Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-12-27

やり残したこと(読書)

 2018年も残り僅かとなりました。今年のうちにやりたいなぁと思っていながらも出来なかったことは(今年に限った話ではなく、毎年そうなんですけれど)、いくつかあります。そのうちのひとつは読書です。今年は戌年ということで、犬にちなんだ本を読もう、という目標を掲げました。4〜5冊は読みたいなぁと思っており、絵本まで含めると4冊を読了したので、取り敢えずは目標達成と言えるかもしれません。しかし、面白そうだからと思って購入したものの、結局戌年のうちに読むことが出来そうにない本が1冊あります。『犬から見た世界 その目で耳で鼻で感じていること』という本で、著者はアレクサンドラ・ホロウィッツという学者。この本を手にとったのは、他の犬の本の中で、とても良い本だと紹介されていたからで、実際にこれまでに無かった角度から犬に関する事実を詳らかにしているようです。
 戌年は間も無く終わってしまいますが、来年は「イノシシに関する本を読もう!」とは全く考えていないので、今年のうちに読めなかったこの『犬から見た世界』という本を読む時間を来年の早いうちに何とか確保したいと考えております。

2014-03-09

トレーニング

 昨日は強度が高めのトレーニングを2時間ほど行い、今日は朝から軽めのジョギングウォーキングを計4時間行いました。岐阜城のある山のドライブコースを登って行き反対側へ降りて、そのまま長良川沿いの道を進み、途中で引き返してまた山を越えて帰ってきました。風が少し冷たかったのですが日差しは暖かく、ウグイスの鳴く声が聞こえてきたりして春を感じさせる穏やかな日曜日の午前でした。山の中を走ったり歩いたりするのは、今更ながらとても気持ちがいいもんだということを再認識し、スポーツジムの中ばかりでなく、山でのトレーニングの頻度をもっと増やしていくべきだなと思いました。
 
f:id:tsuiteru2772:20140309193402j:image:left 山の中の道にはイノシシの絵が描かれた「動物注意」の標識がありました。この山で実際に観た事がある動物は、鳥以外ではリス(台湾リス)ぐらいしかないのですが、イノシシもいるのかな?

 東京の大学にいた頃、週末に友人達と車で丹沢へ行ってキャンプしたことがありました。そこにはイノシシではなく鹿の絵が描かれた標識があって、「でも実際には鹿なんていないんだろうね、あはは」なんて喋っていたら車のすぐ前を突然鹿の親子が駆け抜けていってビックリしたことがありました。丹沢ぐらいの山系ともなると野生の動物の種類や数も多いのでしょうね。またいつか行ってみたくなりました (^^)