」が偽物であり、画像はビデオチャット映像から得たものであることが分かりました。本物の法王公式アカウントに自撮りが投稿されるのか、楽しみです。

聖☆おにいさん」と違いがなくなっているような・・・・。

日銀観光地日銀は観光地だを含むブックマーク

このお城、5億円です 日銀大分支店使用済み紙幣模型

西日本新聞 3月20日(日)11時10分)


「5億円」の重み−。日本銀行大分支店(大分市長浜町)に、使用済み紙幣5億円分の細断片を使った府内城の模型がお目見えした。支店改装に伴い休止していた一般向けの支店見学3月再開に合わせて、「城マニア」の職員が約半年かけて作った。

中心となったのは屋比久健総務課長(39)。1640年ごろ、幕府命令して描かせた絵図を基に制作した。高さ約1・3メートルで、細断した紙幣を厚紙に貼り付け、内部にも細断片を詰めている。天守閣のしゃちほこには1000円札を使うことで色を変えるこだわりようだ。

屋比久課長は、全国出張の合間を縫って各地の城跡を訪ねるほどのマニア。見学再開の目玉をつくろうと模型づくりを思い立った。「城は地域シンボル。模型が、大分の歴史に思いをはせるきっかけになるとうれしい」。かつて小藩が多くあり、多様な城跡がある大分の勤務は「たまらない」という。「今後じっくり楽しむため、中津城佐伯城はまだ訪ねていません」。

一般向け見学再開は22日から。平日のみで、10〜20人のグループ単位での申し込みが必要

意図はあるだろうし、心意気は買いますが、日銀ってそんなにヒマなのか?