Hatena::ブログ(Diary)

深呼吸する言葉 コウ

   深呼吸する言葉ネットワーク

2009-08-08

深呼吸する言葉・Acting

02:58 | 深呼吸する言葉・Actingを含むブックマーク

なにものにもなれるということは、なにものにもなれないということ。

ゆりゆり 2009/08/08 15:13 どうしてもなにかにならなければならないということもないでしょう。
オールマイティという言葉もありますし、そこそこという生き方もありますから。

tsfc501tsfc501 2009/08/08 16:37 おっ! ユリさん♪ お久し振りです、こんにちは^^ お元気ですか?

むかしあるところに、魔法使いがいました。魔法使いは何にでも姿を変えることができると豪語し、旅をしながら実際に人々の前で次から次へと姿を変えました。姿を変えるばかりか、その人物の能力まで再現することも出来ました。
お医者さんのいない村では、いつまでもその姿のまま滞在してくれるよう、お願いしましたが、魔法使いが聞き入れることはありませんでした。
魔法使いのたくらみは世界を隈なく歩き回り、この世界の全てのものを手中にすることにありましたから、ひとつの場所にいつまでも留まり続けるわけにはいきません。

旅は続きます。魔法使いの本当の狙いは、そうして世界のすべてを内部に取り込み、自分のものにすることにありました。

ある日、木のてっぺんにいた少年が魔法使いに声を掛けました。
「おおーい、そこのキミぃ〜。キミかい? 何にでもなれる人っていうのは」
魔法使いは頷きます。
「じゃあさ、キミの本当の姿をボクに見せてよ」

魔法使いは頭を抱えてしまいました。確かに自分の中には今まで会ってきた全てが入っているはずです。でも、そのどれが本物の自分なのか分からず、ただ延々と魔法使いは姿を変え続けていました。
そうして、いつまでもいつまでも、きちんとした「かたち」を持つことは魔法使いにはできませんでしたとさ。とっぺんぱらりのぷう。おしまい。

っていう話なんです(笑)いわば、今日の深呼吸は。
可能性の話でもありますよね。

何にでもなれるっていうのは、実は何にもなれないんです。
やはり「これしかない」と心を決めることが大事だと思います^^

ゆりゆり 2009/08/08 17:21 なるほど。
その魔法使いには本当の姿がなかったってことなんですね?

わたしね、ちょっとまえに夢を見ました。
男の人が鏡を覗いていました。
その鏡はエンデのネバーエンディングストーリーに登場する「真実の鏡」
本当の自分を映す鏡なんです。
男性は鏡に映った自分の本当の姿を見て「ウソだ〜」って気が狂ったように叫んでました。

そのあと、女性が同じ鏡を見ました。
同じように女性もイヤーって叫んでました。何が映っていたのでしょうね?
ショックでボロボロと涙をこぼし、泣いていました。

何が映っていたのでしょうね?

わたしが見た夢の話です。
コウさんは、自分の本当の姿を映す鏡を見ても平気でいられますか?
わたしは、きっとこの女性のように泣き叫ぶでしょうね。
自分を客観視することは、難しいですからね。

tsfc501tsfc501 2009/08/08 20:19 ユリさん、こんばんは。再訪ありがとうございます^^

ふむ。なかなか興味深い夢ですねぇ。

>コウさんは、自分の本当の姿を映す鏡を見ても平気でいられますか?

たぶん、全然平気だと思います。
てゆうか、端から「自分の本当の姿を映す鏡」ってのを全く信用していないからですね(笑)
鏡は「視覚」だけに特化したものに過ぎない(それ以上でも、以下でもない)ってところです。

それに個人的に鏡を見ることも殆どないです。写真を撮られることも出来るだけ避けるようにしています。あんまし好きじゃないんですよね、そういうのって(水面に映るヤツは好きなんだけどね^^)。

で、例えば写真だと、何故か同じ表情で映ったものがひとつもありません。スナップ・ショットはもちろん、ポーカーフェイスで作り込んだ(と自分では思っている)写真でも同じです。
上に書いた魔法使いみたいなものですね。うまいこと自分のことを摑まえられないのかもしれません。時に、全く自分に思えなかったりもしますからね(笑)

PS:
「客観視」って、五感を駆使して初めて捉えられるものだと思います(あるいはそれ以上の感覚も使って、^^)。