Hatena::ブログ(Diary)

罅ワレ回文  <MY CRACKED PALINDROMES> このページをアンテナに追加 RSSフィード


回文一覧>
アンビグラム一覧>

2008-07-04

ambigram C-9

f:id:tsukene:20080704013333j:image

 最近、記事の最後にアンビグラムがこっそり貼りついていて、しかもそっちの方に反響が大きかったりして、これはどうなのよという状況でありましたので、アンビグラムは切り離して別扱いにすることにしました。タイトルに記事の右上に[p]がくっついてるのが回文で、[a]がくっついてるのがアンビグラムです。何とぞよろしくです。

 回文ブログらしく、トップページからは[a]の記事は読めなくするつもりなんですけどね。5ヵ月後に追記:やっぱり読めるようにしました。


 さて、例のアンビグラムですが……これはどうなのか。全然分からん。もう1週間くらいずっと扱ってるから、客観視とかまったくできん。

 この映画は、そこはかとなく面白かったような気もするが、いかんせん印象が薄い。しかもタイトルが非常に覚えにくい。こないだ友人と、第1作から順にタイトルを挙げていったんですが、これだけかすりもしませんでした。今回のを作って、ようやく覚えられましたとさ。


 igatoxinさんがAmbigram Laboratoryで、私がこのところやってるのと同じ題材を扱ってくださっています。ぜひともご覧下さい。私がたいそう苦労した2コ前のネタはこうなっています。なんて自然な対応付けなんだ。自然さゆえに、簡単にできそうに見えるけど、そうでないことは作ってみればよく分かる。これは非常に勉強になりました。

kawaharkawahar 2008/07/04 03:45  素晴らしいです。
 対応付けも僕のとは全然違っていて素晴らしいんですが
 感動したのは横線と赤丸の工夫に詰まっている意図です。
 igatoxinさんもよく問題にしている
「文字の境界」や「文字の流れ(読ませ順)」について
 よみやすくしていますよね。
 横線によって「横によむんだよ(水上じゃないよ)」
 赤丸の位置によって「文字の配置(位置)はこうだよ」
 赤丸の大きさで「ここの文字の大きさ(の比率)はこんなだよ」と
 肝心の「よみはじめ」部分を「さりげなく」
 フォロー・誘導しています。
 パッとみるとただのそれっぽい装飾にしかみえませんが
(だからこそナイスなのですが)
 これは上の二つの問題を突破する偉大な一つの工夫だと
 おもいますよ。

igatoxinigatoxin 2008/07/04 10:55 これははっきりと私のよりもいいですね。
流れがいいので読みやすいと思います。
やっぱり勉強になるなぁ。

「陰」の旁の下の部分はもうちょっと崩しても(ξくらい)読めるので
糸へんが読みやすくなるかもしれません。
そんな細かいことはどうでもよくて、
この対応付けができたことがこの作品のすべてでしょう。

tsukenetsukene 2008/07/05 01:54  想像だにしなかった褒められように驚いておりまする。

> kawaharさん
 どうもです。「水上」と読まれるのをいかにすれば防げるかを模索した結果、これになりました。若干卑怯な気もしないではない。
 kawaharさん的なことを言ってみると、この仕掛け自体が、水平線を使った企てであるわけであります。……お粗末。

> igatoxinさん
 光栄です。ありがとうございます。igatoxinさんのも楽しみにしてます。
 陰のつくりと糸へんのバランスはちょっと悩んだんですが、たしかにもう少し糸へんにウェイトをかけてもよかったかもしれません。そのうち修正しようかな。

 第8作は、下書きはできたので、清書する気力が湧いたらそのうち出しますが、次の第7作に手こずってます。なんだか厄介。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsukene/20080704/p2
Connection: close