ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

現代田んぼ生活 辻井農園 このページをアンテナに追加 RSSフィード

29年産の完全無農薬有機栽培米「コシヒカリ」「秋の詩」「みどり豊」の好評販売中です。

2018-07-29 長々とこの一週間。

23日(月)

午前中は精米など。

午後は大豆の播種。なんとか、播種は終えられたが、この猛暑の中、土がカラカラで水分がないので、播種しても、大豆が水分を感じて膨らんでこないのだ・・・。ま、もう播種の時期の最適期も逸してしまっているし、うまく育つことは期待薄だが、それでもまあ、なんとか芽を出して大きくなって、秋には枝豆になって、カープの野球をテレビで観ながら、あーだこーだと枝豆をつまみながらビールも飲みたいのだが・・・。去年は2位に10ゲーム差をつけて、ぶっちぎりでリーグ優勝したのに、日本シリーズを戦えなかったという、どうよ!と言いたくなる結末だったのだが、カープファンによる反乱、騒乱、一揆も革命もなく、ルールを受け入れたのだが・・・。まさか、こういうことが2年連続で起きるようなことになると、私は知りませんよ。2位のジャイアンツに8ゲーム差をつけて、ジャイアンツ自力優勝がなくなったそうですよ。どうなの?どうなの?どうすんだ?どうすんだ?えっ!おい!どうすんだ!?

というような、ビール飲みながら枝豆をつまむ秋は来るのか?大豆!がんばってくれ!ほんと、農業経営は天気次第なんだから。


今日も暑かったですね。41.1度ですと。埼玉熊谷


24日(火)

今日はね、暑かったけど、朝から北風が吹いて、長浜最高気温はどうだったんだろう?32.7℃でした。いや、充分暑いんですけど、この数日の猛暑と比べると風が気持ちよかったです(笑)。


午前中は畦畔の草刈り

午後は直播きの役員会。そしてその後は日没まで畦畔の草刈り


25日(水)

朝のうちに穂肥をまく。風がまったくなくありがたい。

五月五日のこどもの日に田植えした「コシヒカリ」の圃場では走り穂が出ていた。二、三日すれば穂が揃って出穂ということになりそうです。なんとか順調にお願いします。

午後は直播きの圃場などに穂肥をまく。すこし風も出てきたし、夕方には伊吹山の向こう側あたり、あるいは伊吹山地のあたりに、何度も稲光が走っていた。


26日(木)

今日も朝のうちは穂肥まき。蒸し暑くて大汗をかく。朝起きたときの体重と穂肥をまいてきて、シャワーを浴びたときの体重が、ほぼ2kgほど減ったのだが、2Lほどの汗をかいたということなのだろうか。


うーむ。今や、各部屋にエアコンがあるのは当たり前なのだろうか。今日また次女がいちおう勉強用の(?)部屋にしているところに、なにがなんでもエアコンをつけてほしい、と言うので、一台注文してきた。あらかじめ国道沿いの大手家電量販店の三店に電話で、今購入すると、いつ設置工事をしてもらえるのか、と訊ねると、8/13、8/14、8/23という返事だった。ま、この時期、工事も混んでいますね。お盆のころと言えば、すでに晩夏ですが、・・・。残暑厳しき折りも多々あるだろう、と結局、関西資本のJ電機にお願いすることにする。J電機のエアコン担当のKさん、饒舌にあれこれ説明していただいて満腹状態。結局2017年モデルをお値打ち価格で購入したが、ほんとうにお値打ち価格だったかどうかは、わからない。僕は大きな物を買うときは、たいてい「勉強しといてな。」とか、「その端数が、どうも、モヤモヤしてるで、そこはすっきりシューッとしとこかな。」などと値切る男なのだが、今回はエアコン担当のKさんの饒舌な口車にトントントンと運ばれて、その言葉が出てこなかった。だいたい最後の最後の支払の話になって溜まっているカードのポイントを使うかどうか、というところで「お客様、お誕生日がもうすぐなんですね。おめでとうございます。5%引かしてもらいます。」などと先手を打たれて驚かされたりしたので、まったくダメでした。桂枝雀さんの「壺算」の落語を聴いてから、価格交渉の余地のありそうなところでは「勉強しといてな。」と上品に切り出すのだが、今回はやられてしまいました。まあ、エアコン担当のKさん、この猛暑の夏はエアコンの知識はもちろんだが、あの饒舌で売りに売りまくっているのでしょうなぁ。よろしおまんなぁ。


午後は畦畔の草刈りに出る。長男と二人なのでペースがはかどる。今日も午後6時時前から雷の音が遠くから聞こえはじめて、風が冷たくなってきて、いかにも夕立の気配。ちょうど降り出す前に二枚刈り終えて、田回りに出たところで雷雨となる。乾ききった大豆の圃場には恵みの雨になったことだと思うが、しばらく激しい雨となる。夕立なのですぐに止みましたが。頭の上でゴロゴロピカー!バシーン!となると恐いものですな。意気地無しのレノン号は雷雨が去ってからも、クンクンクゥーン!とずいぶん泣いて(笑)いました。


27日(金)

昨日の夕立のおかげか、ちょっと気温が低めの朝であります。

午前中は穂肥をまき、畦畔の草刈り

午後は最初、提出期限を過ぎている生産記録をしゃにむに完成させて農協へ提出し、それから先月「通帳の残高不足で引き落とせませんでした。」などと厚かましくも、無礼なことを言ってよこす某大会社があったので、足下を見られたような、見透かされたようなイヤな気持ちになり(笑)、あちこち通帳を見比べてやりくりし、とりあえず残高を増やしておいた。そういう心臓に悪いことは言わないでほしいなぁ、大会社なんだから。たまには太っ腹なところも見せてほしいものだ(笑)。


午後はまた畦畔の草刈りにでる。雑草は刈って刈って刈りまくらねばどんどん伸びてくるんです。農業というのは、農を業(なり)とするわけですが、自分が育てたいと思っている作物以外は、みんな雑草だと思ってしまうわけで、ずいぶん自分勝手な、手前勝手なことになるわけです。まあ、それでも少しは自然の大きな恵みと循環のなかで作物を育てて、安全で安心して食べられて、しかもおいしいものを作ろうとしていると、急に「通帳の残高不足で引き落とせませんでした。」などと無慈悲で、意地悪なことを言われて、冷や水をかけられたような気分になってしまうわけです。

「というのはウソで、まあ通帳の残高管理能力が足りないだけですが・・・。しかし、通帳の残高管理能力って、なんだ?要するに稼ぎが足りないぜ、ということか?」

「稼ぎが足りないとは無礼であろう!」

「あーた、人は稼ぎの中で暮らしていくものです。収入の中でやりくりして暮らしていくんですよ。」

「わかっているよ、そんなことは。もう言わないでおくれ。」

「じゃあ、死ねと。」

「笑止。笑止。なんですそれは。別れろ切れろは、芸者の時に言う言葉…今のあしきには、いっそ死ねと云っておくんなまし。」

「あーた、なに言ってるんす(笑)。読んでる人にはなんのことかわかりませんよ。通帳の残高不足を指摘されて激高しているんですか(笑)。」

「いや、激高など、拙者には無縁じゃが、・・・。ま、手元不如意にて、ちと、苦労しておる。むはははは。あははははは。あはははは。」

「あーた、黄金バットですか?今どき、黄金バットなど、誰も覚えていませんよ。」

「なんじゃ、貴様、白けたことを申しをるのぉ。豪傑笑いを知らんのか?困り果てた小心者が自分を豪傑に見せるワザじゃがな。むふふふふ。」


D

28日(土)

今日は農事組合の役員で池とポンプ小屋周辺等の草刈り作業

雲が多くてそれほど暑くなくてありがたい。それでも大汗をかいていただきながら、みなさんに大変きれいにしていただく。


その後は精米など。


夕方から長男と畦畔の草刈りにでる。台風12号が近づいてきていて、風があってありがたいが、草丈がずいぶん伸びてきているので、自走式の畦畔除草機を動かしてくれた長男は苦労していた。僕は僕で道路脇の田んぼの大きな法面草刈りに苦労したのだが。

今夜は台風が通過する夜となるということだ。早々と暴風警報が出て、その後大雨警報も出る。


29日(日)

夜中、というか午前4時頃が一番風雨が強かったような気がする。雨戸を閉めた寝室の蒲団の中で聴いていたうつろな音なんだが。

起きてしばらくすると雨が止んだので、犬といっしょに田んぼを見て回ることにする。降水量は少なめだったようですが、風はけっこう吹いたようですし、今も吹いてます。

午前中は、事務仕事など。

午後は草刈りに出ます。


うーむ、さすがに一週間分を一度にアップしようとすると大変だわい。農業日誌は、これは、かかさず10数年毎日メモしたり書いたりしているけれど、それを記録した上で、ブログ用に書くのですが、なんですな。たとえば動画とかをブログに貼りつけたいとか思っていると、YouTubeにアップする必要があったりするので、これに手間取ったり、面倒がったりしていると、ブログの更新が遅れますな。あ、あと手書きのイラストを載せたい、とか思うとこれも確実に遅れます(笑)。


非農家というか、お客さんも含めて、昔からのツレからは一度もブログが長い、長過ぎるということは、言われたことがないのだが、農業関係者や同じ農家仲間からは「ツジイさん、ブログ、長過ぎません?」だの「よう、毎日、あんな長々と書いてやありますなぁ。」などと言われたことがあるのですが、ま、こんなにウダウダと長く書くとそれもむべなるかな、ということですわな。長くても読める文章ならいいのだが、そのあたりが、あーた、苦しいところです。


この台風でちょっと空気の流れが変わって、過ごしやすくなるとうれしい・・・。でも、それじゃ、あわててエアコンを注文した意味がなくなるしなぁ(笑)。

長々と読んでいただきありがとうございます。って、まあ、長々と書くブロガーはたくさんおられますけどね。