Hatena::ブログ(Diary)

north pole diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-03

GOLDEN ROUND

〜展覧会のお知らせ〜

2017年3月4日(土)から26日(日)まで、

大井敏恭、末次弘明、林亨の展覧会をポルトギャラリーA(札幌市中央区)にて開催いたします。

ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。

(企画・構成:塚崎美歩 林亨)

3月4日(土)〜26日(日)10:00〜19:00(会期中無休)

会場:北翔大学北方圏学術情報センターポルトギャラリーA

(北海道札幌市中央区南1西22 1−1)

出品作家:大井敏恭・林亨・末次弘明

《イベント》

■ワークショップ

「対話による鑑賞―見る人がアートを作る―」

日時:3月4日(土)13:30〜15:00

会場に直接お越しください(申し込み不要)。

作品を見て話しあいながら鑑賞のひとときをたのしみましょう。進行役はアートファシリテーターの山正明さん。

アートよもやま話

北海道美術ネットの梁井朗氏と参加メンバーが作品や今のアート状況などについてざっくばらんに話し合います。

日時:3月4日(土)15:00〜16:30

■展覧会コンセプト

Hello darkness,今日のニュースでは、最新のテクノロジーが生身の知性よりもはるかに先鋭な直観を開発したと報じられたらしい。私の頭の中には、いまだ言葉にならないイメージの揺籃。矩形の窓から差し込む光は煌めくけれど、この部屋の小さな陰影に何を映せばよいのだろう。そしてこれからも絵画は続く。

公園に朽ちた遊具ジャングル・グローブを見いだして、そこにエネルギーの充実とそのグローバルな循環のたわみを読み取り制作してきた林亨は、いま最新の科学技術における技術的特異点に新たなエネルギーの喧騒を見出している。大井敏恭の作品のなかでは、言葉の形をとらない思考mentaleseが、絵画を通して響くように表現される。エナメル質の桎梏で心電図のリズムを刻み音楽の波を描いてきた末次弘明は、絵画材料の薄闇に目を凝らし、そこに新たな光を見出そうとする。彼らの絵画におけるゴールデン・ラウンドは、この地からそれぞれに輝く軌道を描き、絵画をめぐる新たな旅となるだろう。

(塚崎美歩)

f:id:tsukasakimiho:20170303000004j:image

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsukasakimiho/20170303/1488466831