Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

最新作 : 『レディウム』――せつなく静かなラジウムの恋物語――第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募作品。

2016-06-23

tsutomyu2016-06-23

オレはゴクリと唾を飲み、スパッツに手を伸ばす

| 07:02

就職したばかりの頃、突然山に行くと言われ、オレは急いで用具を揃えた。

――リュック、登山靴、雨具、コンロ、ライトなどなど。

そして用具リストにある『スパッツ』を買い忘れたことに気付き、

慌ててサッカー用品店に駆け込んだ。


なんでこれ、登山に必要なんだろう?

疑問に思いながら、ピッチリとしたスポーツ用スパッツをズボンの下に穿く。

太ももが引き締められて、怪我防止に役立ちそうだがトイレで面倒くさい。

とても必需品とは思えなかったオレは、知り合いに訊ねて笑われた。


靴を覆うように足元に巻くもの――それが登山用スパッツだったのだ。

それ以来、オレはなんだかスパッツを敬遠するようになった。

実際、雨の日やぬかるんだ場所を登らなければスパッツは必要ない。

しかし最近、登山ガイドをめくるうちにオレは悩ましい文言を発見する。


富士山の下山時には、スパッツが小石よけとして役立つでしょう』


富士山――それは、日本人ならいつかは辿り着きたい天下の頂。

某所GW企画でも、富士山に纏わる神話をモチーフにしたばかりじゃないか。

――富士山周辺に伝わる、かぐや姫神話

カグライブ!〜三人の転入生〜』で描いた神話の舞台にオレも立ってみたい。


だからオレは、ドキドキしながら登山用具店でスパッツに手を伸ばす。

これを買ったら、クライマーに近づくんじゃないかと変な高揚感に包まれながら。

ちなみに、パンチラ防止用スパッツのストーリーも書いたことがある。

そちらの方には手を伸ばしたことはないが……



はてなダイアリー 今週のお題「雨の日グッズ」

f:id:tsutomyu:20160623204544j:image:w500

(プーマ)PUMA インナースパッツ 900403 02 ネイビー M

(プーマ)PUMA インナースパッツ 900403 02 ネイビー M

2016-06-16

オレのマナーは誰の心も温めない

| 06:43

数年前のことだった。

大好きなモノレールの先頭車両に乗ったオレは、愕然とする。

なぜなら、眺めのよい席が全部、兄弟と思われる子供達に占領されていたのだ。


大人だったらそれくらい我慢してやれよ――と誰もが思うだろう。

オレもそう思う。その子達が無邪気に景色を眺めていたのであれば。

なんと彼らは――全員ゲームに夢中で、景色なんて見向きもしなかった。


「ねぇ、お兄ちゃん。ゲームは止めておこうよ」

「なんで? いいとこなのに!?」

「だって、ほら、後ろのおっちゃんがすごく不機嫌な顔で睨んでるから……」

そんな会話でもあれば心温まるマナーの話だったのに、彼らはゲームに夢中のまま。


「ちょっと、貴女があの子達のお母さんですか?」

「はあ、そうですが……」

「しつけがなっていませんよ。あそこはゲームをする席ではありません」

なんて忠告しても、心温まるマナーの話にはならない。


だからオレは、ぐっと我慢する。

そして誓うのだ。モノレールの先頭に座ったら、心から景色を楽しもうと。

だってそれが、オレの精一杯のマナーだから。

誰の心も温めなくていい――そんな覚悟で、今日もオレは先頭車両に向かう。



はてなダイアリー 今週のお題特別編「心温まるマナーの話」

2016-06-09

マナが溶けて固まったら?

| 06:47

駅で見かけたマナの話を、昔ライトノベルに書いたことがある。

――『ミツメルト

二年前に行われた某所大夏祭り大会に投稿した作品だ。

タイトルとアイディアだけは良かったと思っているが、そのストーリーは――


学校に急ぐ男子高校生、和志は、駅の改札で女子高生、美南と正面衝突する。

にらみ合う二人。その視線がぶつかる場所に、突然赤い何かが出現した。

――怒メルト(どめると)

怒りの視線がぶつかるパワーで、大気中のマナが溶結したものなのだという。


マナとは、大気中に漂う生命力の源のようなもの。

そして、マナが溶けて固まったメルトは通常、人間には見ることができない。

メルトと共に現れた妖精トケル。そのどちらも見えるようになった和志。

トケルと一緒に学園生活を送るうちに、メルトについて知るのであった。


喜びの視線がぶつかってできるのが、黄色い喜メルト(きめると)。

悲しみの視線なら青の悲メルト(ひめると)。

そして妖精トケルの大好物は、金色の蜜メルト(みつめると)。

これを発生させるためには、愛の視線をぶつけなくてはいけない――


そんな心温まる?作品だったのに、成績は散々だった。

長編向きの作品を短編にぎゅっとまとめて、ラストが中途半端になったためだろう。

えっ? 今週のお題は『マナ』じゃなくて『マナー』だって?

今日の深夜から、ぷち夏企画が始まる。こんな状態で参加できるだろうか?



はてなダイアリー 今週のお題特別編「心温まるマナーの話」

2016-06-02

ハードディスクコンポと匂い

| 06:05

オレのマイベスト家電といえば、ハードディスクコンポだろう。

――ソニー『ネットジューク』

CDやMDの曲をハードディスクに保存して、ウォークマンに転送する。

曲を保存する際に、ネットから曲名を引用できてとても便利なのだ。


購入は十年くらい前。でも、すぐに買えたわけではない。

なぜなら、オレにとってネットジュークはすごく高価だったから。

お店で指を加えて見ているうちに安い中古品が出て、やっと買うことができた。

それ以降、枕元に置いて愛用している。


眠れない時は静かな曲を聞き、アゲたい時はノリの良い曲を流す。

好きな曲をハードディスクに保存して、自分なりの曲集を作る。

最初、ハードディスクファンからは前の持ち主の匂いがした。

今は、オレの匂いを蓄えた、生活必需品と化している。


最大の不安は、現在、ネットジュークは製造されていないこと。

壊れてしまって修理不能と言われたらどうしよう・・・

それにしても、なんでネットジュークは造られなくなってしまったのだろう?

最近の若者はネット動画で音楽を聴いてるから、必要なくなったのかもしれない。


オレのネットジュークのハードディスク容量は80GB。

買った時はすごいと思っていたのに、今やSDカード一枚に入ってしまう。

実際に使用しているのは三分の二くらいだから、あと五年は使える計算だ。

オレが先に死んだら、愛機が放つ匂いを家族は懐かしく思ってくれるだろうか?



はてなダイアリー 今週のお題「マイベスト家電」

2016-05-26

tsutomyu2016-05-26

想い出作りのための一足

| 07:45

双子の息子たちが高校に入学して、二ヶ月が経とうとしている。

長男は、希望の県立高校で部活に忙しい毎日。

一方次男は、失意の私立高校で課題に追われる毎日だ。

土曜も隔週で授業があって、帰宅部だから日曜は家でゲーム三昧だったりする。


このままではピンチだ!

オレの本能がそう叫ぶ。

部活とか学園祭とか、次男も青春っぽいものに没頭してもらわないと困るのだ。

そうでなきゃ、甘酸っぱい小説のネタがオレのところに転がり込んで来ない。


ということで、オレは考えた。

ネタが転がり込んで来ないのなら、こちらからネタ作りを手伝えばいい。

ひとことで言えば、オレの趣味に付き合ってもらおうということ。

どうせ暇なんだから、部活だと思ってもらえればいい。


オレにはやりたいことが沢山ある。

中でも健脚なうちにやっておきたいのが、百名山巡りだ。

特に登りたいのは、やはり富士山だろう。

過去に二回挑戦して、いずれも天候悪化でリタイアした苦い経験がある。


早速購入したのが、次男のためのトレッキングシューズ。

幸いにも、今週末からどこかの山に付き合ってくれるという。

趣味で本格的な山に行けるなんて、本当に久しぶりだ。

このニッキにも、爽やかな山岳写真を飾れる日がやって来るに違いない。



はてなダイアリー 今週のお題「わたしの一足」

f:id:tsutomyu:20160526074038j:image:w500

nikkokisugenikkokisuge 2016/05/27 10:44 山岳日記楽しみにしています!

tsutomyutsutomyu 2016/06/01 06:19 先週末、次男とハイキングに行ってきました。
久しぶりの山で、とても気持ち良かったです(そのうち、写真を載せます!)
夏になったらテント泊もしてみたいと計画しています。