付人日記

付人日記

カレンダー
<< 2007/09 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007-09-06

tsukibito2007-09-06

[]機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第23話「罪智」 03:15

あくまでもスサノヲを出陣させまいとする日本政府に、慎吾たちは猛反抗。

友人や親族達を人質に取られながらも、なんとか出撃を果たす。しかし、様々な妨害がたたり、スサノヲは武装なし丸腰での出撃となってしまう。

そして迎えたジュピター2との対決。アメリカミサイルやら軌道上の衛星から熱光線やら、豊富な支援攻撃を持ってしてスサノヲを追いつめる。

見るに見かねたジュピター2のパイロットザイオンは、味方の衛星を破壊してまでスサノヲとの一騎打ちに挑む。

窮地に追いやられた上で自己再生機能を発動させたスサノヲは、かつて下したユーノワや玄武神のパーツを発現させるのだった。


人質に脅しではなく本気で毒ガスを用意したり、自国のスサノヲにも問答無用で攻撃を仕掛ける日本の行動は、明らかに小者。でもまぁ、戦争を回避し国を守ろうとする姿勢は無碍にできないわけで。

出撃前に「これが終わったらみんなでピクニックに行こう」なんて露骨な死亡フラグを立てていった慎吾は、本当に今回の戦闘で帰らぬ人になりそうな予感。

ジュピターとの絶対的な戦力差はもちろんのこととしても、十式であるはずのスサノヲのナンバーが実は13だったり、悪魔と称されるような無理矢理な変形を見せたりと、やたら不吉な試合展開が続く。

デザインの異なるロボットをパーツごとに組み合わせれば、そりゃおぞましい姿にもなる……って、それなんてメダロット

[]ながされて藍蘭島 第23話「つれていって、寺子屋03:15

藍蘭島にも学校――正しくは『寺子屋』が存在していた。

行人たちは、勉強嫌いなすずを寺子屋に行かせるため、作戦を練るのだが……。


『学校』ではなく『寺子屋』ってところが、藍蘭島の時代文化の遅れを物語っている。

どちらにしても、今までそれらしい描写がほとんどなかったのに、今さら「みんな寺子屋で勉強してました」と言われても、どうにも後付けっぽい。まぁ、これは原作にも言えたことだけど……そういや、最近は寺子屋の話なんてまるで出てきてない……。

それにしても、勉強嫌いな子供を頑張って学校に連れて行く、という今回のテーマも、恐ろしいほどに幼稚だなぁ。これが最年少のゆきのとかならまだいいんだけれど、仮にもメインヒロインであるすずにやらせる役回りじゃないような。