Hatena::ブログ(Diary)

north pole diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-10

[]空港、木彫りの熊。

10月1日、藤原吉美氏の木彫りの熊。

「スゴイ木彫りの熊がある!」とのうわさを聞いて旭川空港へ駆けつけました。それは「木彫藤原」藤原吉美氏作の熊です。

f:id:tsukasakimiho:20091001184143j:image

展示キャプションより。

1949年 上川郡東神楽町生まれ。

1964年 旭川市にて木彫り業界に入る。

1967年 旭川木彫技能協議会 旭川市長賞。

1984年 北海道秀作民芸品賞 秀作受賞。その他50の賞を受賞。現在、シマフクロウを中心に制作。

 こぶしが利いているな〜。というかんじ。

 

 リアリズムを超えて、コブシが利いている、と情感が込められているさまに、とにかく圧倒されます。一家に一匹の「木彫りの熊」といえども、憂いを帯びたまなざしから目が離せないのは、彼の熊をおいて他にはないでしょう。64年から現在に至るまで制作を続けているようで、その45年に及ぶ足取りに心ひかれます。

 お尻と手足の質感がすごい。鼻先や足先の丸く生々しい細部とやわらかな感触の再現に恐ろしいほどの描写力が顕れております。こうした独特の情感を「鮭をくわえた熊」を、木彫りの、定番のスタイルだからこそのテンションで表現をしている点は面白いです。

 個人的には、もう少し省略した表現が好きですが。

f:id:tsukasakimiho:20091001184206j:image

2009-11-05

[]からふとのかたち

それは池のかたち。

神社にはからふとのかたちをした池があるということです。

f:id:tsukasakimiho:20091027160710j:image

その名も樺太池といいます。

f:id:tsukasakimiho:20091027155034j:image

その計画意図はこのようなものでした。昭和初期。

f:id:tsukasakimiho:20091027155043j:image

樺太池と北海道池の間を通っているらしい太鼓橋はこんな感じ。写真でみると小さな神社のように見えますが、大きな立派な神社です。

f:id:tsukasakimiho:20091027155136j:image

実際の樺太池はどんなかたちをしているのでしょうか?橋の上から覗いてみたものの、よくわかりません。もうちょっと高いところや池の近くから観察してみたほうがよいようです。そのあたりの詳細は後日。

2009-11-04

[]雪

f:id:tsukasakimiho:20091102140012j:image

11月2日2:00、旭川。煉瓦に薔薇。