活動メモ 2nd season このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-09-24 影響を受けた5冊

便乗してみるテスト

エンジニア」として影響を受けた本

いまさっき「この秋に読む!TOPエンジニアが刺激を受けた25冊」を読んでみました。

彼らがエンジニアとしてどんな本を読み、どんなことを考えてきたか、参考にしてみよう。

この秋に読む!TOPエンジニアが刺激を受けた25冊/Tech総研*

この秋に読む!TOPエンジニアが刺激を受けた25冊に便乗して僕も考えてみました。

いやなブログ: 便乗 5冊企画*

あ、なんか便乗されてる。ということで、みんなでオススメ書籍を晒そうキャンペーンです。

naoyaのはてなダイアリー - 刺激を受けた本5冊...プラスで技術本5冊*

私も便乗して、5冊、挙げてみます (^^; ついでに「Amazonギフト券欲しい!」(笑)

まず、1冊目。

Operating System Concepts

Operating System Concepts

上記は 7nd Edition。来年の6月には次の改定版が出るようです。

実際に私が読んだのは 2nd Edition だと思います。Multics (恐竜) を UNIX (哺乳類) が倒す絵(モノクロ)が表紙だったような記憶が。会社に入りたての頃、OS の勉強会(というか輪講)をやったときに使った教科書。みんなで分担して訳しながら、勉強。この本のおかげで OS の基本がわかった気がします。

2冊目。

Objective-C を作った人が書いた本で、ソフトウェアカプセル化と再利用についての思想、有効性を語った本。和訳もトッパンの関連会社(Addison-Wesley との合弁会社)から出てたけど、たぶん今は絶版(というか、会社がなくなってしまった)。この本を読んでも Objective-C についてはよくわからないまま、というのがミソ(笑)で、純粋にプログラムの部品化、カプセル化、再利用について言葉を変えつつ、熱く語られていました。オブジェクト指向(の思想)を理想ではなく、現実重視の立場から説明した本としては白眉

3冊目。

Life with UNIX―UNIXを愛するすべての人に

Life with UNIX―UNIXを愛するすべての人に

UNIX が生活の一部だった当時、そうそう、そうだよ、それそれ、という感じで、非常に同意しながら読んでた本。坂本文さんのファン必読の書(笑)

いまは UNIX をさわる時間がほとんどなくなってしまって、ちょっと寂しいです。

4冊目。

プログラミング言語AWK

プログラミング言語AWK

LightWeightなプログラミング言語の中でいちばんよく使っているのが awk。いまは perl とか普通に載ってるけど、昔は perl は自分で載せない限り、使えなかった。その点、awk ならデフォルトで載っかってるし、気軽に使える。sed と合わせて、非常にお世話になっています。

で、この本は、awk 大好きな人のためのバイブルawk の作者(a,w,k の3人)が書いた本としても注目。

5冊目。

シェルスクリプト(bourne shellcsh)を極めたい人必読の書。lex, yacc の(ちょっとした)勉強もできます。

和訳(UNIXプログラミング環境 (海外ブックス))も出てますが、今では入手困難。洋書の方が入手しやすいです。

この本を読んで、シェルスクリプトハッカーになったという人も多いんじゃないかな。

kshzsh 大好きな人にもお勧め。

2005 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2008 | 01 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 |
2011 | 01 |
最近のコメント

BlogPet研究本(同人誌)「こうさぎHACKS」の最新刊や Twitter本 をコミックマーケット78にて頒布予定。
現在、寄稿者募集中。BlogPetとか「ブログ妖精ココロ」とかで何か書きたい・描きたい人、大歓迎!!

なお、「こうさぎHACKS」のスペースは、2010年8月14日(夏コミ2日目)、東エ02b になりました。コミケに参加する方は、ぜひお立ち寄りください。