Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-11-08

ワイドビューの座席

 日曜日に松本で開催されるハーフマラソンに参加するための準備をぼちぼち始めていて、木曜日の会社帰りに名古屋駅で、行きの特急列車のキップを買いました。自動券売機で、行き先と日付と時間帯を入力し、窓際の席を選んで「確定」のボタンを押して、券売機にお金を入れる直前に急に思い出したことがありました。そういえば、昨年、名古屋から松本へ向かう際、列車は景色の良い場所を通過し、窓からの眺めを楽しめるようになっていたのですが、そういった景色は主に進行方向に向かって左側であり、私の座席は右側であったため、あまりよく見えなかったのでした。その事を思い出した私は、一旦、キップの購入を取り止め、スマホを使ってネットで調べてみました。それによりますと、やはり進行方向(長野)に向かって左側が眺めが良くて、更に座席と窓の位置関係によって奇数の座席よりも偶数の方が視界が広いとのことでした。これに従って私は右側の偶数の座席を選びました。
 こういった情報というのは、インターネットが登場する以前は、旅行雑誌や書籍にも普通は書かれていないだろうし、ごく一部のマニアしか知り得ない事だったでしょうに、今は誰でも簡単に知ることが出来るようになり、ありがたいです (^^)

f:id:tsuiteru2772:20181109044521j:image

2018-11-04

日曜日

 ハーフマラソンが1週間後に迫ってきたので、あまり無理して疲労が抜けきらないまま当日を迎えるのは避けたいという思いがあり、今日は10キロほど走って終わるつもりでいました。途中で小雨が降ったり止んだりしていたし、早めに切り上げた方が良さそうかなと思いつつも、走っていると段々と気持ちが良くなってきて、結局17キロ走りました。風邪などをひいて体調を崩さない限り、何とかハーフマラソンは完走できそうだという手応えが感じられ、取り敢えずは安心しました。あとはどれぐらいのタイムか、なのですが、あまり欲を出さず、昨年よりも少しでも速ければヨシとするつもりです。

 昼下がりに、家の外から言い争うような声が聞こえてきました。窓に近づいてカーテンの隙間から外の様子を伺うと、乗用車が1台停まっており、その傍で母親らしき女性が小学5年生ぐらいの息子(たぶん)を叱りつけていました。少し離れた所にはその子の弟らしき子供がいました。母親も子供もとても大きな声でヒステリックにわめいていました。どうやら、息子(兄)が車の中でふざけたりしてハメを外したらしく、それを母親が注意したけど言うことをきかないので、車を停めて説教を始めたように見えました。すぐにおさまって再び車に乗って去っていくだろうと思っていたら、母親と息子のわめき合いはおさまるどころか益々ヒートアップしていき、母親の方は時々頭を抱えてしゃがみこんだりしていました。30分ほどが経過してもまだやっているので、これは警察に通報した方がいいのだろうかとも考えましたが、虐待とか、暴力があるわけではないですし、家庭内のことに介入するのもどうかと思い、通報はしませんでした。そのうち近所に住む男性がたまりかねたのか家から出てきて親子に声をかけたりしていました。それでも事態は一向におさまらず、誰が呼んだのか遂にはパトカーがやってきて、事情を聞き始めました。これでこのトラブルも解決すると安心したのですが、結局それから2時間近くその状態が続き、日が暮れる頃になってやっと親子は帰っていきました。おまわりさん達も、こんな家庭内のゴタゴタに2時間も付き合わされ、署に戻ってからは一応報告書を書かねばならないでしょうから、ご苦労さんなことだなぁ。

2018-10-21

トレーニング、村上RADIO

 来月のハーフマラソンへ向けたトレーニングとして、先週の日曜日は20キロ走り、今週はハーフマラソン距離である21.1(厳密には21.0975キロですが、そこまで細かい計測は出来ないので21.1キロとしました)を走ってみました。15キロを過ぎたあたりから自分では精一杯前へ進んでいるつもりが、スピードはガクンと落ちましたが、何とか途中で歩いたり止まったりすることなく走破出来ました。タイムは、昨年11月のハーフマラソンより少しだけ速かったです。本当はもっと良いタイムを望んでいたのですが、まぁ、取り敢えずは何とかハーフを走りきることが出来ることを確認出来たので良かったです。
 ただ、いずれは再びフルマラソンを走れるようになりたい私としては、今回走った距離の2倍を走らなければならないのか、と思うと、まだまだ道のりは遠いなぁ、と自信を無くしそうになりました。でも、ハーフの距離から少しづつ伸ばして行き、時間をかけてトレーニングするしかありません。

 夜7時からはラジオのFM放送で『村上RADIO』の第2回目を聴きました。この番組は、作家の村上春樹氏がおしゃべりを交えつつ自分のお気に入りの曲を紹介するもので、今年の夏に放送された第1回目が好評だったことを受け、第2回目の放送が決まったとのこと。番組内でかけられた曲は、全て村上氏が自宅から持ってきたレコードらしく、それらの曲や演奏している(あるいは歌っている)ミュージシャンについても語ったりするのですが、その知識の量の多さには驚きました。
 この流れで行くと、今回で終わりというわけではなさそうなので、次回を楽しみに待ちたいです。

2018-10-14

思いのほか快調な走り

 日曜日の朝は、先週に引き続き屋外を走りに出掛けました。先週は15キロ走ったので、今週は16キロ走る予定でした。しかし、走り出してみたら、スピードはいつも通りでしたが、体調が良かったのか、16キロを過ぎてもまだ全然行けそうでしたので、そのまま走り続け、結局20キロ走りました。18キロ地点以降はスピードが落ちて、1キロ当たり20〜30秒も遅くなりましたが、体調さえ良ければハーフマラソン(約21.1キロ)を完走出来そうだということが確認出来て良かったです。今シーズン最初のハーフマラソンはちょうど4週間後ですが、日々の練習を続けるとともに、体調を崩さないよう気を付けたいです。

 今回、新しく購入したウエストポーチを付けて走りました。細くて、パッと見たところは収納量が無さそうなのですが、伸縮性のある素材で出来ているので、スマホだって入ります。今回はお金と鍵の束を入れて走りました。お金は、走り終わった後に自販機で飲み物を買ったり、コンビニに寄ってお昼ご飯を買ったりするので、今まではジップロックに入れたものをランニングウエアのポケットに入れていたのですが、これからはこのポーチが重宝しそうです。

2018-10-07

マラソンとか

 世間は三連休ですが、私は出勤せねばならない日があり、三連休とはいきません。そんな中、日曜日の午前中はジムではなく、屋外へ走りに出掛けました。
 昨シーズンは、思うように練習が出来なかったせいで走る力が衰えてしまったので、今シーズンはフルマラソンは一旦置いておいて、ハーフマラソンをしっかり走れることを目標にしています。現在は、練習で走る距離を少しずつ伸ばしているところです。今回は15キロほど走りました。しばらく前に読んだランニングのフォームに関する本に書いてあった骨盤を意識した走り方を試してみました。先日、ジムのトレッドミルのベルトの上を走った際には普段より10%ほどスピードを上げても大丈夫でしたが、今回屋外を走った際には8%速いペースでした。このフォームはまだまだ身についておらず「これでいいのかなぁ・・・」と考えながら脚を動かしている状態ですし、ちょっと気を緩めるとすぐに以前のフォームに戻ってしまうので、意識しなくても自然に理想的なフォームで走れるように繰り返し練習せねば。

 マラソンといえば、シカゴマラソンで大迫選手が日本新記録の2時間5分50秒で3位に入るという快挙がありました。日本陸連から1億円の報奨金が贈られるとのこと。世界記録まではまだまだ届きませんが、日本の期待の星として頑張って欲しいです。

 このシカゴマラソンのニュースを早朝に寝ぼけた頭でラジオで聞いていたのですが、シカゴマラソンというのが、私がまだボーッとしていたせいなのか「ふたごマラソン」と聞こえて、双子のランナーばかりが出場するマラソン大会が開催されたのかな、へぇ〜珍しい大会があるもんだな、宗茂・宗猛なんかもシニア枠で出場したんだろうか、とぼんやりとした頭で考えていたのですが、よくよく聞いてみたらシカゴマラソンでした ^^;) そういえば、鶴瓶さんが体調が悪くて病院へ行き、待合室の椅子に座ってぐったりとしていると受付のアナウンスで「ミスターXさん、ミスターXさん」という呼び出しがあり、「えぇ!?ミスターXってどんな人なんやろ?」と思ってよくよく確かめたら西田悦子さんだったというエピソードがありましたが、「ふたごマラソン」もそれと似たようなもので、頭がハッキリしていないと耳までどうかしてしまうようです。