ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

坪井眼科ニュース

2017-12-14 レーシック手術

12月も半ばにさしかかってきましたが、この時期や年度末といった区切りに近い時期には、どうもレーシック手術を希望される方が増えるようです。


明日もレーシック手術を行いますが、同じレーシック手術でも人それぞれによって条件が違ってきます。

レーシックレーザーで角膜実質を切除し、形状を変化させて近視を矯正しますが、近視が強ければ強いほど角膜の切除量が多くなります。ですが、角膜の厚みには限りがあるので強すぎる近視は矯正が難しく、その場合はレーゼックという角膜上皮を剥離してレーザーを照射する方法を取ります。レーゼックでも困難な場合は、人工レンズを眼内に挿入するICL手術を考慮することとなります。


角膜の厚みは、通常500〜550μmですが、600μmを超える厚みの方もいらっしゃれば、450μm以下の方もいらっしゃるし、近視度数も、−2〜ー3ジオプターの軽度からー10ジオプターを超える強度近視までさまざまです。そういった様々な条件の違いがありますが、より快適な視機能を獲得できるよう、その条件に適した治療を行っていくこととなります。

TN

2017-12-13

ゴールド スタンダード

21:48

標準治療(standard therapy)とは、医学的に最善の治療のことですが、この「標準」=スタンダードという言葉が曲者です。

ホテルを予約してスタンダードといえば、最も安く狭い部屋のことですし、ベッドでもスタンダード、クイーン、キングの順に大きくなります。要は、一般社会において、スタンダードとは最下位のレベルのことになっており、これをそのまま医療に応用してしまうと、大いなる誤解が生じるのです。

これは英語圏でも同じらしく、誤解を避けるために「gold-standard」という言葉があり、実際はこちらの方がよく使われています。

「過去の医学的研究や経験から、その疾患の治療法として最善と認められ、専門医により最も広く行われている」ということです。

医師は医療をランク付けし、価格をつけて提供することはありません。それは職業倫理に違反します。よって、良い治療法は学会等で共有され、広く世界で行われることになり、最善の方法が標準となるのです。

一般社会におけるスタンダードとの区別をするための言葉が「gold-standard」で、ほぼ医療に限り使用されます。

白内障手術のゴールド スタンダードは超音波摘出手術です。

眼内レンズのゴールド スタンダードは一体型アクリルレンズです。

屈折矯正手術のゴールド スタンダードはレーシックです。

網膜剥離手術のゴールド スタンダードは硝子体手術になりました。

加齢黄斑変性症治療のゴールド スタンダードは抗VEGF薬の硝子体注射です。 etc

いっそのこと、「標準治療」という紛らわしい言葉の使用をやめて、「最善治療」とか「至適標準治療」とかに変更できないものでしょうか。あるいは「共有治療」とか。専門医で共有されているからです。

ちなみに「gold standard」の本来の意味は「金本位制」です。

ST

2017-12-11

クリスマス会

20:37

先日、毎年恒例の坪井眼科クリスマス会が行われました!

会場のスイスホテルにはツリーが多数配置されていて、会が始まる前からクリスマス気分になっていました。

f:id:tsuboieye:20171209191753j:image


ホテルでの美味しいお食事を頂きながらスタッフの方による三味線演奏や先生による大道芸がありました。

写真に収めるのを忘れてしまうほど見入ってしまいました。

(いくつか撮影するもベストショットならず…)


会が中頃になるとビンゴゲームが始まり(景品が毎年豪華です!)、

ソワソワしながらビンゴになるのを待っていました。


終盤にはスタッフ数名と幹事の方によるハンドベル演奏がありました。

ハンドベルの音色とクリスマスソングが合っていて、素敵な演奏でした。

f:id:tsuboieye:20171209203535j:image

院長先生、奥様、毎年素敵なクリスマス会をありがとうございます。

そして、発表してくださった先生やスタッフの方々、より良い会になるよう準備をしてくださった幹事の皆様にも感謝です。

年末が近付いていても気を抜かず、月曜日からもがんばっていきます!

s.m.

2017-12-08

京都日帰り旅

17:38

先日、京都紅葉和菓子作り体験にいきました(^^)

京都に到着後まずはランチに♪

葱屋平吉さんに行きました(*´∇`*)

f:id:tsuboieye:20171208171310j:image:w360

f:id:tsuboieye:20171208171510j:image:w360

名物の穴子が1匹はいった天丼を食べました。

とてもボリュームがあって、

衣はサクサクでタレがすごく美味しいかったです!

紅葉は混雑を回避して下鴨神社へ行きました。

f:id:tsuboieye:20171208171927j:image:w360

f:id:tsuboieye:20171208173015j:image:w360

きれいに色づいてました(^^)人も少なくて見やすかったです(^^)

その後は、和菓子作り体験へ甘春堂というお店に行きました。

お菓子作りというよりは、ねんど工作をしているような感じで楽しかったです(^^)

f:id:tsuboieye:20171208173204j:image:w360

f:id:tsuboieye:20171208173341j:image:w360

でき上がった後は1つはその場でお抹茶でいただきました♪

紅葉が見れて、念願だった和菓子作りもできてよかったです(^^)

次は桜の時期に訪れたいです(*´∇`*)

EW

2017-12-07

Christmas Tree

19:39

毎年12月になるとクリスマスツリーを飾ります。昨年も書きましたがこのツリーはアメリカで暮らしていた時に買って日本に帰って来てからも毎年飾り続けているものです。

f:id:tsuboieye:20171207172501j:imageモデル犬のはるちゃん

息子達がまだ幼くてサンタクロースを信じている時は、24日の夜中にツリーの下にプレゼントをこっそり置いておきました。翌朝、いつもより早く起きてきた息子達は欲しかったプレゼントを見つけて、大喜びしていたのが本当に可愛いかったです。

小学3年くらいにませた友達から「サンタなんかいてへんで〜。あれな、親が買うてんねんで〜」と知らされた長男は、早速弟にも「プレゼントの真実」を教えてそれ以来は兄弟二人してしらけたクリスマスとなりました。

しかし!今年はまたクリスマスツリーに感激してくれる子が登場しました。

そうです、孫娘です。彼女は生まれて初めて見るツリーに心から感激してくれて、玄関を入ってくるなり「きゃあ〜」と感嘆の声を上げて「すご〜い」と言ってくれてしばらくツリーの前に釘付けでした。

f:id:tsuboieye:20171207194345j:image

これでしばらくは、サンタクロースごっこができます。いつまで信じてくれるかしら?

Y.T