Hatena::ブログ(Diary)

Beaver’s Diary

2018-12-27

やり残したこと(読書)

 2018年も残り僅かとなりました。今年のうちにやりたいなぁと思っていながらも出来なかったことは(今年に限った話ではなく、毎年そうなんですけれど)、いくつかあります。そのうちのひとつは読書です。今年は戌年ということで、犬にちなんだ本を読もう、という目標を掲げました。4〜5冊は読みたいなぁと思っており、絵本まで含めると4冊を読了したので、取り敢えずは目標達成と言えるかもしれません。しかし、面白そうだからと思って購入したものの、結局戌年のうちに読むことが出来そうにない本が1冊あります。『犬から見た世界 その目で耳で鼻で感じていること』という本で、著者はアレクサンドラ・ホロウィッツという学者。この本を手にとったのは、他の犬の本の中で、とても良い本だと紹介されていたからで、実際にこれまでに無かった角度から犬に関する事実を詳らかにしているようです。
 戌年は間も無く終わってしまいますが、来年は「イノシシに関する本を読もう!」とは全く考えていないので、今年のうちに読めなかったこの『犬から見た世界』という本を読む時間を来年の早いうちに何とか確保したいと考えております。

2018-12-24

出勤でした

 24日は振替休日のため世間はお休みで、三連休という人も多いのでしょうが、私の職場は出勤日であった上に、大変忙しい一日でした。クリスマスっぽさもあまり感じないですし、2018年もあと一週間で終わってしまうという師走特有の慌ただしさも無く、ただ普通に忙しいだけという感じです。
 昔は、夏になれば暑くなるように、冬になれば寒くなるように、12月も下旬ともなると、クリスマスの雰囲気とか師走の雰囲気が自然と私たちの周りにあったものでしたが、ここ数年は特にそういう「年末感」が希薄になってきました。

 帰宅すると私宛の荷物が届いておりまして、何だろうなと思って開けてみると、クリスマスプレゼントでした!クリスマスにプレゼントを貰うのは久しぶりでしたので驚くやら嬉しいやら! ランニング用のジャケットと保温性が高く速乾性の高機能シャツで、サイズもちょうど良く、色も私好みでした。このブランドのウエアは品質は大変良いのですが値段が高いので、1着しか持っておらず、欲しいなぁと思っていたものでしたのでとても嬉しいです。早速これを着て走ってみたくなりました (^o^)/

2018-06-05

村上RADIO

 昨日はノーベル文学賞受賞者のボブ・ディランのことを書きましたが、ノーベル文学賞といえば、賞の選考委員の不祥事で2018年度は発表を取りやめて、2019年の分と合わせて発表することになった、というニュースが暫く前にあり、驚くと同時に、今年は毎年10月恒例の「はたして村上春樹は今年こそ受賞するのか?」とソワソワすることがなくなり、ちょっと寂しくも感じました。

 その村上春樹ですが、『村上RADIO』というラジオ番組が8月に放送されるそうです。その番組の中では、音楽に関する質問に村上春樹が答えるのだそうで、その質問を募集しているとのことでした。放送されるのはTOKYO FMという放送局なので、関東エリアでしか聴けないのかな?ラジコのエリアフリーとかならば地方でも聴けるのかな? いずれにしても、音楽に関する質問を考えて、私も応募してみよかなと企んでおります (^^)

f:id:tsuiteru2772:20180606044221j:image

2018-01-01

2018年

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

 2018年もまた、とにかく「毎日続ける」ことだけを目標に、毎日続けられる程度の内容で、その時に心に浮かんだこと、関心のあることを主な題材として、コツコツと綴っていきたいと思っておりますので、気が向いた時にでもフラッとお立ち寄り頂ければ幸いです m(_ _)m

 さて、毎年元日の朝は地元の長良川河川敷で開催される『ぎふ元旦マラソン』に出場して元気に新しい年をスタートしていたのですが、今年はエントリーの締め切りに間に合わず残念ながら走ることが出来ませんでした。
 いつもは、元旦マラソンを走った後に、自宅へ帰る途中にある神社へ立ち寄って初詣を済ませていたのですが、今年はマラソンこそ無かったものの、だいたい例年と同じぐらいの時刻に初詣に出掛けました。まずは氏神様、次に産土神様、そしてその次に地元では比較的大きな稲荷系の神社を参拝しました。3つの神社でそれぞれ御神札を買い求め、御神籤を引きました。御神籤は、たとえ何が出ようともう一回引き直すようなことはしてはいけないと言われていますのでそのようなことはしませんが、いろんな神様の意見を聞いて総合的に判断した方が良かろうと思うので、それぞれの神社で引きます。今年は3つのうち、大吉が2つ、吉が1つでした。ただ、御神籤というのは占いではないので、大吉だから良かったとか、凶だから最悪だ、というのではなく、そこに書かれていることをよく読んで神様からのアドバイスだとして参考にするのが正しいのだそうです。だから私も書かれていることを隅から隅まで読みます。だいたいのおみくじは、全体的にどうなるか総合的な運勢が一番上に書いてあり、その下に細かい項目別に分けて書かれています。いつも思うのですが。「願望」とか「商売」とか「縁談」とか「学問」とかはまあ良いとして、「失物(うせもの)」ってわざわざおみくじに載せる必要がある項目だろうか疑問だし、「相場」なんて、そういういわばギャンブル性の高い、俗世間まみれの項目に関して神聖なる神社が神様からのメッセージとして言及するのは如何なものかと。今日引いた御神籤の中のひとつには「相場 チャンスです」なんて書いてあったのですが、「チャンス」って何だよ ^^;) せめてもっとそれらしい、神社っぽい和風のボキャブラリー(例えば「好機到来」とか)を使って欲しいなぁ。

f:id:tsuiteru2772:20180101205032j:image

2017-12-06

手塚治虫

 手塚治虫先生のキャラクター達を使った印鑑の広告をネットで見かけました。こういうのは遊びとして使うだけかと思ったら、宅配便の受け取りの際とか、銀行の登録印として使うこともできるようです(但し、全ての宅配業者、全ての銀行というわけではなく、使用可能な宅配業者と銀行のリストがホームページに掲載されていました)。 黒水牛の角を使ったものやシャチハタタイプ等から選べます。木彫りタイプで5,000円、シャチハタでも4,000円もするので結構高い。
f:id:tsuiteru2772:20171207045241j:image

 ほぼ日では人気商品のひとつであるハラマキに手塚治虫デザインが登場しました。
f:id:tsuiteru2772:20171207045308j:image

f:id:tsuiteru2772:20171207045333j:image


 印鑑とかハラマキとか、何で手塚治虫のデザインが急に出てきたのかなと不思議に思って少し調べて見ましたら、2018年は手塚治虫生誕90周年なのだそうです。