ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

現代田んぼ生活 辻井農園 このページをアンテナに追加 RSSフィード

30年産の新米!完全無農薬有機栽培米「コシヒカリ」「秋の詩」「みどり豊」の好評販売中です。

2018-03-01 焼き肉と畦畔の草焼きと暴風

f:id:tsujii_hiroaki:20180301155415p:image:w360:left

27日(火)

午前中は精米など。お昼に帰省してきた次男と奥さんと次女と四人で焼き肉屋さんにお昼を食べに出る。みんなは弁当タイプの定食にしたが、僕だけ焼きながらの定食に。とてもおいしかったです。平日のお昼だが満席で、うちはすこし早めにいったのですぐに座れたけれど、僕の後ろからは待たねばならなくなって、食べ終わって出てきたら、お店の外にまで行列が・・・。うーむ、こんなところに行列の出来る焼き肉屋さんがあったとは・・・。

お昼からビールを飲んでしまったので、午後は仕事にならず(笑)。


そういえば、焼き肉屋さんで案内されて座った所には、こんな額が下がっていました。ちょっとセンターがずれている字があるような気もするが、焼き肉屋さんにこういうのがかかっているのもカッコいいですね。二年ほど前にこの手の筆文字の漢字を調べる辞書を教えていただいて購入してあるのだが、あれ?探しても本棚に見つからない、なぜだ?まあ、今回はその辞書を調べるまでもなく漢字はわかりました。「若要紙上尋佛法,筆尖蘸乾洞庭湖」とは読めます・・・。はて。家に帰ってきて『漢辞海』で、難しい漢字を調べてみました。ええ、このあたりが私の真面目なところというか、正直なところというか、ばかばかしいところです。下から五つ目の漢字「蘸」がわかりませんね。『漢辞海』によると、読み方は「サン」。動詞で「ものを水につける。ひたす。」とあります。うーむ。なるほど。「もし仏法を尋ねることを紙上にもとめるのなら、筆の先を洞庭湖につけて乾かす(湖水を全部吸い上げる)ようなものだ」という意味になるのかな?仏法の奥義は紙の上には書かれていない。書けない、ということかな?と首をひねったりしているのですが、これは何か焼き肉屋さんと関係があるのかな?とまた首をひねってみたり。焼き肉の奥義もまた文字に書き表すことはできないぜ、ベイベー、とファンキーな店主なのかもしれない(笑)。


クルマのキーにはリモコンでドアのロックや解除が出来るボタンが付いているのだが、さっそく電池切れで動かなくなってしまったので、電池交換をする。ボタン電池のサイズや形はいろいろあるので、分解してからCR1616という品番を確認して近くのコンビニにいったら、なかった。ホームセンターまで足を伸ばしたらありましたが、一つ298円。高いのか安いのかもわからない。交換はすぐ出来ましたが、この手のボタン電池の+と−の電極への接触の仕方がよくわからないのが難ですな。今回も+側は針金で接触しているのかなぁ。


お雛さんが出ていた。手前に花を入れて撮ろうと思ったのだが、よく見ると、お内裏さまが隠れてしまっていますな。うーむ。


28日(水)

午前中はバタバタと家の用事もしながら事務仕事。午後は天気もいいし、風もなさそうなので、畦畔の枯れ草を燃やしに出る。昨秋の長雨で稲刈り後の畦畔の草刈りが全部回れなかったので、伸びたまま枯れている畦畔がいくつかあるのでした。今度、畔塗りの時に草が機械に巻き付いたりしてジャマになるので、燃やすことにしました。ここ数日雨は降っていないのでよく乾いているのか、よく燃えました。夕方になってちょっと南風が出てきたので気を使います。火のことですからね。まあ、また風のないよい天気の日もあるだろうと、そろそろいい時間だし5枚分焼けたし、無理をせず帰ってきました。


夜は寄り合い。この会議には初めて出た。最初の説明の感じでは、これは一時間もかからないな、と思ったのだが、思いのほか意見を言う人が何人かいておもしろかったけれど、時間は2時間ほどかかる。1時間半ほどの質疑応答でした。寄り合いの3/4が質疑応答というのも、久しぶりだなぁ。今月末には総会もあるのだが、どういう総会になるのだろう。紛糾しないといいのだが。何度も発言されてる方がおられて、その人の口癖が「ざっくり言うと・・・」というものであることに会場の全員が気がついただろうな。4、5回発言されたと思うけれど、ぼくは20回くらい「ざっくり言うと・・・」を聞いた気がする。僕の隣の人もこの「ざっくり言うと・・・」が出るたびにクスクスしておられた。この発言しておられた方は、ざっくり言うと、ざっくりとしか言えない方なんだろうな。

鉄筋コンクリートでできた大きな建物の会場だったのだが、会議の途中から外で風のうなりが聞こえてくるようになった。外へ出てみると雨まじりの強風が吹き荒れている。クルマを運転して帰ってきたのだが、ハンドルは風にとられるし、信号で止まるとクルマがフワフワと風にあおられて動く。いやはや。


ああ、というわけで二月は逃げるようにして、終わってしまうのでありました。二月尽。


1日(木)

朝も少しまだ風が残っている。家の周りを歩いたらたくさんのものが風で転がっていた。飛んできたものを拾ったり、倒れているものを起こしたり。

午前中は少し事務仕事をして、散髪へ。ああ、散髪屋さんも混んでます。

中途半端な時間に更新だが、今日から三月。

そういえば昨日、次女が部活動の同じパートの卒業生に渡す記念品を作るから、と言って、写真を何枚もプリントアウトしてほしいと言ってきた。コルクボードにあれこれ貼ってコラージュを作るらしい。今朝、「うまくできたんか?」と訊ねてみたら、「ちょっと見た目が・・・」と言って笑っていた。