よしなしごと このページをアンテナに追加

#2016/02/29 (Mon) そうだ、京都行こう 嵐山編

阪急嵐山→渡月橋→桜餅とおうす@琴きき茶屋天龍寺(世界遺産)→竹林の道→野宮神社→常寂光寺→落柿舎→手桶湯葉午前@嵯峨とうふ稲→嵐電嵐山駅

嵐山に到着したのがお昼前、昼食を食べてしまうと歩くのがしんどくなるので、まずは糖分補給と渡月橋のたもとにある茶屋で桜餅をいただく。桜餅には、道明寺タイプと長命寺タイプがあるけれど、ここのは道明寺タイプの亜種と言えばいいかな。ひとつは、道明寺餅(ほんのりと甘い)を塩漬け桜葉2枚ではさんだものと、同じく道明寺餅を上品なこしあんで包んだもの。前者は甘いお餅と桜の葉の塩味が絶妙のバランス、後者は嵐山をかたどっているのだとか。これはおすすめです。

天龍寺。すばらしい庭園、多宝殿前の紅白のしだれ梅がちょうど見頃でした。

竹林の道→野宮神社、とにかくアジア系の観光客の多い!野宮神社は、パワースポットか何かで紹介されているのかしら。狭いこともあって、とにかくヒトが多い。人力車とその客引きも多い。これほど賑わっていたら、かの光源氏もお忍びで逢い引きなんて絶対に無理でしょう。

野宮神社を過ぎると、急に観光客が少なくなり、歩いているのは地元のかたと、日本人と欧米人だけになりました。

常寂光時、藤原定家小倉百人一首を編纂した小倉山の山荘跡がある。今は、ただ「時雨亭跡」と刻まれた石碑が残るのみ。ここから京都市内が一望できます。定家が眺めた風景はどんなものだったでしょう。洛中から見れば、当時の嵐山は大田舎だったんだろうけど、桜や紅葉、渡月橋など、風光明媚で、貴族たちが別荘など建ててこの風景を楽しんだことが忍ばれるようでした。

時間がかかるのを承知で嵐電経由で帰る。単に嵐電に乗ってみたかっただけだけど、うたた寝をしてしまったので、風情もなにもわかるでなし。面目ないです。