Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-12-30

今年最後のバー

 午前中にお正月用の買い出しに行き、午後はまた別の場所へ買い物に行き、一旦家に戻ってまた出掛けたりとバタバタしておりました。出先で、夕方に少し時間が空いたので、お気に入りのバーへ立ち寄りました。正直なところ、今日何時に何処へ行って何を買うかという行動計画を立てた際に、年内にもう一度あのバーへ行って美味しいウイスキーを飲んでおきたいという気持ちが心のどこかに、しかし割と強くありまして、何気なく夕方にそのお店の近くに、しかも車ではなく徒歩で通りかかるように仕組んだのでした。

 そのバーは割と早い時間帯から開いており、私が行った時にはまだ他の客はいませんでした。カウンターの中にはマスターの他に若い男性がいました。見習いか何かなのかなと思って尋ねてみると、普段は東京バーテンダーをしていて、現在は地元岐阜に帰省中で、このお店を手伝いに来ているとのことでした。手伝いに来ていると言いつつ、客の数よりもバーテンダーの数の方が多いことが滑稽ではありましたが、もっと時間が遅くなって夜も更けてくるとたくさんの客がやって来るのでしょう。

 この日の一杯目は、寒い中を歩いてきて体が冷えていたこともあり、何か温かいカクテルが飲みたいなと思い、アイリッシュコーヒーを注文しました。以前にもブログに書いたことがありましたが、このお店のアイリッシュコーヒーは、サンフランシスコブエナ・ビスタという超有名店のレシピを忠実に再現したものなのだそうです。やや甘さが強い気がしないでもありませんが、なかなか完成度が高く、他のバーで出されるアイリッシュコーヒーよりも断然美味しいです。
f:id:tsuiteru2772:20181231052946j:image

 2杯目はボウモア(18年)をストレートで頂きました。私がボウモアというウイスキーのことを知ったのはかなり前で、椎名誠さんのエッセイの中に生牡蠣ボウモアに浸して食べる、というくだりがあって、自分でもやってみたくなりそのウイスキーを買ったのでした。でもその頃はウイスキーに関して何の知識も持っておらず、おそらくボウモアの中でも熟成年数の短い比較的安い価格のものを買い(今から思えば10年物だったかもしれません)、クセが強くてあまり美味しいお酒だとは思いませんでした。しかし、18年物となると、角が取れてまろやかになり、かすかにチョコレートのような風味もするし、甘味さえ感じ、ボウモアってこんなに美味しかったのかと驚きました。カウンターの向こうにいる二人のバーテンダーボウモアの18年は傑作だと口を揃えて言っていました。こういう素晴らしウイスキーに出会えたことに幸せを感じました。

 3杯目はラフロイグのロアをストレートで。ラフロイグ には色々とありますが、このロアは限定生産で、もう生産されることはないらしいです。成城石井に売っていたと私が言うと、今後手に入れることは難しくなるでしょうから、お気に入りでしたら今のうちに買っておくと良いですよ、とのことでした。

 もともとお酒が強い方ではないので、バーで飲むのはせいぜい3杯なのですが、最後にもう一杯飲んでおきたいと思い、グレイグースと言うフランスの高級ウォッカを使ったグレープフルーツカクテルをいただきました。このグレイグースというウォッカはあるアメリカのアクション小説を読んでいる時に登場したお酒で、気になっておりました。高級フォッカの「はしり」らしく、これ以降いろいろな高級ウォッカが登場したのだそうです。クリアで雑味が無くてまろやかで、スミノフウォッカとははっきりと違う味わいなのだそうですが、私はスミノフウォッカをストレートで飲んだことが無いのでよく分かりませんでした ^^;)

 日々の仕事が忙しくて睡眠時間も少ないので、仕事帰りにバーで一杯飲みたいと思いつつも、早く家に帰って1分でも長く寝たいという気持ちの方が強いので、なかなかバーへ行くことが出来なかったこの1年でした。回数が少ないからこそ、それぞれが味わい深い貴重な時間として記憶に刻まれていくという良い面もありますが、来年はもう少し回数を増やせたらいいなぁ。

2018-12-22

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

 マイケル・キートンの『ファウンダー』を観たいと思いつつ、先にトム・クルーズの『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を観ました。TUTAYAまで行くのが面倒だったので、アマゾンのプライムビデオからレンタルとしてダウンロードしました。アップルiTunesだとレンタル料金は500円ですが、アマゾンだと400円。これに対抗してiTunesも値下げ競争に加わったりしたら更に安くなるんだろうか?いずれにしても、DVDを借りに行く人の数は今後も確実に減っていってTUTAYA事業にも大きく影響するようになるんでしょうね。

 さて『ミッション:インポッシブル・フォールアウト』は、シリーズ6作目。これまではシリーズ間のインターバルが4〜6年でしたが、今回は前作から3年しか経過していません。ファンとしては早く出た方が嬉しいに決まっていますが、これは多分、トム・クルーズがこのシリーズに重点を置いて他の作品への出演を減らしていたりすることもあるのでしょうけど、トムも既に50代半ばを過ぎており、こういう派手なアクション物に出ることができるのも時間的に限られているので、1本でも多く製作して稼げるだけ稼いでおこうという思惑もあるような気がします。
 トムの年齢的な問題については、薄々気が付いてはいたのですが、前作までは上半身裸になって、そこそこ筋肉が付いて引き締まった体を見せるシーンがあったのですが、今作ではそういうシーンはありませんでした。別にそんなもんは見たいわけではないのでどうだってよいのですが、やはり年齢的にたるんできているんだろうかと邪推してしまいます ^^;)

 ストーリーの方は、テロリストプルトニウムを手に入れて、それを奪還すべくトム達が活動を開始するけど内部に裏切り者がいて・・・というもの。最近はどのアクション映画もこんな感じのものばかり。あとはこれに中東過激派が絡むのがお決まりのパターンですが、ミッションインポッシブルではそれは出てきませんでした。
 
 あと、今回の作品は時間が長いです。約2時間半もあります。普通の映画は1時間半程度ですから、他の映画なら終わっている時間帯から更に1時間も続くので、ファンとしては嬉しいです。ただ、家で観る分にはいいですけど、映画館で2時間半というのは少々ツライかもしれません。
 並みの映画ですと、1時間半で済む内容を無理に薄めて引き伸ばしたりしがちですが、このミッションインポッシブルに関しては派手なアクションがテンコ盛りで、ハラハラドキドキがこれでもかというぐらい続きます。最近はアメリカのアクション物のテレビドラマのクオリティも上がってきているのですが、映画ではここまで凄いアクションが出来るんだぜ、ということを見せつけているかのような内容でした。

2018-12-21

マイケル・キートン

 2週間ほど前に『アメリカン・アサシン』というアクション映画を観て、原作の小説に比べるとイマイチの出来栄えだったというような感想をブログに書きました。イマイチだった理由のひとつとして、役者の演技が下手過ぎて、それがある以上、他の部分で何をしようとB級っぽさからは残念ながら脱却出来ません。
 そんな中、CIAのベテラン鬼教官役を演じていたマイケル・キートンだけは別でした。さすが長いキャリアを積んできた俳優の演技ってのは違うよなぁ、と感心し、あらためてこの俳優に関心が向いたことが、この『アメリカン・アサシン』という映画を観たことの最大の収穫だったかもしれません。

 マイケル・キートンは『バッドマン』シリーズの主役としてブレイクして、その他にもティム・バートン監督の『ビートルジュース』という奇妙な映画でも注目されました。その後も勢いに乗って大スターになるのかと思いきや、あまりパッとしなかったようです。少なくとも「マイケル・キートンが出ているから観に行こう」と観客を呼べるような存在にはなることが出来なかったようです。

 そのまま人々の記憶から消えていったように思えたのですが、俳優活動は地道に継続していたようで、日本で公開される映画にも時々顔を見せたりしていました。
 そういった映画の中のひとつである『バードマン』をレンタルで観ました。これは2014年アメリカ映画で、その年のアカデミー賞作品賞監督賞脚本賞、撮影賞の4部門を受賞しました。主演のマイケル・キートンはノミネートされながらも主演男優賞は逃しました。
 この映画は、かつてはアクション映画のヒーローとして活躍したけどその後落ちぶれてしまい、舞台俳優として再起しよともがいている男を描いたものです。この辺りの設定がマイケル・キートン自身と重なる部分があったり、不可解でどう解釈していいのかすぐには分からない描写やシーンがあったり、全体としていかにも映画通好みの作りになっておりました。

 マイケル・キートン主演の映画で気になる作品がもうひとつあります。それはマクドナルドのハンバーガー帝国を築いた男を描いた『ファウンダー』。どうやって成功したのかという輝かしい側面にも勿論興味はありますが、裏側ではきっとドロドロしたこともあったでしょうから、そちらも知りたいです。時間がある時にレンタルで観ようと思っています。
D

2018-12-13

懐かしい場所

 アメリカに留学していた頃に在籍していた大学のインスタのアカウントをフォローしていたら、懐かしい場所の写真がアップされていました。キャンパスの中央に位置するホールで、講義用の教室などは入っていなくて、いろんな事務室があったり、ファストフード店がいくつかあったり、カフェがあったりするのですが、絨毯が敷かれた広い部屋があり、時々ゲストを招いてお昼休みの時間帯に短い講演会が行われたりしていました。それ以外は学生が自由に過ごせる場所になっていて、窓際にはテーブルと椅子があり、私もここで勉強をしたことがありました。この場所はいつかもう一度訪れてみたいなぁ・・・

f:id:tsuiteru2772:20181214044041j:image

2018-12-10

ラガヴーリン 16年

 昨日のブログに書いた『アメリカン・アサシン』の原作小説の中に、主人公のミッチ・ラップ達がミッションの途中でスイスに立ち寄り、そこで彼らの活動を支援してくれるお金持ちの男の邸宅に招かれるシーンがありました(映画にはそのシーンはありませんでしたが)。その邸宅のホームバーみたいな部屋で、お金の持ちの男がミッチたちに酒をすすめ、何でも好きなものを選んでいいと言うと、ミッチは数ある酒の中からラガヴーリン(16年)というスコッチウイスキーを選び、それに対してお金持ちの男は「良い選択だ」と言います。

 私自身、そのラガヴーリンというスコッチウイスキーは名前は知っていましたが、飲んだことはありませんでした。私の好きなラフロイグと同じくスコットランドのアイラ島の蒸溜所で作られているシングルモルトのウイスキーで、ラフロイグと同様にピートの香りがするらしいです。気になったので、このラガヴーリン(16年)を購入し、飲んでみました。ラフロイグのようなガツンと来るピート臭(人によっては「消毒液のような臭い」と表現されることもある)を覚悟していたのですが、思いのほかまろやかで、穏やかな味わいで、一口飲んですぐに気に入ってしまいました。ストレートでちびりちびりと味わっていると不思議と幸せな気持ちが湧き上がってきます。それに、16年物にしては他の銘柄と比べると価格もさほど高くはないのがありがたいです。こういう素敵なウイスキーと出会えたことを嬉しく思います。