Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

『カップうどんが消えた日』――この五分が経過したら、カップうどんとサヨナラなのか……――LisPon×カクヨム “最後の5分間” 小説×朗読コラボレーション・コンテスト参加作品。

2006-10-16

雨の高原にて

カーテンを開けると外は土砂降りだった。

せっかくの高原旅行というのに残念だ。

湖でのボート乗り、滝までの森林浴。

想い描いていた楽しみが、すべてパーになった。

雨でも楽しめる屋内施設は、周辺には2ヶ所しかない。


「おもちゃ王国と温泉、どっちがいい?」

温泉!」

間髪を入れずに娘が答える。

よくぞ言った。それでこそ我が娘だ。

温泉がいい人、手を上げて。ハーイ!」

「ハーイ」

息子も元気に手を上げる。

子供会議は満場一致だったようだ。


娘の選択には、ちゃんと理由がある。

幼少の頃からの温泉英才教育が、実を結んだのだ。

娘と父親。この二人が一緒に風呂に入れる期間は短い。

せいぜい10年といったところだろうか。

だから、このわずかな時間を決して無駄にしてはならぬ。

まずは休日のたびに付近の温泉に連れて行き、

風呂に慣れ親しむことから始まった。


小学校に入学してからは、温泉のすばらしさを説いた。

温泉とは、地面からお湯が湧いているところ。

その上に湯船が作られているのが、本物の露天風呂だ。

そんな温泉に父娘で入れるのも、あと数年しか残されていない。

お金をかけて、本物の露天風呂を探し歩くうちに、

娘はすっかり温泉好きになってしまった。

そもそも、世界を見回しても露天風呂がある国は少ない。

たとえあっても、裸で入浴する国は日本くらいなものだ。

国によっては、親子で入浴しているだけで、

虐待として逮捕される場合もあるらしい。

日本に生まれたことを、心から感謝しなければならない。


「あー、高原の温泉は気持ちいいなあ・・・」

今回は息子と入浴する。娘は妻と女風呂だ。

「なあ、そう思うだろ?」

「おもちゃ王国ぅ・・・」

「なんだ、本当はおもちゃ王国に行きたかったのか!?」

「うん」

息子よ、お前はおネエちゃんの提案に逆らえなかったのだな。

そういえば、コイツの教育はまだだった。

まあ、いいか。息子とはずっと一緒に入浴できる。

これからじっくりと教えていくとするか・・・



へちま亭文章塾 第12回お題「よくぞ日本に生まれけり」投稿作品