ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

現代田んぼ生活 辻井農園 このページをアンテナに追加 RSSフィード

29年産の完全無農薬有機栽培米「コシヒカリ」「秋の詩」「みどり豊」の好評販売中です。

2018-05-13 雨の「こなし」作業と『セトウツミ』

大森立嗣監督『セトウツミ』(2016)

ちょうど朝の犬の散歩の頃から雨が降り出す。その後終日雨。けっこうな大粒の雨も降る。

朝、まるごと保全隊の出役、地域の子ども会がプランターに花を植えて用水路端に並べてくれるというので、ポンプ小屋周辺や用水路端の草刈りに出る。久しぶりにカッパを上下着て草刈り。一時間ちょっと。

その後、朝食を食べて、トラクタで「こなし」作業。雨で田んぼの水が増えてくるので、だんだんやりにくくなってくる。ヒタヒタ水なら草もきれいに土の中に入れられるのだが、水が多いと、草が浮いてくるので、うまく埋められないのだ。尻水戸の高さで調節すればいいのだが、水位が下がるのを待っている時間も惜しい気がして、そのまま作業をしてしまう。やれやれ。この分では田んぼの隅に浮いた草が吹き寄せられて、草をまた鍬であげなければならないのは目に見えているが、もう一度「尻踏み」をするので、ま、なんとかきれいにして田植えできるようにしたい。

そんなこんなで、激しい雨の中午後三時過ぎまで、昼食もとらずに作業をしつづける。さすがにお腹も減ったので、家に帰って遅い昼食。すこしお腹が膨れたら、また作業に出る気力がなくなる(笑)。外はまだ雨目が激しく降っている。

今日の雨量はどれぐらいだ?昨日の表示したグラフからするとこの3月からの一日の最高雨量は5月7日の52.5mmだが、今日はそれより多いんじゃないか?


夕方から大森立嗣監督『セトウツミ』(2016)をiTunesで観る。いやー、おもしろい。楽しめました。もともと此元和津也の漫画の映画化らしい。すごいわ、池松壮亮菅田将暉。しみじみ青春。ちょこっと笑えます。