Hatena::ブログ(Diary)

こへだのつぶやき RSSフィード Twitter

2004-11-13 木枯らし壱号

人災も忘れた頃にやってくる

最近、ここが更新されないのは忙しいのもあるのだが、根本的にネタがないのである。「忙しいという字は心を亡くすと書くんだよ」とは、本当にうまく言ったもので、心に余裕がないと、世の中の観察や考察に頭を巡らせられないから、ネタを拾うことも出来ないのである


というわけで、ここんとこプライベートはさっぱり面白みのない生活を送っていたというわけだ。


しかし、だからといって安心してはいられないのが「生まれ持ってのネタ体質」らしかった。平穏無事の生活は、ある日突然崩壊する。




土曜日に出勤し、結局打合せや作業などを重ねるうちに24時を回ってしまい、トボトボと歩いていた所、角で突然飛び出してきた自転車乗りの男性とぶつかってしまう。まあ、ぶつかったというか、こすったぐらいなので、怪我はたいしたことがないのだが、咄嗟の勢いの行動でお互い荷物をぶちまけてしまい、「ああ、ごめんなさいごめんなさい」と言いながら、散らばった荷物を拾いあった。そして、そのまま「ごめんなさい、本当に」とお互い挨拶して、別れたのだった。


そして数分後、家にたどり着いた私はケイタイを充電しようとしてギョッとした。




「これ、機種一緒だけど、私のケイタイじゃない(笑)。」




さあどうする、こまったぞ...................って、まあとりあえず自分ケイタイが多分ぶつかった人の手元にあるわけだから電話をかけるしかないよね、ってことで早速発信。




留守電




マジ(笑)?




個人ケータイならまだしも、入れ替わってしまったのは会社ケータイ会社メール転送しているから、色々やばい情報もあるんだが、さあ、どうする?と、結構焦り始めた所に、突然手元に電話に着信が。画面に表示されているのは女性名前


うーん、ここで女性である私が出たら、かなり色々もめそうな気もするが(笑)、どうしようもないので出る事に。今の私は、ケイタイが手元に戻るなら何だってすがりたい。

こへだ「はい、もしもし」

向こう「え?あら?やだ、○○さん?△△の母ですけど、△△は?」

こへだ「あ、いえ、あの、私はこのケータイを拾ったものでして、今、この持ち主の方と

    連絡をとる方法がないかと思っていたんですが。」

向こう「...................何言ってるの?」

こへだ「ですから、先程、このそちら様がかけていらっしゃる携帯電話を、本日拾いまして

    おそらく、私の携帯電話と同じデザインだったために、入れ違ってしまった為に

    私のケータイが、この持ち主の方の手元にあると思うんです。ですが」

向こう「あなた誰?○○さんじゃないの?△△は?」

こへだ「いや、だから

向こう「ああ、もういいわ、とにかく、来週の結納について打ち合わせの電話を早くよこしなさいと

    △△に伝えておいて頂戴。」

こへだ「ちょっとまったあああああ!!!切らないでくださいっっっっっっっ!」

向こう「え?」

こへだ「あの、△△さんのお母様なんでいらっしゃいますよね?」

向こう「だからさっきからそう言ってるじゃない。」

こへだ「私は、今日、その△△さんのケイタイを拾ったものなんです。

    で、早くもとの持ち主△△さんに戻してあげたいんですが、連絡する手段がないんです。

    だから、お母様の方から、何とか連絡することは出来ませんか?」

向こう「.....................そういうことなのね。ごめんなさいねイライラして。

    どうも○○さんとそりが合わないものだから、いつものとおりに......」

こへだ「...............(早速嫁姑問題なのか、この家)。あ、で、その△△さんに

    連絡をとっていただくことって可能でしょうか?」

向こう「そう、そうね、自宅の留守電があるから、それに入れておいてあげるわ。

    で、自分携帯電話に連絡すれば、あなたと連絡取れるわよね?それでいいかしら?」

こへだ「ええ、それでお願いいたします。どうもありがとうございます。」

向こう「じゃあ、そうするわ。色々ごめんなさいね。」

こへだ「コチラこそ、お願い事ばかりで申し訳ないです。よろしくお願いいたします。」



電話終了。一瞬ドキドキしたが、何とか話は進んだ様であるしかし、この携帯電話の持ち主、来週に結納を控えているのにも関わらず、親に連絡していない模様。大丈夫なんかいな、ほんとに。



と、思っていたらまたケータイに着信。しかし、また画面に出ているのは女性名前しかも、母じゃない(笑)。いやーん、修羅場っちゃうのかしら、何ぞと怯えつつ(いや、楽しみつつなのか)電話に出てみる。


こへだ「はい、もしもし」

向こう「あ、あのっ」

こへだ「はい、あ、エーと、私はこのケータイを拾ったものでして、怪しいものでは」

向こう「あ、いえ、そうなんです。今、彼の家にいるんですけど、家電留守電聞いて、で、かけたんです。

    彼、もうすぐ家に戻ってくると思うので、そしたら、連絡するとかでもいいですか?」

こへだ「ほんとですか?ありがとうございます!いや、実は、先程その方と道端でぶつかってしまって

    それで多分ケータイが入れ替わっちゃったみたいなんですよ。だから、多分私のケータイを逆に、

    お持ちだと思うんですけど..........」

向こう「え〜〜〜!そうなんですか!じゃあ、急いだ方がいいですよね。」

こへだ「自転車にお乗りになってたので、もし近所であれば、コンビニとかで待ち合わせて交換とか

    早いうちに出来るといいんですけど..........」


と、お互いの場所の確認をして、意外に近い事が発覚。コンビに出待ち合わせることに。



数十分後。




女性「あのー」

こへ「あ、ケータイ、ですよね?」

男性すみません、ほんとに.........」

こへ「いや、コチラも不注意でしたもんで。」


あはははは・・・・・・・・・・・・・(暫しお互い乾いた笑い)


こへ「あ、そういえば来週結納だそうですね、おめでとうございます


二人「...............。」


こへ「え?」













女性「どういうこと?」

男性「いや、あの、その、えーと」

女性「どういうことなの?」




これって。

しかしなくても、わたし、不用意な発言しちゃいました(笑)?

今目の前にいる女性結納相手とはまた別の人?





いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。





と、悪いことは続くのだ。



BBBBBBBBBBBBBB.......................着信バイブの振動が。

こへだ「あ。あ、あああ、ああの、電話、かかってきてます




なんとその電話こそが結納相手(笑)。





と、折りしもそこは何でも売っているコンビニ。目の前の女性は、ブルガリアヨーグルト(無糖)500mgパックを手にとり、蓋を開け、銀紙をはがし、男性に向かってぶちまけた。




男性、はかり知れないダメージを受けている!




女性は、くるっと振り返って、様子をうかがっているコンビに店員に言った。

「この人が。」

一息ついた。


「この人が、商品代も、掃除代も、払いますから。」



彼女はそして、悠然と去っていってしまったのだった。





残された私、気まずい。

モーレツに気まずい。

なんと言おうと気まずい。




「あの、とりあえず、ケータイ返してほしいんですけど。はい、あ、ども。じゃ。」







こへだ、去る。





後はどうなったか知らない。

ちなみに、ケータイを渡す前に着歴などは消したので、もはやわたしに連絡する手段などないだろう。




木枯らし一号が吹いた日の、夜の事件であった。

はとはと 2004/11/15 23:59 えーっと、それは韓国ドラマの撮影現場ですか(笑)?こへだちゃんのおかげで、ヨーグルト彼女は真実を早く知り、煮え切らない男性と別れることができたわけで、いやぁ、世のため人のためでしたね。
しかしうらやましいです、そのネタ磁力。次回のネタ召喚時には是非、観客させてください。

Yukio AndohYukio Andoh 2004/11/15 23:59 こ、これが本当にあった出来事なのか。
創意工夫された「ネタ」じゃないのか?
あまりの忙しさに、こへだ嬢が見た夢じゃないのか?
にわかに信じがたいお話でした。

tsubuyaki_koedatsubuyaki_koeda 2004/11/16 00:07 事実は小説よりも奇なりですが、白昼夢だったのかどうかは今ちょっと不安です(笑)。
ただ、誰も「結納一週間前に他の女を家に入れるな」とつっこまないのでしょうか....

はとはと 2004/11/16 00:16 結納一週間前に他の女性と遊んでいる男性なんて珍しくもなんともないです。でも、曲がり角でぶつかってお互いの携帯が入れ替わったり、目の前で彼女が彼氏にヨーグルトをぶちまけたり、なんて事が「現実社会で」起きるのはとても珍しいことだと思います。今時、子供向けアニメでももうちょっと設定をこってるでしょう(笑)。
しかもその目撃者になるなんて。ほんと、うらやましいです…。

KinokoKinoko 2004/11/16 02:13 曲がり角でぶつかって携帯が入れ替わる・・なんか意識入れ替えモノに近いものがありますが・・・三文小説的には入れ替わった相手が同姓で、声も似てて、なかなか電話相手の協力も得られないとか・・・しかし結納ですか。

そして「ヨーグルト女」。現実でここまで(思いこみからの)”落ち”があるというのか。

のしほのしほ 2004/11/16 02:37 こんな体験をする友達がいる、ってだけで幸せだ。

hie95t0080yhie95t0080y 2004/11/16 03:18 いや、しかしそこで「おめでとう」なんて言っちゃうあたりでネタを呼んでるな。
それにしても、日常生活において、こんなにも「あ、あやしいもんじゃないんです」といった類の言葉を発する人もまた少ないよなぁ。

mittei-omasamittei-omasa 2004/11/16 08:41 いやはや。まさに”事実は小説より生成り、じゃなくって奇なり”ですな。わたしもこういうの、現場で見たかったです〜!

アスカアスカ 2004/11/16 08:43 スゴイ!ステキです、こへださんの【生まれ持ってのネタ体質】!!
いつもドラマは「そんなこと実際にあるわけないじゃん」と思いこんでましたが、
以後自分の認識を改めようと思います。

おかもちおかもち 2004/11/16 11:40 PCの前で悶絶いたしました。ドラマ以上にドラマだー。

wakaawakaa 2004/11/16 11:53 ぶったまげました!! 初「トラックバック」させて頂きます!!

かりんかりん 2004/11/16 12:08 怒らないから、もう「実は私CGなんです」とか「現実世界の人間じゃないんです」とか告白してもいーよ。(笑)
すごすぎ。
そうかー、ヨーグルトかー。。。(メモメモ)

hamachinhamachin 2004/11/16 12:53 ここまでくるとネタ体質というより、ドラマの脇役的人生ではないか?

清兵衛清兵衛 2004/11/16 13:43 うーん、その後の続きが気になる。見たい。知りたい。次の月9でやってくれー。

清兵衛清兵衛 2004/11/16 13:52 ドラマのテーマが「恋愛」か「友情」か「ミステリー」かによって展開が違うかもしれないけど、このドラマの主人公が「こへださん」だとすると、次の展開では、この登場人物の誰かとまた仕事中とかで偶然再会するに違いない・・・。そして、そこでさらにドラマが・・・。

tsubuyaki_koedatsubuyaki_koeda 2004/11/16 14:31 普通、ケータイが入れ替わったりしたらそこで恋が芽生え............たりせずに、いきなりヨーグルト女出現方向へ話が曲がる私は、自分が不憫でなりません(涙)。脇役人生、ええ、常にその通りなんです。「カルト的人気を誇るサブキャラ」的人生を今後とも送っていきたいと思います。でも、本当に仕事で遭遇したら嫌だな(笑)。

はとはと 2004/11/16 16:13 さぁみなさん、次の展開を予想しましょう!
[予想1] 実は姑(結納男の母)がこへだ嬢のお茶の先生である。次のお茶の稽古のときに、何気なく先生が漏らした愚痴から、結納男の母であることがわかってしまい…。
[予想2] 実は結納の相手の女性が、このブログを読んでいる。見知らぬ女性のブログからトラックバックしてきたので、こへだ嬢がトラバ先のブログを読んでみると…。

清兵衛清兵衛 2004/11/16 16:34 予想2」は十分ありえる。「予想1」系な展開だったら個人的には面白いな(他人事だし)。でもやっぱりクリスマス近いし、恋愛系に流れて欲しいものだ。あまりにも男っ気の無い日々を送るこへださんへのクリスマスプレゼントだったらおじさんうれしいよ。っていうか、クリスマス直前にこんな展開のヨーグルト女と二股男。東京の風はさぶかろうて。

ほさぷほさぷ 2004/11/16 18:29 …二股男とご近所で遭遇しないことを祈ります。
でもネタ的には遭遇して欲しいような…(わくわく)。

ゆずはらゆずはら 2004/11/16 18:46 二股男とその母と結納相手に近所で遭遇→こへださんの姿を見たとたんなぜかうろたえる男→波乱の予感 を希望します!

ちどりちどり 2004/11/16 20:03 おお。マツリが(笑)
で、その二股男はカッコよいですか?ヨーグルト女はかわいかったですか?それにより、今後の展開が…

tsubuyaki_koedatsubuyaki_koeda 2004/11/16 20:13 いまや電車男より熱いヨーグルト女(違う)
ちなみに、にーさんのほうは坊主頭の無精ひげ、割とイマドキのすげーありがちな日ッピホップ系にーさんでした。ま、ふつーっていうか、なんつーの「萌えない」。
ヨーグルト女のほうは、完全ノーメイクだったのでなんとも言えませんが(格好も緩い格好してたし)でも、綺麗にしたらそれなりに見える感じなんじゃないかなあと思われ。
あと、微妙に二股男とは生活圏がかぶっていないので(最寄の駅も違う)、多分遭遇する事はないんじゃないかと。そうおもいますですよ。

hie95t0080yhie95t0080y 2004/11/16 20:39 ヨーグルト女とどこかで遭遇、なんだか意気投合してしまい、年末に「どん底ヨーグルトナイト」開催。で、どう?
あぁ、そうか「予想2」の結末だな、それは。

はとはと 2004/11/16 22:08 [予想3] 実はダークホース、コンビニ店員が主役に急浮上。ヨーグルト女に一目ぼれしてしまったが連絡先がわからないと、こへだ嬢に泣きついてきて…。

>ひーさん 「予想2」の相手は結納の相手の女性(つまり二股男の母とそりが合わない○○さん)を想定してました。で、その女性がブログを読んでて、二股男がヨーグルト女を家に引っ張り込んでいたことを知り、結納のほうもおじゃんになる、と。つまり、「結納おめでとう」と言ったことでヨーグルト女と別れ、ブログに書いたことで結納女とも縁が切れる。二股男はシングルベル。いかがでしょう。

終わったの管理人終わったの管理人 2004/11/16 23:23 すごいですね!これはメークドラマだと思います。まるで映像を見ているかのような臨場感。スロゥに男性に降りかかっていく液体の何とコントラスト豊かなこと。行った行為がひとつひとつ確実にNGなのも素晴らしい。なんていうかモスラくらいダイナミックなバラフライ効果ですね。終わった。

hamachinhamachin 2004/11/17 00:36 いっそセレナーデ。もとい、いっそのこと『電車男』に対抗して『ヨーグルト女』出版希望。

ちどりちどり 2004/11/17 01:54 そして、出版差し止めと…(笑)

http://www.f7.dion.ne.jp/~moorend/news/2004111101.html

清兵衛清兵衛 2004/11/17 14:23 「どん底ヨーグルトナイト」。可笑しい(笑)。

hie95t0080yhie95t0080y 2004/11/17 15:44 >はとっち
あ、ほんとだ、そう書いてある。
しかし、こうなってくると、二股男は二股だけで済んでいるのか?という疑問もわかなくもなかったり。

wakaawakaa 2004/11/17 16:36 二股男さん、かっこいい男性を想像していたのに・・・。B系ですか・・・。ガッカリ・・・。

総長 林@湘(爆)総長 林@湘(爆) 2004/11/19 18:35 紹介pickupさせて頂きました♪ m(_ _)m

総長 林@湘(爆)総長 林@湘(爆) 2004/11/19 18:35 紹介pickupさせて頂きました♪ m(_ _)m

なななな 2004/11/20 01:34 はじめまして☆kinokoさんの隣人です
「まじっすか」が、あまりにも爆笑してしまったので
日記に掲載させていただきましたm(_ _)m