Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

最新作 : 『レディウム』――せつなく静かなラジウムの恋物語――第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募作品。

2017-01-12

今週のお題:雲取山は2017m

| 07:56

今週のお題2017年にやりたいこと』について、先週は日食観察のことを書いた。

まあ、これはアメリカでのことなので、国内でやりたいことを考えてみる。

となると、やっぱり雲取山登山だろう。

百名山ということもあるが、2017mという標高が今年に相応しい。


東京都埼玉県山梨県境界に位置する雲取山

ガイドブックを見ると、日帰りがキツいほど奥地にあるらしい。

さすがは東京都の最高峰だ。

一泊二日の登山旅行。これもなんだか楽しそうだ。


昨年は次男と登山にガンガン行こうと決意し、結局、百名山二座に留まった。

きっと最初の目標が大きすぎたのだろう。

今年は一歩、また一歩を心掛けたいと思う。

春になって暖かくなったら、まずは雲取山を目指してみよう。


さて、今週末まで開催の冬企画『小さな異能』は佳境を迎えている。

まだ四作品しか感想を書いていないから頑張らなくちゃ。

結果発表は日曜日の深夜。

どんな『小さな異能』が優勝するだろう?



はてなダイアリー 今週のお題「2017年にやりたいこと」

2017-01-05

今週のお題:日食ツアーに行きたいけど・・・

| 07:55

今週のお題は『2017年にやりたいこと』とのこと。

オレにとっては「ついに2017年になったか!」という感じ。

だって今年は、夏休みに皆既日食が起きる年だから。


場所はアメリカ合衆国。現地時間8月21日。

オレゴン州からサウスカロライナ州にかけての帯状の地域で見ることができる。

このニッキでも何回か取り上げた。『海外旅行』や『もしも100万円』の時に。

そして昨年秋から、大手旅行会社でもツアーの販売を始めたのだ。


「一人50万円!?」

金額を見て、オレは驚いた。

さすがはアメリカ上海のようには安くない。

30万円代のも出てきたが弾丸ツアーだ。


ということで、最近はかつての決心が揺るぎ始めている。

子供の学費がかかるこの時期に、こんなにお金を使ってもいいものかと。

安い弾丸ツアーだと、長時間の移動と時差ボケに悩まされるだけかもしれない。

それならば、家族全員で旅行に行った方がマシかもしれね・・・


はてさて、今年の日食ツアー参加はどうなることやら。

ところで、年末から某所冬企画が始まっている。

テーマは『小さな異能』。

異能のアイディアが面白い作品が多く、読むのが楽しい企画になっている。



はてなダイアリー 今週のお題「2017年にやりたいこと」

2016-12-28

今週のお題:あの映画の作品評に強く同感

| 06:23

アニメ映画この世界の片隅に』を観た時、心に強く何かを感じた。

感動とは違う、何かを。

それが上手く説明できなくて、良い記事はないかとネットを捜し回った。

物書きとしては失格だが、オレにそれだけ渇望させる映画だった。


あの感覚は感動ではない。もっと何か、強いものなんだ。

やっとのことで見つけたのが、小野寺系氏の作品評だった。

――『この世界の片隅に』が観客の心を揺さぶる理由

痒いところに手が届くような分析、しかもネタバレしないよう配慮されている。


オレが感じたことのツボは、この作品評に的確に書かれている。

仕組まれた前半と後半の落差、玉音放送でのヒロインの怒り。

戦時中の話だというのに、ついこの間、自分が体験したような感じがする。

その手法は、片渕監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』に共通するという。


この作品評をきっかけに、久しぶりにマイマイ新子を観た。

山口県出身のオレにとって、故郷の風景や言葉が溢れるこの作品は特別だ。

新子役の福田麻由子は、地元出身と思ってしまうくらい山口弁が上手かった。

すず役ののんに同様の感情を抱いた方のブログがあったら、ぜひ読んでみたい。



はてなダイアリー 今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

2016-12-22

今週のお題:やっぱ「保育園落ちた」かな

| 06:43

私のブログ・ネット大賞2016は、やっぱり『保育園落ちた日本死ね!!!』だろう。

今年の新語・流行語大賞トップテンに選ばれた、あの投稿だ。

最初にあの投稿を見た瞬間、オレはものすごい衝撃を受けた。

だって、そのブログは、慣れ親しんだ『はてな』だったから。


このニッキだって、『はてな』だよ。

もしかして、内容によっては、ここも流行語大賞に選ばれちゃたりする?

そんな夢を、一瞬だけ見た。

まあオレには、あんな過激な口調を使う勇気なんて無いからダメダメなんだけど。


確かに公立保育所と民間の保育園では、かかる費用がぜんぜん違う。

ウチの双子も、公立入所前の数ヵ月間、民間に預けて月二十万もかかった。

公立落ちたら、二人目なんて経済的にムリムリ。少なくともオレんちはそうだ。

そういうことの積み重ねが、少子化に繋がっているのは間違いないと思う。


それにしても、はてラボは楽しいね。遊び心があるから『はてな』は好きなんだ。

昔、『はてなボトル』とかやってたなぁ・・・

今回は『はてな匿名ダイアリー』が注目されたけど、次はなんだろう?

個人的には、『はてな遺言』の完成を待ち望んでいる。



はてなダイアリー 今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

保育園落ちたの私だとは編集

  • はてな匿名ダイアリーに2016年2月15日に投稿された「保育園落ちた日本死ね!!! 」(http://anond.hatelabo.jp/20160215171759http://anond.hatelabo.jp/20160215171759)をきっかけにした、保育園行政の改善を求めるデモなどで使われるフレーズ。 続きを読む
  • このキーワードを含むブログを見る

日本死ねとは編集

2016-12-15

かぐやと神話本

今週のお題:『かぐや姫と王権神話』

| 08:28

小説のネタを思いつくと、それについて勉強する。

競作企画に出す作品であれば、それはそれは必死に勉強する。

間違ったことを書くと即座に突っ込まれ、結果が出るまで修正できないから。

基本的にはネットで調べて、最後はやっぱり本に頼る。


去年はフィギュアスケートを題材に、『くるりのアクセル』という作品を書いた。

――本番直前に左膝を痛めたら、どんなジャンプが跳べるのだろうか?

全日本ジュニアも観に行って、会場の雰囲気や選手の様子も感じて来た。

おかげでテレビを観ても、六種類のジャンプが大体分かるようになった。


今年は、かぐや姫神話について勉強した。

GW企画のテーマが「神話のキャラクター」だったからだ。

カグライブ!〜三人の転入生

家具造りコンテストに出場する女の子たちと主人公の奮闘?を描いた。


かぐやの正体はいったい何なのか?

その時に参考にしたのが、この本『かぐや姫王権神話』だ。

平安初期成立の『竹取物語』は、大和王権エピソードが元と言われている。

そしてかぐやの名の由来は、日本古来の火山神話まで遡るかもしれないのだ。


結果は、いつものように参加作品の半分くらいの順位。

優勝したのは、ギリシャ神話のメドゥーサを扱ったコメディだった。

年末には冬企画、テーマ「小さな異能」が始まる。

さて、今度は何について勉強してみようかな・・・



はてなダイアリー 今週のお題特別編「今年、買ってよかった物」

f:id:tsutomyu:20161215083412j:image:w500