Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

最新作 : 『レディウム』――せつなく静かなラジウムの恋物語――第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募作品。

2016-08-25

商店街

今週のお題:古き良き日本の風景

| 08:33

この夏、とある町を訪問する機会があった。

――江戸時代の古い町並みが残る城下町

久しぶりに訪れたこの町には、外国人観光客が溢れていた。

お目当ては、古き良き日本の風景だ。


古都の風情を守るため、町に高いビルは少ない。

もちろん、大型ショッピングセンターも町中には無い。

では、町の人はどこで買い物をしているか?

それは、町の中のアーケード街だった。


本屋、八百屋、衣料店。

電気屋だって、ちゃんと営業している。

薬屋、メガネ屋、喫茶店。

外国人はほとんどいない、日本人が買い物をする懐かしい町並み。


――アーケード街。

他の町に行っても、シャッター街化してしまってほとんど見ることができない。

それが、この町ではちゃんと生きている。

これこそ古き良き日本ではないかと、オレは思う。


この町はラーメンも美味い。

それも、昔ながらの中華そばだ。

とあるアニメの舞台にもなったこの町。

数年後にも、また訪れてみたい。



はてなダイアリー 今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

f:id:tsutomyu:20160825083313j:image:w500

2016-08-18

今週のお題:やっぱゴジラ?

| 07:04

今週のお題は、二週続けて「映画の夏」とのこと。

夏で連想する映画については、先週書いた

ということで、今度は今夏の映画について書いてみる。


とは言っても、今夏見たのは「シン・ゴジラ」と「ファインディング・ドリー」だけ。

このお題、オレにとっては時期がなかなか微妙。

なぜなら、見たい映画の公開はこれからだから。

ゴースト・バスターズ」は明日からだし、「君の名は。」は今月末、

ジブリの「レッドタートル」は来月からだ。


今夏の映画の感想も、なかなか微妙。

シン・ゴジラ」は何を書いてもネタバレになっちゃうし、

ファインディング・ドリー」は途中で寝ちゃってラストがよくわからない。

確実に言えるのは、「シン・ゴジラ」はもう一回映画館で見たい、ということ。


それよりもピンチなのは、来週末から始まる某所夏企画

テーマが「鼻血」って、どんなストーリーを書けばいいんだろう?

まあ、間に合わなかったら他の方の作品を楽しめばいい。

参加者がどんな作品を出してくるのか、そちらの方が興味津々だ。



はてなダイアリー 今週のお題「映画の夏」

2016-08-11

サマーウォーズフィルム

今週のお題:サマーと言えばウォーズ?

| 06:17

今週のお題は、「映画の夏」とのこと。

「〇〇の夏」だから、夏について書かなくちゃいけないような気がする。

夏と言えばサマー。サマーと言ったらウォーズ?

ということで、映画『サマーウォーズ』について書いてみる。


サマーウォーズ』は、二〇〇九年に公開された押田守監督のアニメ映画だ。

真田氏ゆかりの上田が舞台で、由緒ある旧家が巻き込まれるトラブル。

いや、それは旧家だけの問題ではなかった。

ちっぽけに見えた災難が瞬く間に世界に拡散する。オレの背筋は凍りついた。


これは映画の中だけの話ではない。

その証拠に、似たような事例が最近起きていた。

――某OSのお節介アップデート

単一のシステムに支配される世界の怖さを、まるで映画のように体感した。


某OS管理者に、悪意はなかったのだろう。

ただちょっと強引で、しつこかっただけ。

それなのに世の中はこんなにも混乱した。

もし悪意があったら? と思うとぞっとする。


ナビや自動運転など、安全を司る中枢にどんどんとシステムが入り込んでくる。

サマーウォーズで描かれた危機が、現実になる日も近いかもしれない。

そんな時オレには何ができるのか? えっ、最新OSに頼らなければいいって?

ますますガラケーを手放せなくなってしまうじゃないか・・・



はてなダイアリー 今週のお題「映画の夏」

f:id:tsutomyu:20160810214536j:image:w500

2016-08-04

今週のお題:一度でいいからアニメ化されてみたい

| 06:43

今週のお題は、Netflixドラマ「火花」を見ないと書けないかと思いきや、

見なくても書けるお助けお題があるらしい。

――「夢と挫折」

優秀作品へのプレゼントが、Netflix無料お試し券らしいけど。


オレの夢は、自分の書いた小説やアイディアがアニメ化されること。

そう思いながら、六年前からライトノベルを書き続けてきた。

そして、とっておきのアイディアを今年、カクヨムで発表する。

が、読者選考にも残れず、まだまだ実力不足であることを痛感。


でも、そうなることは予見できていた。

だって、某所の企画でぶっちぎりの優勝ってしたことないから。

そんな作品でなくちゃ、アニメ化なんて無理だと思う。

優勝どころか、三位以内にも入ったことがないのは、ある意味挫折だろう。


一つ救われているのは、アイディアはどんどんと湧いてくること。

カクヨム作品を書いていた時は、これ以上のアイディアはないと思っていたのに。

だから、下手くそでも創作活動を続けていこうと思っている。

さて、八月末から始まる鼻血企画では、どんなアイディアが出てくるかな・・・



はてなダイアリー Netflix火花お題「夢と挫折」

2016-07-28

今週のお題:映画もすでに時代遅れ?

| 07:11

今週のお題は、Netflixオリジナルドラマ「火花」キャンペーンとのこと。

そういえば最近、テレビのCMで「火花」の映像が流れていたような・・・

それって映画のことだと思っていたけど、オリジナルドラマだったんだ。

というか、Netflixって・・・何?


調べてみると、アメリカのオンラインDVDレンタル&映像配信会社らしい。

その会社がスポンサーになって、「火花」を映像化したということなのだろう。

つまり、そのオリジナルドラマを見ないと今週のお題は書けないということ?

はてなダイアリー日記の件といい、今週のお題のハードル上昇が止まらない。


Netflixと似たサービスとして、オレはすでにTSUTAYADISCASに加入している。

さらに二ヶ月前、レスターの試合が見たくてスカパーと契約したばかりだ。

もうこれ以上、新たなサービスを楽しむ余裕はない。

時間的にも、経済的にもだ。


そういえば、最近の若者はほとんどテレビを見ないらしい。

その理由は、「スイッチを入れた時に、いつも番組の途中だから」という。

今回の「火花」は、そんな時代を反映した公開方法なのだろう。

映画だったら見に行ったのに、と思ってしまうオレは時代遅れなんだろうな。


(追記7/28:ネットで調べてみると、吉本興業などもスポンサーらしい)



はてなダイアリー 今週のお題特別編「Netflixオリジナルドラマ「火花」キャンペーン」