My Smoking Room

2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2004年05月30日(Sun)

阪神三連敗

誰かがミスして負けたり、手も足も出ないほどこてんぱんにやられたならともかく、全員がベストのプレイをしているのにあと一歩で負ける、っているのが続いて連敗なのはつらいなぁ。しかも首位陥落→連敗→貯金0のコンボっていうのもなぁ。

でもでも、先発がよくなって駒がそろってきたのはいい兆しといえるんじゃない? それにまだ負け越してるわけじゃないし、シーズンはまだ2/3も残ってるんだし。

でも、つらいなぁ。悲しいなぁ。

野球のない 国に行きたい 敗戦後 三日目頃に 帰りたくなり」

2004年05月23日(Sun)

ウマー

なぜか「カレー部」とかにいつの間にか入会していたりしまして。

昨日はその部会があるということで、お誘いにのって恵比寿の「TERAS」というお店に行って参りました。

お店の雰囲気は、路地を少し奥に入ったところにある、瀟洒なこじんまりとした、しかしそういった店にありがちな敷居の高さをあまり感じさせない気さくな感じ。何となくイメージ的には「南欧風」というか「地中海風」という感じの店構え。

メニューは何種類かありましたが、もちろんその場にいた全員が「ドライカレー」を注文。ドリンク付き\1050。(一部「サンバル飯」に惹かれていた人あり。)

このお店のドライカレーは、ほかのものとはおそらく全く違った料理と言っていいでしょう。まず、石焼き鍋に入って出てくる。つぎに、ライスの上には半熟のスクランブルドエッグ状の卵がかけられていて、その上にカレーペーストが乗っている。これを全体にかき混ぜていただくわけである。

かき混ぜ始めると、とたんにスパイスの香りが一斉に開くのが感じられる。熱せられた石鍋によって一気に加熱されることにより、ライスには程良い香ばしさが、スパイスにはより強い香りと味が加えられ、さらに卵がその全体をうまくとりまとめ、スパイスの香りを中に閉じこめてそのうまみをライスの一粒一粒にちょうどよくまとわせている。

食感が食べていく間に刻々と変化していくというのもユニークだ。最初は卵のゆるゆるとした、こくのあるスパイシーな「卵かけご飯」といった感じが、かき混ぜながら食べ進むにつれてカレーの主張が強くなり、熱が加わることによってライスはほろほろと一粒一粒がほどけていき、「カレーチャーハン」といった面もちになる。さらに「お焦げ」のような香ばしさが加わる。最初はやや量が多そうに感じたが、気がついたらぺろりと平らげてしまった。

付け合わせはキュウリの浅漬け、これもユニーク。さっぱりしていてなかなかよろし。

実に結構でした。感謝感謝。ごちそうさまでした。

適当なときに私のお気に入りの店も何軒か紹介したいところです。ただいつも今回ぐらいの人数が集まるとなると、それなりに大きな店じゃないと入りきれないですね。私がよく行くのは結構小さい店が多いのです。

2004年05月11日(Tue)

ぐぞ〜〜

落選……。_| ̄|○>陣来霧さん

猫(ひと)の不運の数と
幸運の数とは
死ぬときにゃ
同じなんだとよ

どんな猫(やつ)でもな

おめーの不幸(アンラッキー)は
そのうち とてつもない
幸運(ラッキー)になって
返ってくるってことよ

猫十字社小さなお茶会』より

…って、そんな引用句まで引いて自分を慰めるほどのことか??

だけど本気で悔しい。ぐぞう。

気になったひとこと

自処超然(自分の利害にはこだわるな)

処他藹然(ひとに接するときには穏やかであれ)

有事斬然(行動するときはきびきび動け)

無事澄然(普段は静かであれ)

得意澹然(うまくいっているときもおごり高ぶるな)

失意泰然(うまくいかないときもじたばたするな)

崔後渠

2004年05月08日(Sat)

そんなに…?

「バナナ:たくさん」て(笑)>陣来霧さん

競争率高いですか(笑)。

それにしても、出版社名が表記なしということは、自費出版か同人誌のたぐいでしょうか。そうなると現地以外では入手できない可能性高し…。

うーむ、ますます欲しい…。

もちろんネタとして。(笑)

2004年05月06日(Thu)

ネタのためなら。

バナナ写真集ください。>陣来霧さん

出来たら、書名と出版社名だけでも教えてください〜。

2004年05月02日(Sun)

いい年をして。

公選法違反容疑の事情聴取を受けているさなかに警察官に現金を渡そうとしたとして、山形県警鶴岡署などは1日、同県三川町議会議長の農業大滝助太郎容疑者(65)を贈賄(申し込み)の現行犯で逮捕した。

買収容疑で聴取中に警官に現金差し出す、町会議長逮捕

全く、いい年をしてちょっとは社会の常識というものをわきまえろと。脳味噌のどの辺を使えば、買収容疑の取り調べの最中に警官を買収しようなどという発想がでてくるのか聞いてみたいものだ。

こういうことを聞くと勘ぐりたくなるのだが、ひょっとしたらこの人はこれまでも何かことあるごとに金を渡してその場を取り繕ってきたのだろうか。ひょっとしたらその場にいた警官がたまたま「堅物」で事を荒立てたために事件になっただけで、これまでにも似たような状況で「穏便に」すまされた事件がいくつもあったのではないか?

もちろんこんなことは「下司の勘ぐり」にすぎないとは思うのだが。