Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

『カップうどんが消えた日』――この五分が経過したら、カップうどんとサヨナラなのか……――LisPon×カクヨム “最後の5分間” 小説×朗読コラボレーション・コンテスト参加作品。

2014-12-31

意味のない女とさようなら

| 23:23

来年の二月にまた、某所で競作企画が開催される。

『二〇一五年バレンタイン企画』

いくつかあるお題から三つを選び、その言葉を入れ込んだ作品を投稿する。

寄せられた感想に付けられた点数で、順位を決めるお祭りだ。


オレは今年、このサイトの企画に二回参加した。

が、いずれも惨敗。

――三人目の登場人物の存在意味がわからない。

寄せられた感想の中で、二回の企画に共通した指摘はこんな内容だった。


ひとことで言えば、すべての人物を魅力的に描けていないということだ。

主人公とヒロインを頑張っても、どうしても三人目は物語に流されてしまう。

――登場人物には、それぞれその人なりの人生がある。

そう指摘されて、プロットの大切さを再認識した。


来年は、作品を書く前に登場人物一人一人の人生を深く考えよう。

どんな家庭で生まれて、どんな幼少期を過ごし、どんな悩みを持っているのか。

「私って、存在にちゃんと意味があったのね」

多くの読者にそう思ってもらえれば、結果は自然とついてくるに違いない。


今年も残りわずか。

来年は、何かしら手応えを掴み取れる年にしたい。



はてなダイアリー 今週のお題「2014年のお別れ」

2014-12-25

彼女の可能性にさようなら

| 07:10

「えっ、赤ちゃん産めなくなっちゃうの?」

子犬の去勢手術に際して、子供達が質問を投げ掛ける。

「何匹も赤ちゃんが産まれちゃったら、育てられないでしょ?」

説明するかみさんの言葉を聞きながら、オレは複雑な気持ちを抱いていた。


彼女だって、子犬が産みたいに違いない。

子孫を残すことは、生命として彼女が親犬から引き継いだ本能だから。

それを人間達の都合で断ち切ってしまう。

オレにそんな権限があるのだろうか?


かといって、子犬が産まれたら、何匹かは引き取り手が無くて困るだろう。

最悪、処分せざるを得なくなるかもしれない。

産まれる可能性を摘むか、生まれた新たな命を摘むか・・・

前者を選ぶことを前提に子犬を買ったことを、オレは思い出していた。


「これが取り出した子宮と卵巣です」

手術後の動物病院で、オレは現実を突きつけられる。

これで完全に、彼女の妊娠の可能性は排除された。

また妊娠できる簡単な処置かも――オレはなんて甘い考えを持っていたのだろう。


「赤ちゃん、見たかったなあ・・・」

動物病院から帰ってきた子犬を見て、子供達がつぶやく。

今年お別れした彼女の可能性を、子供達も心に刻み付けたことだろう。

その想いが、最期まで育てる責任に昇華するよう、ゆっくりと語り合う年末にしたい。



はてなダイアリー 今週のお題「2014年のお別れ」

2014-12-18

やっと見つけた、8連ハンガー

| 06:23

今年いろいろ探して、やっとのことで手に入れたものがある。

――レック社製、折りたたみ8連ハンガー

オールプラスチック製の柔らかさが使いやすく、とても気に入っていた。

たたまない男』のオレにとって、ハンガーは重要な商売道具だ。


しかし、このオールプラスチック製が仇に。

ワイヤー部分もプラスチックなので、すぐに切れてしまうのだ。

しかしオレは挫けない。

ロープで補修して頑張って使っていたが、ついに限界が来てしまった。


よし、新しいのを買おう!

実はこのハンガー、少し離れたホームセンターで買ったものだった。

なんとか用事を作って、遠出をしてみる。

心を踊らせ洗濯コーナーを覗いてみると――そこに意中のハンガーは無かった。


品揃えが変わってしまったんだ。

同じホームセンターの別の店舗に行っても、あのハンガーは置いていない。

当然、近所の別のホームセンターでも見かけることはなかった。

途方に暮れたオレは、壊れたハンガーに型番が刻まれていることに気付く。


そうだ、ネットで検索してみよう。

すると――おおお、出てきたよ、探し求めていたあのハンガーが!

さすがはインターネット時代。というか、最初からこうすればよかった。

オレは嬉しくなって、ハンガーを二個も注文した。


あれから二ヶ月。

やっぱり、あのハンガーは使いやすい。

それにしても、さすがはネット通販。品揃えで敵うものはないだろう。

そんな風にリアル店舗を見下しながら近所の雑貨屋を覗いてみたら・・・


えっ、あるじゃん。あのハンガーが。

しかも、ネットの七割くらいの値段で売っている。

確かに、あのハンガーは今年買ってよかったものなんだけど・・・

なんだか複雑な気持ちに包まれた年末の夕暮れだった。


レック 折りたたみ 8連ハンガー (洗濯ハンガー)

レック 折りたたみ 8連ハンガー (洗濯ハンガー)



はてなダイアリー 今週のお題「今年買ってよかったもの」

tsutomyutsutomyu 2014/12/18 07:40 えっ、今はネットでも、七割の値段で売ってる・・・

nikkokisugenikkokisuge 2014/12/18 10:51 ホームセンターを3店回ったんですもの、ネットで見つけたら
そのうれしさに即買いしちゃいますよね。
まぁ今度壊れたときには、近所の雑貨屋さんってことで。

tsutomyutsutomyu 2014/12/20 08:35 さんざん探したので、本当に嬉しかったです。
このハンガー、本当に使いやすいですョ

2014-12-11

それ言っちゃダメでしょ

| 08:07

そうだ、今年中、いや今週中にやらなければいけないことがまだあった。

それは、ベ×ッセに葉書を出すこと。

子供達の個人情報流出に対するお詫びの粗品を、いただくのだ。


先日、テレビのワイドショーで『今年のワースト謝罪会見』をやっていた。

その中に含まれていたのが、この個人情報流出に関する最初の会見だった。

――個人補償は考えていない。

そんな趣旨の発言が、ノミネートの要因になったらしい。


あんなこと、言わなきゃいいのに。

ワースト謝罪会見に対して共通するのは、そんな感情だ。

でも自分だったら失敗しないか、と言われたら自信はないけど。


この個人情報流出については、八月にこの日記に書いた

事件発覚直前に退会していた次男には、謝罪の手紙が来なかったからだ。

今回の個人補償については――ちゃんと次男にも手紙が届いた。

やっと誠意が見えたというか、状況をより正確に把握してくれたというか・・・


「やったー! 図書券が来たら、あのマンガの最新刊を買おう!」

予定外の臨時収入に、子供達は胸を踊らせる。

おいおい、引き換えにしたものの大きさをよく考えてから買えよ。

たとえ今年買ってよかったと言えるものでも、割りが合わないかもしれないんだから。



はてなダイアリー 今週のお題「今年買ってよかったもの」

2014-12-03

反おせち同盟の逆襲

| 07:36

そうだ、年内にやっておかなくちゃいけないことがあった。

それは、おせちの注文。

コンビニに置いてあるパンフレットの中から、美味しそうな二段重を頼むのだ。

そうすれば大晦日、最寄りのコンビニおせちを届けてくれる。


発端は去年の正月。

もう、不味いおせちは食べたくないと、オレ達『反おせち同盟』が蜂起した。

不味いならお前達が作れと言う推進派の牙城を、購入という手で崩したのだ。

おせち同盟に息子達が加わって、一大勢力に成長していたことも勝因だった。


おせちって、こんなに美味いものだったの!?」

家族で一番グルメの娘が、コンビニおせちに舌鼓を打つ。

そんな去年の出来事で、我が家のおせち事情は一変した。

おせちは毎年、コンビニで買うことになったのだ。


そういえば、七年くらい前にも似たようなことがあった。

山口県生まれで粒うにが大好きな母。

その影響でウニは不味いものと思い込んでいたオレは、生ウニの美味さに驚愕する。

実は自分の知らない美味が沢山あるのでは――オレは自らの食体験を疑い始めた。


例えば、カツオのたたき。

高知で食べたカツオのたたきは本当に美味しかった。

今までオレが食べてきたものは何だったのだろうと思うくらい。

だから、おせちの購入についても一切疑いは持たなかった。


さあ、今年はどんなおせちを注文しよう。

オレが持ち帰ったパンフレットを、娘も目を輝かせて眺めている。

今まで憂鬱だった正月が、こんな些細な改革で楽しみに変わるとは。

おせち同盟の逆襲は、おせち以外にも広がるに違いない。



はてなダイアリー 今週のお題「年内にやっておきたいこと」

nikkokisugenikkokisuge 2014/12/04 19:46 はい、私もおせちはお取り寄せ派を貫いています。
あの沢山のページから、金額に合う見た目も美味しげなおせちをチョイスする苦悶なる数日間、いや数週間の喜びは、、、、変えられません。

tsutomyutsutomyu 2014/12/05 08:02 今のところ、コンビニおせちしか考えていないので、選択肢が少なく、悩むことはあまりありません。
コンビニ以外で取り寄せするとなると・・・、大変そうですね。