trifle excerpt このページをアンテナに追加

Aug 11, 2007 ( Sat )

trifle2007-08-11

[]天然コケッコー 天然コケッコーを含むブックマーク

tenkoke.com - 

京都では、本日初日をむかえたので、さっそく観に行ってきた。くらもちふさこ原作やし、山下敦弘監督やし、渡辺あや脚本やし、くるり主題歌やし、なによりも、今いちばん大好きな岡田将生君が大沢君やしで、前売り券買ってうきうき待ってた。

少女漫画界の巨匠くらもちふさこと言えば、誰もが一度は読んだことがあるんじゃないだろうか。少女漫画スタンダードが、くらもちふさこ漫画にはある。普通っぽい女の子と、普通っぽい男の子が出会って恋をする。それも、劇的な出会いがあるわけでもなく、恋愛至上主義的な恋でもなく、なんだかほんわかした恋愛。だけど、そのほんわかした恋が、リアリティがあってきゅんとする。日常的で普遍的で、それでいて繊細な心理描写。読んでいると、学生の頃の淡い恋心を思い出すような、くらもちふさこ漫画はそういう漫画だと思う。映画では、そのくらもちふさこの世界が存分に内包されていて、原作のファンとしてはうれしくなる。山下監督は、「ばかのハコ船」以来好きなのだけれど、間の取り方がすごくじょうずで、惚れ惚れとさせられる。くらもちさん自体、微妙な間を描かれる方だけれど、その原作微妙な間を見事に映像化されている。山下監督は、長回しを結構好んで使われているのだけれど、この作品でも効果的に使われていて、次になにが来るんだろうという危うさやドキドキ感が、恋愛初期の感覚と混じり、ぐいぐいと画面に引き込まれる。お祭でそよが泣き出すシーンも、そよが大沢君の制服ボタンをつけ直すシーンも、ラストキスシーンも、本当に見事で。

映画の中のエピソードは、基本は原作のまま。だけど、少しずつ再構成されていて、つなぎあわせられている。基本エピソードを残したまま、映画としての繋がり、盛り上がり、尺なんかを考えて、きちんとおさめられている。多少は前後したり、修正したりはしているけれど、原作を知る人間から観てもその構成は不自然じゃなく、すんなりと受け入れられる。この渡辺さんの構成力はさすがだなあと思う。ただちょっと思ったのが、原作に忠実に描こうとしすぎていて、中途半端になりすぎてないかなあというところ。原作を読んだ人間としては、心の機微なんかがすごくよくわかったし、そうそう!と思うところが多かったのだけれど、原作未読の方はどう思われたんだろう。気づかない部分も多々あったんではないだろうか。

映画は、そよと大沢君が高校生になるまでの時間が描かれている。東京から来たちょっと気になる男の子が、好きな人へと変わる瞬間。一度目のキスは、なんてことなかった。二度目のキスで、ようやく恋や愛を知る。消えてなくなるかもしれないと思うと、些細なことでも急に輝いて見える。そういうことを感じて、ちょっとづつ大人になってゆく姿がすごく丁寧に描かれている。原作で好きなエピソードがある。修学旅行のワンシーン。みんなにお土産を買っているそよと大沢君の何気ない会話。そよの天然のすぼらで鈍感なところを、一度落として上げる大沢君。大沢君は、そよのこともそうだけれど、みんなのこともきちんとよく見ている。クールでずばずばはっきりモノを言うけれど、さりげない優しさと気遣いができる。そうゆう大沢君のいいところが、そのシーンにはつまっていて。原作を読んだときにすごく好きになったシーンだからこそ、映画に出てくることが嬉しかったし、原作の雰囲気がそのままだったことがさらに嬉しい。

そよを演じた夏帆ちゃんは、なんともその自然体が右田そよそのもので。演技がうまいのか、役柄がぴったりとはまったのか。岡田君はまだまだ未熟な感じが初々しくて、だけど透明感があって、生臭くない男の子って感じがしてすごくよかった。最初は、岡田君大沢君ってあんまりイメージと違うなあと思ったんだけど、ストーリーが進むにつれてどんどん大沢君に感じられた。まだまっさらなだけに、どんな色にでも染まれるということなのかな。そよのお父さん役の佐藤浩市さんが、なんかすごくよかったなあ。それほど登場シーンが少ないからか、原作よりも丸みを帯びた感じがしたけれど、でもなんだかその父親っぷりが、すごくよかった。さっちゃん(宮澤砂耶)とカッちゃん(本間るい)も、子供とは思えない演技力で。とくに、さっちゃんの、お見舞いに来てくれたときにそよちゃんに抱きつくシーンは、演技とは思えなかった。本当にそよちゃんが好きなんだろうなあと感じた。あと、シゲちゃんがまんまシゲちゃんで、原作を知っている人間は吹き出してしまうと思う。

観たあとすごくあたたかくなる。ほんわかと心が満たされて、学生の頃の淡い恋なんかを思い出したりして。すごく日常的で刹那的で、きっと誰もがこんな淡い恋愛を経験しただろうからこそ、映画に浸ることができる。なんだか、自分の卒業アルバムを見返しているみたいで、ちょっと恥ずかしい気持ちもあったり。じんわり心が優しくなって。地味だけど、いい映画だった。

[]岡田将生 岡田将生を含むブックマーク

面食いなわたしが、今、いちばん男前だなあと思う。真剣にかっこいい。正統派のイケメン。顔の男前っぷりもさることながら、そのプロポーションの良さといったら。胴が短くて、足が長い。シルエットがとてつもなく美しい。見ていて、惚れ惚れする。恋する日曜日シリーズから生徒諸君!にかけて見て、その男前っぷりに惚れた。生徒諸君なんて、岡田君見るために録画までしてたもんね。現在イケメンパラダイスも、然り。声もけっこう好きなんだな。ソフトでちょっと高め。物腰も、やわらかい感じがいい。笑ったときにできる目尻のシワとか、かなり好きなんだけど。映画にも立て続けに出はって、雑誌なんかでインタビューを受けてはるところを読むと、かなりなシャイ男の子。そして、素朴。普通のおだやかな男の子って感じ。素朴な男前シャイってところが、またツボにくる。

わたし、好きになるととことん好きで、とことん見るのです。映画も2本立て続けに観てきた。アヒルと鴨〜は、ちょっとだけやったけど。天然〜を観る前に、打ち上げ風景やらを見たら坊主になってはって、どこから坊主なんやろう?ってずっと思ってたら、なんとエンディングロールのみ・・・。映画のために坊主にならはったのは、すばらしい。坊主頭もかわいかった。でもちょっとかわいそうやったなあ。もっと坊主姿観たかった。基本的に坊主好きなので、わたし的には全然うれしいんやけど。

あと、映画はROBO☆ROCK*1というのが今年上映予定らしくて。こちらも楽しみ。

crispycafecrispycafe 2007/08/15 12:14 天然コケッコー大好きなのー。映画見に行きたいけど、今は無理そうなので、レンタル待ちます。あげはちゃんのレビュー見てたらすごく見たくなっちゃった!大沢くんのぶっきらぼーだけどさりげなーいやさしさがすきなのよぅ。あー、また原作読もうっと。

trifletrifle 2007/08/15 16:21 映画、とっても良かったよう!観たあと、もう一回原作読みたくなった!胸がきゅんとなったよ。久しぶりに、原作も映画も両方好きかも。大沢君がねえ、ほんまに大沢君っぽくて。結構冷たそうなのに、さりげない優しさがいいよねえ。岡田君、好演でした。はじまったばかりなので、ぜひ速攻映画館で!と言いたいところやけど。でもレンタルなったら、ぜひぜひ借りてー!くらもちファンも納得のいく映画やと思います。