Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-12-28

仕事納めとか

 28日(金)は仕事納めでした。午前中は普通に仕事をして、午後は大掃除でしたが、私は書類仕事を終わらせてから大掃除に参加しました。
 この一年間は様々なゴタゴタやトラブルが例年並みにあるにはありましたが、何はともあれ、最終日は笑顔で終わることが出来たことは良かったです。

 一昨日のブログで、長良川の向こう側にある床屋を予約しちゃった場合、雪が降ると私のノーマルタイヤの車では行けない、ということを書きました。天気予報を何度かチェックしたところかなり冷え込みますが雪マークは出ていなかったので、これなら行けそうかも、という気はしたのですが、それでも心配だったので今回は自宅から歩いていける美容院に予約を入れておきました。そして今朝(29日)起きて窓から外を見ると薄っすらとではありますが雪が積もっていました。ああ、近くの美容院にしておいて良かったぁ。天気に関する私の予想は外れることが多いのですが、今回は珍しく当たりました (^^)

 さて、はてなの「ダイアリー」が来年の春にサービスを終了するので、それまでに「はてなブログ」へ移行する必要があります。ギリギリまでダイアリーを使うつもりでおりましたが、2019年の初めから移行するのもいいかもな、と考えております。まだどうするのかは最終的な決定は下しておりませんが、決まりましたら御連絡致します。

2018-12-26

週末は雪が降るのか・・・

 美容院または床屋で髪を切るのは、だいたい1か月に1回です。そのペースで行くと12月半ばに次にカットすることになりそうでした。しかし、やはりお正月は髪を切りたてのさっぱりした状態で迎えたいものですので、前回はいつもよりもかなり短めにカットしてもらったところ、計算通り丁度いい感じに髪が伸びてきました。
 年末は混み合うだろうから早めに予約を入れておこうとしたのですが、ここでひとつ気になる問題が浮上しました。今週末から雪が降るかもしれないとテレビの天気予報で言っているのです。ここ数か月私が通っている床屋さんは長良川の向こうにあり、そこへは車を運転して行くのですが、雪が降ればノーマルタイヤの私の車では行けません。雪がチラつく程度で路面が濡れるぐらいなら問題は無いのでしょうが、長良川を渡る橋とかは凍結する可能性が無いとは言えません。床屋に予約を入れておいて、当日になって雪だから行けませんとキャンセルするのも向こうにとっても迷惑でしょうから、今回は自宅から歩いていける距離にある美容院を予約しておいた方が無難かな・・・

2018-08-07

今年の夏は・・・

 先週末の土曜日は、地元の長良川花火大会が開催されました。花火大会が始まるのは夕方の6時ぐらいからなのですが、お昼すぎには街の中には花火大会に行くであろう、浴衣を着た人とかが多数見られるようになります。
 ところが、今年はいつもとはちょっと違っていて、浴衣を着た若いカップルが多いのは変わりませんが、それ以外の年代の花火客の数が明らかに少なくなっているのよう感じます。駅前から花火会場へ行く専用シャトルバスの乗り場には、いつもだったら長蛇の列が出来ていたり、電車でやってくる花火客に対しては「帰りは大変混雑するので、帰りのキップは今のうちに買っておけ」と駅員が呼びかけていたもんでしたが、今年は客の数が少ないせいか、そういった光景は見られませんでした。まあ、これだけ暑いと、しかもただ暑いだけでなく「命に関わる危険な暑さ」などと気象庁が言っているぐらいですから、そりゃ客の数も減るでしょうなぁ。

 よく考えてみたら、来年の春には天皇が退位されて、現在の皇太子天皇即位するに伴い年号が変わりますので、今年の夏は「平成最後の夏」ということになります。そう考えると、ああ、平成の夏は今年が最後なんだぁ、と一瞬だけ感傷的な気持ちになりますが、平成が終わっても、この異常に暑い夏がなくなるわけではなく、それどころか更に暑くなることだってあると思うと、ウンザリした気持ちになります ^^;)

2018-07-28

台風

 名古屋の某所で行われた講演会を聴いた後、その足で会社へ向かい、昨日お休みした間に溜まっていた書類の処理を行いました。
 夕方、台風が近づいている影響で、やや強い風が断続的に吹いておりましたが、雨は時折パラパラと降る程度でした。しかし、突然大雨が降り出すこともあり得るので、いつもは歩いている30分ほどの道のりをバスで移動しました。

 名古屋駅へ着いて、エスプレッソでも飲もうかとバスターミナルのすぐ近くのスタバへ行ってみたのですが、台風接近のため18時で閉店した、との貼り紙がしてありました。
f:id:tsuiteru2772:20180729060646j:image

 名鉄電車の改札前には、台風の接近に伴い強風や大雨が予想されるため、全線において18時からは列車の本数を減らして運転し、21時には全ての列車の運転を終了する、との掲示がありました。

 また、開催が予定されていた長良川での花火大会(中日新聞主催)は1か月後に延期されました。

 このように、台風の上陸に備えて各方面で対応が取られておりましたが、今のところ私が住んでいる地域では大雨も強風もありません。しかし、テレビのニュースによると愛知県の知多半島方面や三重県などでは激しい雨が降っているようです。被害が無いことを願っております。

2018-07-07

大雨

 金曜日に大雨が西日本を襲った頃、東海地方はそれほどの雨ではありませんでした。雨が一旦止んだので、雨雲は通り過ぎたと油断しておりましたら、土曜日の夜になって強い雨が降り出しました。そして土曜深夜から日曜の未明にかけてスマホが警報音を発したので何かと思ったら大雨による危険を知らせるメッセージでした。そしてそのすぐ後に近所に設置されているスピーカーから、大雨により長良川の水位が警戒水位を超えたので、直ちに避難してください、という放送が流れていました。避難すると言っても何処へ?小学校の公民館とか?でもまあ大丈夫なんじゃないのかな、と判断してそのままやり過ごしました。
 その後、雨は次第に弱まり、朝5時頃には止んでいました。今回私の住んでいるエリアで出された避難指示というのも、寝ぼけた状態に聞いたので、今となってはあれが避難指示だったのか、避難勧告だったのか、分かりません。それから、警報とか大雨特別警報とか、いくつかの種類があるので、どういう時にどうすればいいのか、いざとなると混乱してしまいます。また、安全のために実際に必要な地域よりも広めのエリアに対しても警報なり避難指示が出されるようで、場所によっては結果的には避難する必要が無かったということもあります。

 今回は、岐阜県では北部の飛騨地方に集中豪雨がありました。飛騨地方は、それほど雨が多い地域だという認識は無かったので意外でした。でも冬には豪雪地帯となることを考えると、湿気を含んだ雨雲が発生しやすい地形なのかもしれません。今後被害が拡大しないことをお祈りしています。