Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-12-13

懐かしい場所

 アメリカに留学していた頃に在籍していた大学のインスタのアカウントをフォローしていたら、懐かしい場所の写真がアップされていました。キャンパスの中央に位置するホールで、講義用の教室などは入っていなくて、いろんな事務室があったり、ファストフード店がいくつかあったり、カフェがあったりするのですが、絨毯が敷かれた広い部屋があり、時々ゲストを招いてお昼休みの時間帯に短い講演会が行われたりしていました。それ以外は学生が自由に過ごせる場所になっていて、窓際にはテーブルと椅子があり、私もここで勉強をしたことがありました。この場所はいつかもう一度訪れてみたいなぁ・・・

f:id:tsuiteru2772:20181214044041j:image

2018-11-14

寒くなってまいりました

 明け方の気温が10℃を下回るようになり、冷え込みが一段と厳しくなってきました。この先、気温はまだまだ低くなるのでしょうから10℃ぐらいで騒いでいてはいけないのですが、昼間の最高気温は20℃らしく、1日の中の寒暖の差が大きいので、会社へ行く時の服装を決めるのに迷うのは毎年この時期の恒例です。

 インフルエンザのシーズンにもなりました。まだ広範囲での流行には至っていないようですが、名古屋では学級閉鎖になった小学校も既に出ているそうです。
 インフルエンザ予防接種用のワクチンは、昨年は数量が不足していましたが、今年も不足するとの情報がありました。特に都心部では不足しがちらしいです。予防接種を受けようとしてもワクチンが無いという事態になるのかもしれません。
 ただ、ワクチンの接種については、いろいろなウワサが飛び交っていて、インフルエンザの型が合えば効くけど、型が合わなければ効かないというのは当然として、ワクチン自体が体に良くないので医者は自分では予防接種を受けない、という「都市伝説」的な話も耳にしたことがありますが、どこまで本当なのか分かりません。

2018-11-08

ワイドビューの座席

 日曜日に松本で開催されるハーフマラソンに参加するための準備をぼちぼち始めていて、木曜日の会社帰りに名古屋駅で、行きの特急列車のキップを買いました。自動券売機で、行き先と日付と時間帯を入力し、窓際の席を選んで「確定」のボタンを押して、券売機にお金を入れる直前に急に思い出したことがありました。そういえば、昨年、名古屋から松本へ向かう際、列車は景色の良い場所を通過し、窓からの眺めを楽しめるようになっていたのですが、そういった景色は主に進行方向に向かって左側であり、私の座席は右側であったため、あまりよく見えなかったのでした。その事を思い出した私は、一旦、キップの購入を取り止め、スマホを使ってネットで調べてみました。それによりますと、やはり進行方向(長野)に向かって左側が眺めが良くて、更に座席と窓の位置関係によって奇数の座席よりも偶数の方が視界が広いとのことでした。これに従って私は右側の偶数の座席を選びました。
 こういった情報というのは、インターネットが登場する以前は、旅行雑誌や書籍にも普通は書かれていないだろうし、ごく一部のマニアしか知り得ない事だったでしょうに、今は誰でも簡単に知ることが出来るようになり、ありがたいです (^^)

f:id:tsuiteru2772:20181109044521j:image

2018-10-25

アメリカでディナーに招待されたら

 仕事を終えて、会社から名古屋駅まで30分ほど歩く途中に、いつものようにイヤホンを付けて英語の番組を聴いていました。今回は知人などの家のディナーに招待された際に、何を持って行けばよいかを尋ねるフレーズを紹介していました。こういう時に持っていくのは、一応「ギフト」ですけど、誕生日プレゼントのような、「いかにも贈り物」といったものではなく、その日のディナーで一緒に楽しめるようなもの、例えばワインとか食後のデザートなどが適当だと言っていました。
 そしてこの英語の番組のホストは、アメリカのカルチャーにおいて、こういうシチュエーションでギフトを持参するのは非常に重要なことだ、と言っていました。
 そこで思い出したことがひとつあって、その昔、私がアメリカでの留学を終えて日本へ帰国する直前に、親交があった私よりだいぶん年上のアメリカ人夫婦の家へ食事に招待されました。そちらのお宅で、私は奥様の作った手料理を御馳走になりました。メインはハーブで味付けしたチキンを焼いたものだったと思います。その際、私は贈り物は何も持参せず手ブラで行ってしまいました。ああいう時には、やはり何かちょっとした物でも持って行くべきだったんだなぁ、と長い年月を過ぎてから気が付いてしまいました。更に、奥様の作ったハーブチキンを食べ終わると、奥様が「もうひとつ如何?」と訊いてきました。こういう時は「美味しかった」ということを表すために、お代わりを断るべきではないのではないか、と私は判断して、「じゃあ、もうひとつ頂きます。」と答えたのですが、その際に、旦那の方の表情がサッと曇ったのでした。余分に作っておいたチキンは、もしかしたらこの旦那が翌日のランチに食べようと思っていたものなのかも・・・、と考えたのですが、今更断るのも変なので、私は2つ目のハーブチキンをパクパクと食べたのでした ^^;)

 長い月日が経った今でも、この時のことを思い出すと「随分と無礼なことをしてしまった」と恥ずかしい思いと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。私が帰国してからは、旦那の方がトライアスロンの大会で自転車に乗っている時にクラッシュに巻き込まれて大怪我をして長期入院し、その際にお見舞金を贈ったぐらいで、それ以降、音信は途絶えてしまったのですが、今でも元気に過ごしているのかな、と気になり出しました。

2018-10-16

久しぶりのビールは美味しかった

 もう随分と前から、家でお酒を飲むことはほとんど無くなっていました。アルコールを口にするのは、たまにバーへ行った時ぐらい。それでも炭酸は好きなので、夏の暑い時期にはノンアルコールのビールテイスト飲料を家で飲んでいました。
 しかし、昨夜は久々に本物のビールを飲みたくなったので、会社帰りにスーパーで買い物をした際にエビスを購入し、帰宅して風呂上がりにゴクゴクと飲みました。久しぶりのビールは妙に美味しく感じられました。ただ、アルコールが入ると食欲も増すのか、普段は晩御飯の時はご飯(白米)は食べないのに昨夜は食べた上に、まだ何だか足りない感じがしたので、よせばいいのにその後にカップ麺まで食べてしまいました。よく、お酒自体のカロリーは大したことないけど、お酒が入るとついつい食べ過ぎてしまうから太る、なんていうことを聞いた事がありますが、まさにその通りだなと反省しております。今後は、少なくとも12月の人間ドックまでは、自宅での飲酒は控えよう。