Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

『上を向いて登ろう』――これが山おっさんの週末ファンタジー――カドカワBOOKS×カクヨム“日帰りファンタジー”短編コンテスト参加作品。

2015-12-31

双子はライバル

| 08:05

今年最後のお題は、マイベストエントリーとのこと。

ということで、今年書いたニッキを全部見直してみる。

その中で一番笑ったのは、双子の息子達のエピソード

今年、一月二十二日のニッキの一部を引用してみる。


「I'veの意味が分からなくて聞いたら、こいつ何て言ったと思う?」

ほお、英語の現在完了形か。日本語にはない表現だから難しいよな。

「I loveの略じゃね? って言ったんだよ」

ぷぷっ、とオレは吹き出した。


なんでも長男はそれを真に受けてしまったそうだ。

そして塾で「サッカーを続けています」を「愛しています」と訳したという。

「人の言うことを簡単に信じるなよ」と長男を叱りつつ、

グッジョブ!」と次男に親指を立てる。


いやいや、これには笑ったなぁ〜

双子はお互いのレベルが一緒で、ガチのライバルだから面白い。

来年もきっと、色々とやらかしてくれるに違いない。

小説やニッキのネタにしようと、オレは手ぐすねを引いて待っている。


オレにとって今年最大の出来事は、某所秋企画で四位になったことだろう。

これは、十月二十八日のニッキに書いた。

あと、超短篇タイトル競作での一回の正選王と二回の逆選王

なんか今年がピークで後は下り坂を予感させるくらい、ハッピーな年だった。


――本当にこれから下り坂なのか?

現在行われている某所冬企画で、そのことを占うことになりそうだ。

参加作品はいつもよりも少なめで十八作品。

でもなんだか、以前のように十位以下になっちゃいそうな予感がしている・・・


来年も、楽しいアイディアが浮かぶ年になりますように!



はてなダイアリー 今週のお題「マイベストエントリー」

2015-12-24

あのお店に再び?

| 08:15

「三月になったらスキーに行こうよ!」

この時期になると山がオレを呼ぶ。だから家族に提案してみたのだが、

「えー、あのお店に行こうよ!」

いきなり、かみさんと娘の反撃を喰らってしまった。


あのお店とは、結婚式を挙げた高級フランス料理店。

式を挙げる前からオレは、ホテル結婚式での食事の質にがっかりしていた。

ご祝儀に二万円包んでも、五千円分くらいの食事しか出てこない。

だったら自分の時は! とレストランウェディングを提案した。


そこでかみさんがリストに挙げたのが、高級フランス料理店。

コース料理が一人なんと一万八千円。

でもこれなら、二万円のご祝儀で誰もが満足してくれる。

オレは、その店での挙式を決意した。


「食事が始まったらスピーチも何も入れないで下さい」

火入れのタイミングを計算し、料理が主役の立場を貫くところは流石一流。

接客で忙しいオレ達が食べられなかった料理も、ちゃんと残してくれていた。

皆が帰った料理店で、二人だけで舌鼓を打ったことは本当によい想い出だ。


「だからまた行こうよ、あの店に!」

しかし待てよ、五人で行くと八万円もするじゃないか!?

「泊まりでスキーに行くと思えば安いもんでしょ?」

まあ、今年は暖冬らしいので、スキーは再来年までお預けだ・・・



はてなダイアリー 今週のお題「行ってみたいお店・レストラン」

2015-12-16

安心してください、生えてますよ

| 00:22

見に行って良かったかどうだかわからないが、たまに覗いてみる場所がある。

それは、息子が入っている時のお風呂。

最近、彼らは素っ裸でお風呂から上がって来なくなった。

きっと、生えるものが生えて来たのだろう。


忍び寄るオレの気配がわかるのか、さっとケロリンの洗面器で前を隠す。

次男なんて、蓋を半分閉めて顔だけ出して湯船に浸かっている。

――そんなにオレに見られるのが嫌なのか?

そういう自分も、あの頃は父親にも見られるのが嫌だった。


そういえば、携帯ゲーム機を手にいれる条件にもなってたっけ。

――生えるものが生えて、それを母親に見せること。

生える前の彼らはできると言っていたが、やっぱり無理だった。

まあ、その前に、ゲーム機はサンタさんが持ってきてくれたんだけどさ。


「安心してください、生えてますよ」

彼らがオレの前でそう言える日は、いつになるのだろう。

えっ? 言える頃になったら、そのフレーズは忘れられてるって?

一度見られたら、意外と簡単に開き直っちゃったりするんだろうな。



はてなダイアリー 今週のお題「今年見に行ってよかったもの」

nikkokisugenikkokisuge 2015/12/17 15:36 なんでそんなに息子さんの生えたものが見たいんですか?
理解に苦しみます。
それってきっと息子さん達からセクハラと言われちゃいますよ(笑)

tsutomyutsutomyu 2015/12/18 06:28 うーん、何故なんでしょう?
自分でもよくわかりません。
息子達に逆ギレされる前に自重した方が良さそうですね・・・

2015-12-10

冬企画が始まる!

| 07:39

年内にやっておきたいことは、やっぱり冬企画への投稿だろう。

今年は喜ばしいことに、某所冬企画が開催される。

昨年までの五年間、年内締切の本格的な冬企画が開催されたのはたった一回。

久しぶりに、慌ただしく楽しい年末を過ごすことができそうだ。


テーマは『〇〇と美少女』

〇〇に冬を連想させるものを入れなくてはならない。

今までの企画と比較するとありきたりのテーマだが、それには理由がある。

今回の企画の目玉は、専用に作られた投稿室のお披露目なのだ。


まず作品の表示は、投稿順ではなく、時間と共にランダムに並び変わる。

次に前半戦では、他の人が書いた感想を全く見ることができない。

そして後半戦では、感想の内容は読めても誰の感想だか分からなくなっている。

つまり、『あの人の感想を参考にしよう』作戦が、今回は通用しないのだ。


となると、今回の企画で上位を狙うには、作品のタイトルが重要となる。

ランダムに並び変わっても、存在と内容を主張できる力強さが必要だ。

あと、キャッチコピーも疎かにできない。

その内容で、読むかどうかを決める方が多いからだ。


それを痛感したのは、先日開催された秋企画

――大西洋でエッチしよっ

内容はエロくないのに、こんなコピーのせいで読者を減らしてしまった。

冬企画に向けて今、三位以内を狙えるタイトルとコピーを必死に考えている。


今回の冬企画、作品が公開されるのは十二月二十八日から。

作品はランダムに表示されるので、慌てて投稿する必要はない。

が、その前に、某所の短編コンテストの『手』と『。』の締切がある。

全部参加できるかどうか、なんとも怪しくなってきた・・・



はてなダイアリー 今週のお題「年内にやっておきたいこと」

2015-12-03

tsutomyu2015-12-03

『枯山水』

| 07:39

今週のお題は、二週続けて『今年買って良かったモノ』とのこと。

先週ドライブレコーダーについて書いたので、他にないか購入履歴を調べてみた。

すると、今年購入のほとんどはCDと本と電気製品で、どれもそこそこ使ってる。

しかし、一つだけ、埃を被っているモノがあった。


それは『枯山水』。

ミニチュア枯山水を完成させ出来映えを競う、なんとも渋いボードゲームだ。

買ってからすぐに子供とやってみたが、それ以来やろうと言われたことがない。

確かに、子供にとっては渋すぎるのかもしれない。


しかし、このゲーム。大人にとっても不可解なことが一つある。

『徳』を貯めると、他人からカードを強奪することができるのだ。

うーん、それって人徳のなせる業・・・で良いのだろうか?

結局、残念ながらそれ以来、誰も遊ばなくなってしまった。


ところで先日、某所の短編コンテスト『艶のある人』の結果が発表された。

オレは果敢にも、高校生を主人公にした学園推理風ライトノベルを投稿。

その結果、特別審査員から佳作候補に挙げられた。が、最終的には落選

ということで、嬉しい反面ちょっぴり悔しい成績となった。


それより驚いたのは、某所競作企画で戦ってる仲間が多数参加していたこと。

しかも、そのほとんどの作品が佳作候補に挙げられている。

読んでみると、自作が霞んでしまうくらい重厚で力の入った作品ばかりだ。

まあ、比較する以前に、お題を斜め上から見たような自作だったんだけど。



はてなダイアリー 今週のお題「今年買って良かったモノ」

f:id:tsutomyu:20151203073924j:image:w500

nikkokisugenikkokisuge 2015/12/03 10:17 『艶のある人』読ませていただきました。
審査員の方々の評にあるように意表をついた展開でした。
これは優秀賞に選ばれてもいいと思いました。
他の人の作品は読んでいませんが…

tsutomyutsutomyu 2015/12/04 07:54 ありがとうございます。でも、さすがに優秀賞は無理でしょう(笑)
優秀賞を受賞した『梅が香』のように、ちゃんと『艶のある人』を描かないと、
佳作なら、と甘い期待を持っておりましたが、現実は厳しいですね。次、頑張ります!