Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2017-09-23

映画

 SF映画の古典的名作『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー2049』が10月下旬に公開されるということをつい最近知りました。あの、しびれるようなSF映画の続編を観ることが出来るなんて!とワクワクが止まりませんでした。早速、この映画の公式サイトで予告編を見てみましたら、これがちょっとビミョーな感じでした。第1作の監督だったリドリー・スコットが製作総指揮を執っていたり、同作の主人公であったハリソン・フォードが出演しているので、前作との繋がりを感じさせはするものの、単なる派手なアクション物になってしまってそうな雰囲気は否めませんでした。果たしてどうなのか。公開日を待ちたいと思います。

 『僕のワンダフルライフ』という映画のポスターを電車の中で見かけ、興味を持ったのでネットで予告編を見てみました。こちらの映画は子供から大人まで楽しめそうです。犬の寿命は人間よりは短いので、天寿を全うしたとしても十数年で犬の一生は終わってしまいます。でも、何としてもその飼い主にもう一度会いたいという強い思いによって生まれ変わった犬が同じ飼い主に別の犬として再会する、というストーリー(らしい)です。
 この予告編を見て、私が小学生の頃に飼っていた犬のことを思い出してしまいました。今から思えば当時は随分と雑な育て方をしていて、そのせいなのか早くに死んでしまいました。そのことを思い出すと今でも胸が痛み、もう一度あの犬に会えるなら今度はちゃんと育ててやりたいのになぁ、と常々思っていました。それは叶わぬ夢なのですけど、この映画のように別の犬として再会できたならどんなに素晴らしいことでしょうか。

D

2017-09-22

マラソン大会のエントリー計画

 日中の気温はまだ25度を超え、定義上は「夏日」となりますが、爽やかで、外を走るにはとても気持ちの良い季節になりました。実際に、暫く前に比べると屋外でトレーニングしているランナーを目にすることが多くなりました。
 さて、今年のマラソンの参加はどうしようかと検討しており、マラソン大会のサイトで検索して、大まかなプランを立てています。以前は、割とパパッと決めてエントリーしていたのですが、最近はああでもないこうでもない、となかなか決断が下せなくなりました。こういうのは年齢のせいなのかも。しかも、エントリーして参加料を払っておきながら、当日になると気分が乗らなくて出場しないということもたまにあるようになってきましたし。
 そうやってグズグズしているうちに、リストアップしておいた大会のうちのいくつかは、申し込みの締め切りが過ぎてしまったものがありました。今週末あたりで決断して、前泊が必要な場合はホテルも押さえておかないと。今のところ、フルマラソンは2月に、ハーフを11月に走ろうと考えています。3月には例年通り能登方面へ行く予定です。その他に、5キロとか10キロの大会に出ることも検討しています。

 マラソンブームはある程度定着した状態にありますが、何年か前まではブームが過熱気味で、日本各地でいろんなマラソン大会が新たに誕生しました。しかし、「なんかブームだし、ちょっとやってみようかな」という感じで参加した人が、その後も継続して大会に参加することが減ったのか、最近では申込者が集まらなくて大会が閉鎖されることも増えてきたようです。私も、昨シーズンに走った名古屋の2つの大会が今シーズンは開催されないみたいなので残念に思っています。しかし一方で、東京マラソン京都マラソン、私の地元だと揖斐川マラソン、などは今でも申し込みが殺到し、抽選に当たるのは依然として大変という状況は変わっておりません。

2017-09-21

途中下車

 東京から名古屋へ帰る途中、時間に余裕があり、お腹も減っていたので、寿司を食べるために静岡へ立ち寄りました。どこの寿司屋へ行くかは、探せば色々とあるのでしょうが、駅ビルの中のお店にしました。カウンター席に腰を下ろし、メニューにざっと目を通し、近海物のセットとビールを注文しました。

とりあえずビール静岡麦酒という銘柄。
f:id:tsuiteru2772:20170922043737j:image

近海デラックス。どのネタも美味しかったです!
f:id:tsuiteru2772:20170922043940j:image

美味い寿司を食べていると、どうしても日本酒が飲みたくなり伊豆地酒「萬燿(ばんよう)」という吟醸酒を飲んでみました。クセが無くて、スルスルと飲めてしまいました。

2017-09-20

銀座

f:id:tsuiteru2772:20170921042337j:image
 銀座に行ったことは、実はそれほどありません。大学生時代は東京で過ごしましたが、銀座へはたぶん1〜2回、就職活動の面接か何かで行きました。それが私にとっての初めての銀座だったわけですが、それまでの私が勝手に抱いていた銀座のイメージは、豪華で、キラキラして、活気に溢れている、というものでしたが、実際に行ってみると、割と普通の街並みでしたのでちょっと拍子抜けしたことを覚えています。
 今回も、日曜ということもあり道路は歩行者天国となっていて、人の数はそこそこ多いけれど、新宿渋谷に比べると少なかったです。ただ、歩いていると周囲から中国語がひっきりなしに聞こえてきたのは、噂には聞いていたけれど、やっぱりそうなんだなと思いました。

f:id:tsuiteru2772:20170921043156j:image

2017-09-19

銀座でコーヒー豆を購入(2)

 次に向かったのは、銀座シックスから徒歩数分の所にあるトリバコーヒー

素敵な外観のお店です。
f:id:tsuiteru2772:20170920041820j:image

このお店は、コーヒー豆販売を専門としており、カフェは併設されていないのですが、「テイスティング」と称してその日のオススメのコーヒーを100円で試飲できるようになっています。
f:id:tsuiteru2772:20170920042302j:image

テイスティングの料金(100円)は、レジで払うのではなく、小さな器に入れるようになっています。何だか変なシステムだけど、100円のためにわざわざレジに打ち込んでお金を受け取っってレシートを渡すという作業をやるのはコスト的に割りが合わないのかもしれませんね。
f:id:tsuiteru2772:20170920042802j:image

あくまで試飲なのに、紙のカップになみなみとコーヒーが注がれます。スタバだったら300円ぐらいはしそう。
カフェはありませんが、店の隅にテーブルが2〜3個あり、立ったまま飲めるようになっています。
また、写真にはありませんが、コーヒーに合うようなひとくちサイズのスイーツ(最中や小さなどら焼きのようなお菓子)も売られていました。
f:id:tsuiteru2772:20170920043158j:image

香りの比較(フレグランステイスティング)を出来るコーナーもありました。白いカップの中には挽いた粉が入っていて、その上にガラスが被せてあります。こういうのがあるコーヒー豆販売店は初めて見ました。
f:id:tsuiteru2772:20170920043822j:image

ショーケースに並んでいるコーヒー豆は数種類しかないようでした。深煎りが好きな私は当然ダークローストを購入しました。
まだ飲んでいませんが、どんな風味なのかな。楽しみです。
f:id:tsuiteru2772:20170920044303j:image