ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

僕の落書き帖 RSSフィード

プロフィール

2018-02-25

三寒四温 寒の日 16:04 三寒四温  寒の日を含むブックマーク 三寒四温  寒の日のブックマークコメント

また寒さが戻ってきたので完全防寒で小幡緑地に出かけた。ここもあまり鳥がでない。ヒヨドリでも鳥は鳥だと思ってカメラを向けた。そんなときルリビタキがすぐ近くにやってきた。やっぱり青い姿は素敵だ。緑ヶ池に行くとアオサギカワウ呉越同舟といった風情で向き合っていた。池には一時よりカモの種類が少なくなったが、オナガガモホシハジロカルガモオオバンカンムリカイツブリなどが姿を見せた。まさに三寒四温今日は寒の日、昼は冷えた身体讃岐うどんで温めた。
ヒヨドリ
f:id:tsaito758:20180225102114j:image
ルリビタキ Photo by 奥さん
f:id:tsaito758:20180225105246j:image
ルリビタキ Photo by 奥さん
f:id:tsaito758:20180225105225j:image
アオサギカワウ
f:id:tsaito758:20180225105158j:image
オナガガモ
f:id:tsaito758:20180225105932j:image
カルガモ
f:id:tsaito758:20180225111107j:image
きつねうどん 得盛
f:id:tsaito758:20180225121352j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180225

2018-02-24

自動車会社が消える日 20:32 自動車会社が消える日を含むブックマーク 自動車会社が消える日のブックマークコメント

センセーショナルタイトルにひかれて手にした本だが、案外読み応えがあった。著者は朝日新聞の経済記者だった経済ジャーナリスト取材力もあってしっかり現況を捉えていると感じた。
ここに書かれていることは、10年前に自動車会社を卒業したメカニカル エンジニアにとっては新しいことばかり。100年に1度のパラダイムシフトというのもまんざら大げさな表現ではない。
スマホ化・ロボット化するクルマバーチャル エンジニアリングによる開発期間の短縮、トヨタEVの遅れ、VW 日産 マツダの動きなどなど興味深い。その中でのトヨタ危機的状況(恐竜環境の変化に対応できずに滅んでしまう)が強調されている。この混沌とした自動車業界はどうなるのか? 卒業生としては心配でならない。企業の存続 30年説がチラつく。
そういえば、Fan to drive というキーワードも霞んでいる昨今だが、この辺りに鍵がありそうに思うのだが・・・・。そんな甘いものではおまへんでえ と言われそう。

自動車会社が消える日 井上久男著 文春新書

f:id:tsaito758:20180224174928j:image

鳥たちはどこへ行ってしまった? 20:32 鳥たちはどこへ行ってしまった?を含むブックマーク 鳥たちはどこへ行ってしまった?のブックマークコメント

今日はさっぱり野鳥が姿を見せない、お昼寝なのか? 平和公園 南峰コースを歩いたけれど鳴き声もない。草はら落ち葉をひっくり返すヒヨドリシロハラを見かけただけだった。南峰の樹々の間から里山の家を見下ろす。ふと子供の頃の思いが蘇った。敵の砦を見下ろす(西部劇のシーン)感じ。
猫ヶ洞池にまわるも収穫なし。葦が刈り取られて湿地は見通しがよくなった。隠れるところがなくなって鳥たちはどっかに行ってしまったのだろうか?
ヒヨドリ 日ごろは蔑んでヒヨと呼んでいる
f:id:tsaito758:20180224132137j:image
シロハラ
f:id:tsaito758:20180224132516j:image
梅の蕾がふくらんできた
f:id:tsaito758:20180224134351j:image
里山の家を見下ろす
f:id:tsaito758:20180224125457j:image
見通しが良くなった湿地 @ 猫ヶ洞池
f:id:tsaito758:20180224140311j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180224

2018-02-23

東山植物園 20:56 東山植物園を含むブックマーク 東山植物園のブックマークコメント

今日も空気が緩んできたので、春を探しに植物園に出かけた。ここは名古屋市在住のシルバーは 100円で入園できるので大変ありがたい。それで午前中の時間シルバー層でいっぱいだ。春の兆しをみつけに歩くと、さっそく日向福寿草が花開いていた(陽が当たらないと咲かないのだ)。ソシンロウバイも花開いて清々しい匂いを漂わせていた。カンツバキが光の中で鮮やかな赤。ボケウメもほころび始めた。青空の中に彫刻 天使音楽家(Carl Milles作)が舞うのも春らしい。春にまず咲くということからマンサクの名があるマンサクは満開。植物園正門に定点観測しているサネカズラ、冬の姿はどんなか観察。意外な形にビックリ、ビナンカズラとも言われ輝く赤い実が魅力だったが今は冬眠状態

福寿草
f:id:tsaito758:20180223095737j:image
ソシンロウバイ
f:id:tsaito758:20180223104343j:image
カンツバキ
f:id:tsaito758:20180223101231j:image
ボケ
f:id:tsaito758:20180223104744j:image
ウメ
f:id:tsaito758:20180223105742j:image
ウメ 紅梅
f:id:tsaito758:20180223110056j:image
天使音楽家
f:id:tsaito758:20180223105658j:image
シナマンサク
f:id:tsaito758:20180223111112j:image
サネカズラ
f:id:tsaito758:20180223111909j:image

植物園の奥池の周りに大型デジカメ機材が砲列をなしていた。狙うはカワセミ。ここのカワセミサービス精神旺盛でドボンをしたり水平飛翔をしたり。その度連写シャッターの音が響き渡る。皆さん画像処理はどうしているのだろうか気にかかる。それに連写撮影というのは、数うちゃ当たるみたいで気乗りがしない。椿園の道でアオジが姿を見せた。
カワセミ
f:id:tsaito758:20180223102239j:image
目つきが鋭い
f:id:tsaito758:20180223102843j:image
アオジ
f:id:tsaito758:20180223101414j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180223

2018-02-22

三寒四温 温の日 17:35 三寒四温 温の日を含むブックマーク 三寒四温 温の日のブックマークコメント

クルマフロントガラスとルーフは霜で真っ白。陽が昇ると気温が上がってきた。今日三寒四温の温の日にあたる。昼過ぎから平和公園のハンノキ池からぐるっとひとめぐり。ハンノキ湿地スポットは閑散としていてヤマガラシジュウカラぐらい。中道を歩いていたらルリビタキブッシュの枝にとまってブルーの姿を晒していた。今日スターはこのルリビタキ。葦原でジョウビタキモズを見かけたけれどピンボケ撮影。芝生広場シロハラツグミのポーズをとっていた。暖かな陽射しの中でのんびりバードウォッチングを楽しんだ午後でした。
ハンノキ池 雨がないため池が小さくなった
f:id:tsaito758:20180222120446j:image
暖かな陽射しを浴びるパンパスグラス
f:id:tsaito758:20180222122727j:image
ルリビタキ photo by 奥さん
f:id:tsaito758:20180222125729j:image
バードウォッチャー憧れのルリビタキ 
f:id:tsaito758:20180222124007j:image
ジョウビタキ ピンボケだあ
f:id:tsaito758:20180222130121j:image
モズ これもピンボケだあ
f:id:tsaito758:20180222133253j:image
シロハラ ツグミのポーズ
f:id:tsaito758:20180222132607j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180222

2018-02-21

杁ヶ池 16:20 杁ヶ池を含むブックマーク 杁ヶ池のブックマークコメント

また寒さが戻ってきたが、風がないので比較的過ごしやすかった。ミコアイサがオスメスで岸近くを泳いでいた。コガモも特徴的な顔つき。マガモの頭は緑色。以前見たアヒルハイブリッド(?)は元気に暮らしていた。岸辺冬木立に数羽のカワラヒワが飛んできた。杁ヶ池は小さな池だけれど、結構いろいろの鳥がやってくる。この日は他にヒドリガモホシハジロオオバンゴイサギ
メタセコイア冬木
f:id:tsaito758:20180221093723j:image
ミコアイサのオスメス
f:id:tsaito758:20180221094820j:image
ミコアイサ オス パンダガモ
f:id:tsaito758:20180221094300j:image
ミコアイサ メス
f:id:tsaito758:20180221094454j:image
コガモ
f:id:tsaito758:20180221103222j:image
マガモ 緑色の頭
f:id:tsaito758:20180221100311j:image
アヒルハイブリッド(?)
f:id:tsaito758:20180221095910j:image
カワラヒワ ちょっとピンボケ
f:id:tsaito758:20180221095026j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180221

2018-02-20

ユニクロ潜入一年 21:30 ユニクロ潜入一年を含むブックマーク ユニクロ潜入一年のブックマークコメント

過労死、働き方改革、裁量労働というキーワードが喧しい昨今。この本は「ユニクロブラックか?」「柳井社長はフェアな経営者か?」ということに絞って潜入取材したレポートであるユニクロ秘密主義なので潜入取材という方法しかなかったとのこと。ちょっとキワドイ感じがするが・・・・。結論からすると「グレーだけれど限りなくブラック」「基本的低賃金で厳しい管理体制」「柳井社長の独裁経営 トップダウンだけど朝令暮改」と糾弾している。僕は10数年来のユニクロユーザーなので複雑な思い。ユニクロオープンでフェアな会社に変貌するにはどうすれば良いのだろうか? 柳井独裁体制はどこやらの北の国のような感じがする。ユーザーとしてウォッチしよう。温かく見守るという気にはならない。ユニクロはこのままでいいのか? 僕としてはしばらく買い控え?

ユニクロ潜入一年 横田増生著 文藝春秋

f:id:tsaito758:20180219210116j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180220

2018-02-19

冬の陽が明るい平和公園 17:27 冬の陽が明るい平和公園を含むブックマーク 冬の陽が明るい平和公園のブックマークコメント

午前中は通院、昼過ぎにいつもの平和公園に出かけた。昨日の強風は静まり冬の陽が穏やかに雑木林湿地を照らしていた。バードウォッチャーもちらほら。のんびりした午後の散策。刈りとられた葦原にジョウビタキアオジシジュウカラが遊ぶ。トンボ池ではコサギハンティングロウバイがほころび春らしくなってきた。今日は雪から雨に変わり、雪が溶けるころという「雨水」、寒さも峠を越えるといいな。
雑木林湿地
f:id:tsaito758:20180219140027j:image
バードウォッチ
f:id:tsaito758:20180219142219j:image
ジョウビタキ ピンボケだけど色がいいので
f:id:tsaito758:20180219141317j:image
アオジ
f:id:tsaito758:20180219141447j:image
コサギハンティング
f:id:tsaito758:20180219151044j:image
ロウバイ
f:id:tsaito758:20180219150108j:image
日時計 午後1時40分
f:id:tsaito758:20180219134805j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180219

2018-02-18

牧野ヶ池探鳥会 16:38 牧野ヶ池探鳥会を含むブックマーク 牧野ヶ池探鳥会のブックマークコメント

この日で牧野ヶ池探鳥会は今シーズン最後となる。風があって寒さ(体感では零下)は今シーズン一番だった。指先がジンジン。今シーズンはカモたちが少なかった。池にヘドロがたまって餌が少なくなってきたようだとのこと。猛禽類ミサゴ? ハイタカ?)が舞ったためか、寒さのためか、波立つ池の中央部には鳥の姿が少ない。向こう岸の葦の中にアオサギが破傘のように佇んでいた。ゴイサギは独特の青い装いで枝にじっとしていた。ミコアイサカイツブリカルガモヒドリガモオナガガモカンムリカイツブリなどの姿を見かけたが、確かに数少ない。帰り道、ブッシュの垣根の杭にジョウビタキが止まって今日の不作を埋め合わせてくれた。
アオサギ 破傘のよう
f:id:tsaito758:20180218094651j:image
青い装いのゴイサギ
f:id:tsaito758:20180218103739j:image
ミコアイサ パンダガモ健在
f:id:tsaito758:20180218102123j:image
カイツブリ 顔が可愛い
f:id:tsaito758:20180218103143j:image
カルガモ
f:id:tsaito758:20180218103210j:image
杭に止まったジョウビタキ
f:id:tsaito758:20180218110215j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180218

2018-02-17

寒々とした猫ヶ洞池 14:11 寒々とした猫ヶ洞池を含むブックマーク 寒々とした猫ヶ洞池のブックマークコメント

今日はまた寒さが戻ってきた。大陸の高気圧が南下して北国は大荒れのようだが、この地方も北西の風(伊吹おろし)が強い。猫ヶ洞池を渡って吹きつける風は凍てついている。雑木林はゴーゴーと鳴った。暗い雲が流れて時々冬の陽が射し込む。ツバキの季節になった。侘助だろう、ピンクの花が目を引く。その足下にツグミが見上げるようなポーズ。葦原にいくとシロハラカワセミもじぃーと水面を見つめていた。池は風が渡ると細かく波立ち風が見える。カモたちは風の中じぃーと漂っている。彼らはダウンを着込んでいるのでこの冷たさも平気なのだろうか? 僕はダウンジャケットを着込み、ホカロンを持って耐え忍んだ。池の端の大きな樹も朽ち果てそうだった。
猫ヶ洞池 枯れた葦とマンションのアンバランス
f:id:tsaito758:20180217094440j:image
荒涼とした湿地
f:id:tsaito758:20180217095334j:image
侘助
f:id:tsaito758:20180217093022j:image
ツグミ
f:id:tsaito758:20180217093741j:image
シロハラ
f:id:tsaito758:20180217094749j:image
カワセミ
f:id:tsaito758:20180217094829j:image
コガモ
f:id:tsaito758:20180217101505j:image
マガモ
f:id:tsaito758:20180217103617j:image
カイツブリ
f:id:tsaito758:20180217103110j:image
朽ちる
f:id:tsaito758:20180217103210j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180217

2018-02-16

ルリビタキ 15:54 ルリビタキを含むブックマーク ルリビタキのブックマークコメント

寒さが緩んできた。午前中、小幡緑地を歩いてきた。ここは竜巻池と緑ヶ池にカモを見ることができ、林の中で野鳥を楽しむこともできる。ルリビタキが姿を見せた。この鳥を狙って大きな望遠一眼レフをもったバードウォッチャーが何人もうろついている。僕の小さなコンデジでもタイミングとポジションがよければこんなショットが撮れる。今日は飛び立つ瞬間が撮れていた。パステルカラーブルーが綺麗だった。
アオジコゲラも間近に姿を見せてくれた。明るい陽射しの中、ウォーキング & バードウォッチングを楽しんできた。今日ルリビタキの日。
ルリビタキ
f:id:tsaito758:20180216111715j:image
ルリビタキ 飛び立つ瞬間
f:id:tsaito758:20180216111736j:image
アオジ
f:id:tsaito758:20180216094147j:image
コゲラ
f:id:tsaito758:20180216094423j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsaito758/20180216