Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

『カップうどんが消えた日』――この五分が経過したら、カップうどんとサヨナラなのか……――LisPon×カクヨム “最後の5分間” 小説×朗読コラボレーション・コンテスト参加作品。

2018-02-15

今週のお題:とある混合物の融点

| 08:26

今週のお題は『バレンタインデー』とのこと。

何度も取り上げているが、いつも思い出すのが三年前のバレンタイン企画。

構想に時間をかけた力作を投稿し、最高(当社比)の平均点を叩き出す。

が、順位は十位にわずかに届かない十一位。これは本当に悔しかった。


作品名は『ある暗がりで、小さな温もりを』。

受験勉強を開始した高二の新治は、クラスメート古都里が作成した問題を解く。

――カカオマス、砂糖、ココアバター、粉乳の混合物の融点は?

一見、化学のような出題だが、そこに隠された古都里の想いを描いてみた。


作品の舞台は、とある古都。モデルにしたのは、長野県小諸市城下町だった。

というのも、当時観ていたアニメあの夏で待ってる』に影響されたから。

保存修理された大手門など、小諸城の遺構が街の至るところに残されている。

出会いの場となった山門は、城の足柄門だった光岳寺の山門を参考にした。


河岸段丘の縁に築かれた小諸城址からの眺めは素晴らしい。

タモリさんがブラブラする番組に取り上げられてもおかしくない素敵な街だ。

ところで、アニメのオープニング曲を歌っていたと噂のれいさんが働くカフェ

先週訪問してみたが満席で入店できなかった。残念・・・



はてなダイアリー 今週のお題「バレンタインデー」

D