Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

最新作 : 『レディウム』――せつなく静かなラジウムの恋物語――第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募作品。

2016-05-26

tsutomyu2016-05-26

想い出作りのための一足

| 07:45

双子の息子たちが高校に入学して、二ヶ月が経とうとしている。

長男は、希望の県立高校で部活に忙しい毎日。

一方次男は、失意の私立高校で課題に追われる毎日だ。

土曜も隔週で授業があって、帰宅部だから日曜は家でゲーム三昧だったりする。


このままではピンチだ!

オレの本能がそう叫ぶ。

部活とか学園祭とか、次男も青春っぽいものに没頭してもらわないと困るのだ。

そうでなきゃ、甘酸っぱい小説のネタがオレのところに転がり込んで来ない。


ということで、オレは考えた。

ネタが転がり込んで来ないのなら、こちらからネタ作りを手伝えばいい。

ひとことで言えば、オレの趣味に付き合ってもらおうということ。

どうせ暇なんだから、部活だと思ってもらえればいい。


オレにはやりたいことが沢山ある。

中でも健脚なうちにやっておきたいのが、百名山巡りだ。

特に登りたいのは、やはり富士山だろう。

過去に二回挑戦して、いずれも天候悪化でリタイアした苦い経験がある。


早速購入したのが、次男のためのトレッキングシューズ。

幸いにも、今週末からどこかの山に付き合ってくれるという。

趣味で本格的な山に行けるなんて、本当に久しぶりだ。

このニッキにも、爽やかな山岳写真を飾れる日がやって来るに違いない。



はてなダイアリー 今週のお題「わたしの一足」

f:id:tsutomyu:20160526074038j:image:w500

nikkokisugenikkokisuge 2016/05/27 10:44 山岳日記楽しみにしています!

2016-05-19

tsutomyu2016-05-19

栗花の香りに誘われて

| 08:05

「うわっ、なんだ? この匂い! まるでセイシの匂いじゃないかっ!?」

この町に引っ越してきたはかりのオレは、すごい衝撃を受けた。

町中に植えられている栗の木が、初夏になると一斉に花粉を飛ばし始める。

その香りはまさに、精子の匂いそのものなのだ。


その時の衝撃を、昨年ライトノベルに書いてみた。

タイトルは『彼女とマロンとスクワレル』。

栗の木が唯一の友達というヒロインと、栗の木なんて知らない転入生との物語。

『彼女は栗で救われる』という内容を、ライトノベル風のタイトルにした。


栗好きのヒロインという設定だから、栗のことを勉強しなくてはならない。

ネットで栗のページを開くと、知らなかったことが次々に飛び込んでくる。

ミクリやポロタンなど、栗の実にはいろいろな種類があることや、

同じ品種同士の受粉では結実しにくい、自家不結実性という特徴などなど。


セイシに関連して、自家発電についても勉強した。

どれくらいのソーラーがあれば、スーパー女子高生っぽい小遣いが得られるのか?

今年は電力小売市場が自由化されたので、なかなかタイムリーな内容になった。

実際、オレんちの周りではどんどんメガソーラーが建設されている。


そんな渾身の作品を掲げて、オレは昨年のGW企画に参加した。

結果は、五十八作品中、二十六位。半分よりもちょい上というところ。

栗やソーラーに夢中になって、ヒロインの設定を疎かにしてしまったのが敗因だ。

相変わらず同じような失敗を繰り返すオレに、はたして勝機はあるのだろうか?



はてなダイアリー 今週のお題「植物大好き」

f:id:tsutomyu:20150607171933j:image:w500

nikkokisugenikkokisuge 2016/05/19 12:03 「栗の花」は季語でして詠みました
女老い栗の花の香事もなし

tsutomyutsutomyu 2016/05/19 21:27 自分も一句、詠んでみました。
『栗の花 香る息子の パンツ干す』
さて、今度のお題『わたしの一足』で、お年頃の息子達の話でも書いてみますかね(笑)

2016-05-12

ゴールデンウィークの戦績

| 07:17

2016年ゴールデンウィークのオレの戦績は、以下の通りだ。

カグライブ!〜三人の転入生〜』、GW企画:参加14作品中、6位。

気体状の学校』、500文字の心臓:21作品中、正選3評、逆選2評。

神のぞみ知る』、闘掌’16春:30作品くらい中20位くらい。


総じてボチボチなところは相変わらず。

以下に、手応えと反省点を挙げておこう。


カグライブ!〜三人の転入生〜

カクヨム祭りに参加せずに頑張って書いたが、参加人数が少なすぎてがっかり。

GW企画なのに、4月13日が投稿締切だったのが原因に間違いない。

作品は、尻切れトンボになったのが敗因。書き直してカクヨムに投稿しよう。


気体状の学校

とにかく難しいお題で、スプレーという小道具で乗り切れたのは良かった。

自分が正選評を投じた、先生も生徒もすべて気体の学校と、

正選王に輝いた、気体の分子式でSCHOOLを構成する作品は素晴らしかった。


神のぞみ知る

このタイトルを提示したかった作品。他の参加者との実力差を思い知らされることに。

まあ、出来の良し悪しよりも、闘掌というお祭りに参加できて楽しかった。

やっぱりお祭りは日程よりも参加人数が大事。それがよく分かる出来事だった。



はてなダイアリー 今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

2016-05-05

レスターとなでしこ

| 06:37

今年のGWは、五月三日に大ニュースが飛び込んできた。

岡崎慎司所属のレスターシティFCが、プレミアリーグ初優勝を果たしたのだ。

――世紀の大番狂わせ

ブックメーカーオッズを引き合いに、マスコミはこの優勝を大きく報じた。


オレも興味があったので、最近の五試合はテレビ観戦していた。

様々なキャラの選手がいて、それぞれの特長を最大限に活かしている。

その姿を見てオレは思い出した。W杯で優勝した時のなでしこジャパンを。

あの時のメンバーも、誰一人としてキャラが被らない個性的なチームだった。


レスターでの岡崎の役割は、前線で走り回ることによるチャンスの演出だ。

五年前のなでしこでは、安藤梢がその役を演じていた。

相手ディフェンダーを疲れさせ、ラインを押し下げてスペースを作り出す。

今年の五輪予選では、この役をこなす選手がいなかったような気もする。


澤の代わりを宮間ができず、宮間の代わりを澤ができないように、

バーディーの代わりを岡崎はできず、岡崎の代わりをバーディーはできない。

雑誌の記事を読むと、それを全員が知ってるからレスターは強いのだという。

選手の年齢とCL参加による過密日程が、来シーズンの敵かもしれない。


オレも、今年のGWはいろいろな戦いに参加した。

500文字某所GW企画、そしてゲリラ的掌編競作企画『闘掌』だ。

GW企画は今朝に結果発表予定だったが、サーバー不調で二日後に延期になった。

闘掌はGW企画の倍以上の作品が集まったが、強者揃いで実力差が浮き彫りに

とても悔しいが、自分にできる仕事をしたと自負を持って結果を見守ろう。



はてなダイアリー 今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

2016-04-28

生きてる証・・・かな?

| 07:48

昔、はてな遺言の提案をしたことがあった。

ブログをはじめたきっかけ」のお題の時だ。

こまめに書かれているブログの更新が止まると、しばらくして家族に連絡してくれる。

そんなサービスがあったらいいなぁと、今でも思っている。


つまり、生きている証としての実績作り。

それが、オレがブログを書き続けている理由だったりする。

もちろん、純粋な日記としての意味合いもある。

最近は、自作の宣伝もしちゃってるけど。


しかし現在、その自作の宣伝が出来ないイベントが進行中だ。

某所GW企画。作者名を伏せた競作企画だから、自作をバラすと失格になる。

どんな作品を書いたのか言いたくても、決してしゃべってはいけない。

というか、参加しているかどうかも秘密だったりする。


今朝0時には、どんな感想が寄せられているのか明かになった

相変わらずの厳しいコメントに泣きそうになる。今回もダメダメだ。

いやいや、オレは今回、参加していなかったんじゃなかったっけ?

感情がぐちゃぐちゃにかき乱される企画は、やっぱりやめられない。



はてなダイアリー 今週のお題「私がブログを書く理由」