Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-11-10

ウエルカム・ドリンクならぬ・・・

 午後、JR名古屋駅から「ワイドビューしなの」で松本へ向かいました。一昨日のブログに書いたように、進行方向に向かって左側で、偶数列の席にしましたので、車窓からの眺めは大変満足のいくものでした。
f:id:tsuiteru2772:20181111002947j:image

 定刻より少し遅れて松本駅へ到着。名古屋で乗車する前にスタバでグランデサイズのコーヒーを買って車内で飲んでいたのですが、何だかまた飲みたくなったので、改札を出てすぐの所にあるスタバへ吸い込まれるように入っていき、ラテを買いました。スタバの前にはアジアから来ているであろうお坊さん達の5〜6人のグループがいました。映画『ビルマの竪琴』に出てくるようなオレンジ色の法衣を着て、スタバの紙カップを手にしてお店の前で寛いでいる様子でした。戒律によってはコーヒーなどの刺激物の摂取を禁じていたりしますが、この人達の宗派は飲んでもいいんだぁ、と思ったのですが、彼らが持っている紙カップの中に入っているのはコーヒーとは限りません。紅茶かもしれないし、もしかしたら白湯かもしれません。

 予約しておいた松本駅前のホテルまで歩き、部屋へ入りました。荷物を置いて椅子に腰を下ろし、ほっと一息ついて、何気無く机の抽斗を開けてみると、ランドリーの伝票の上に何やら黒い物が・・・。よく見ると、履いた形跡のある一足の靴下でした。おそらく、前(あるいはもっと前)の宿泊客のものでしょう。ランドリーに出す場合はこの抽斗に入っている専用のポリ袋に入れてフロントへ持っていくことになっているし、伝票には「衛生上の観点から、下着や靴下などは取り扱い出来ません」と書いてあります。こんな抽斗の中に入れておいたって洗濯してもらえるわけではないのにバカじゃないのか、と思いますし、ホテルの清掃担当者も抽斗の中をしっかりとチェックしなかったのでしょう。
f:id:tsuiteru2772:20181111004606j:image

 ホテルによっては「ウエルカム・ドリンク」というのがあって、チェックインすると飲み物が提供されることがありますが、この「ウエルカム・履いた靴下」には驚きました。この件についてフロントに伝え、晩御飯を食べるために外出している間に回収してもらいました。やれやれ ^^;)

2018-09-30

台風24号

 日曜日は屋外でランニングをするつもりでいたのですが、台風24号の接近に伴い雨が降っていたので名古屋のスポーツジムへ行きました。しかし、午後からは電車が本数を減らして夕方には全ての運転を見合わせるとのお知らせがありましたので、トレーニングはサッと済ませて帰りました。
 お昼過ぎの時点では、まだ小雨程度だったのですが、夕方6時頃からヒューヒューと音を立てて強い風が吹き始め、夜8時頃には雨が激しく降りました。前回の台風よりも強いのではないかと身構えていたのですが、今回の24号は割とあっさりと通過して、夜11時を過ぎると外はシンと静まりかえりました。この後、台風は北上して関東や東北方面へ向かうようですが、大きな被害が出ないことを祈って降ります。

 それにしても、今年は台風の多い年です。ただ、これはいろんな条件が重なってたまたま今年はたくさんの台風が発生したのか、あるいはこれからは毎年こんな調子なのか? これまでは、東南アジア沖縄あたりを過ぎると台風勢力が低下していたのが、地球規模の温暖化によって勢力の持続時間が長くなったのかもしれません。
 ただ、同じ自然災害でも地震と違って、割と精度が高い予測が可能で、それがテレビやラジオやネットを通して知ることが出来るので助かります。

 ところで、本日、ジムでのトレーニングを終えて電車で名古屋から岐阜へ帰ってくる途中、笠松競馬場の横を通過するのですが、驚いたことに、競馬場の駐車場はほぼいっぱいで、こんな天気の中、どうやら競馬は開催され、お客さんが来場していました。晴れた日に競馬場に人がたくさんいても何とも思わないのですが、こんな台風の中でも競馬場に来てしまうのは、競馬が好きというよりはギャンブル依存症の人がたくさんいるとしか思えず、そういう実態が図らずも台風によってあぶり出され、恐ろしさを感じました。

2017-10-09

再び牛すき釜玉

 三連休の最終日、明るいうちにランニングのトレーニングをスポーツジムで少し長めに行いました。その後、昼食には遅いし、夕食には早いという中途半端な時刻でしたが、ちゃんとした昼食を食べていなかったし、運動後でお腹がすいていたので、どこかでしっかりと食べることにしました。
 さて、どこに行こうかと頭の中に候補を3つほど思い浮かべ、やはりタンパク質がたっぷりの食事がしたいと思い、丸亀製麺で先日も食べた「牛すき釜玉うどん」に決定。更に今回は肉を増量しようと思いました。中途半端な時間帯でしたので、店内には3〜4人の客しかいませんでした。注文カウンターへ行き、若いバイトのお兄ちゃんに、牛すき釜玉で肉を増量するよう注文しました。そのバイトのお兄ちゃんは東南アジアからの留学生のようで、私の「肉を増量」という注文に対して「ニクナシ、デスネ」と返してきました。はぁ?肉無し?牛すき釜玉で肉が無かったらただの釜玉じゃないか、と思い「いや、肉無しじゃなくて、肉を多めに入れてください」と伝えました。するとそのお兄ちゃんは「ニクナシ、デスネ」と同じことを繰り返しました。このやりとりを更にもう一回繰り返したところで、近くにいたオバちゃんがやってきて肉を多めにして欲しい旨を伝えると「肉増しですね」と言いました。そうか、このバイトのお兄ちゃんは「ニクナシ」ではなくて「ニクマシ」と言ってたんだ、とその時になってやっと気が付きました。私の聞き取りに問題があったのか、そのお兄ちゃんの発音に問題があったのかはわかりませんが、ともかく、無事にお肉たっぷりのうどんを食べて、しっかりとタンパク質を補給したのでありました。それにしても、「肉増し」とか、独特の言い回しがあるのは慣れないと戸惑ってしまいます。そういうのは店内のわかりやすい場所に掲示しておいて欲しいなぁ。

2017-08-31

W杯出場!

 サッカーの代表戦は、各国のリーグ戦と重ならないように週の真ん中あたりで日程が組まれるので、よほど運良くたまたま有給休暇を取ったのでもない限り、じっくりとテレビ観戦することは出来ません。今回の日本対オーストラリア戦も、キックオフの時刻にはまだ会社で仕事をしていました。
 オーストラリアは、これまでもずっと日本の前に立ちはだかっていて、日本が属するアジア・オセアニアのエリアでは一番の強豪ではないかと思っていました。ですから、当然、日本は苦戦して、場合によっては負けるかもな、と覚悟していました。しかしながら、私の予想とは逆に、日本は勝ちました。しかも、鮮やかなゴールを二つも決めて。二つのゴールとも、難易度が高いですし、よくぞ決めたと思います。そして若い世代が活躍したことが嬉しいです。

2017-04-11

アメリカのエアライン

 ユナイテッド航空のニュースは、ネットで最初に文字のニュースを読んだ時はフェイクニュースの類かと思ったのですが、動画を見たりNHKのニュースで見たりして、にわかには信じ難かったですが、ほんとにこんなヒドイことがあったんだ、と驚くと同時に憤りを感じました。被害にあったのがアジア系ではなく黒人だったら暴動が起こっても不思議ではありません。
 私もアメリカにいた頃にユナイテッド航空の国内線を一度利用したことがあり、客室乗務員の態度の悪さにびっくりし、もう二度と乗りたくないと思いました。私が乗った便の乗務員がたまたまそうだったのかと思っていたのですが、今回の事件を機にいろいろと調べてみると、ユナイテッドはもともとそういう体質だということが分かりました。
 日本ですと、航空機のパイロットや乗務員というのはある種の憧れの職業で、技術面においても接客面においても、しっかりとトレーニングされた人達、というイメージがありますが、アメリカではそうでもないようです。中には、パイロットであっても、それだけでは食べていけない程度の給料しか貰えない航空会社もあるそうで、そんな業界にはしっかりした職業倫理を身に付けた人材が十分に集まらないのかもしれませんね。