Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

『カップうどんが消えた日』――この五分が経過したら、カップうどんとサヨナラなのか……――LisPon×カクヨム “最後の5分間” 小説×朗読コラボレーション・コンテスト参加作品。

2018-09-06

今週のお題: エビシュウマイに背筋がひんやり?

| 22:33

今週のお題は『ひんやり飯』とのこと。

そういえば、ご飯に関する作品って書いたことないなぁ・・・

というのも、某所の企画には食にこだわりのある方が沢山参加されていたから。

当然オレが勝負できるネタなど無く、書いたとしても『喋るしょうゆの話』くらいのものだろう。


先日の夏企画では、コーヒーの味で十年前を思い出すストーリーを書いてみた。

が、そのことについて言及するコメントはほとんど無く、食を扱うのは難しいと実感。

序盤から伏線を入れて、さりげない仕掛けを試みてみたのだが・・・

まだまだ修行が足りぬ。熱々のコーヒーでダメなら、ひんやり飯のレベルには追いつけない。


ん? 待てよ。ご飯について、某所の企画で一度書いたことがあるじゃないか!?

それは『彼女とマロンとスクワレル』という作品に出てくる、栗を育てる少女が作ったシュウマイ。

ご馳走してもらった主人公(男子転入生)は、プリプリとしたエビのような食感に感激する。

が、実はクリ虫だったというオチ。ちょっと背筋がひんやりするよね〜


あの時ってどんなテーマだったっけと思ったら、「花」と達人・プロフェッショナルだった。

だから栗の花について書こうと思って、いろいろと調べてみたらクリ虫のことが出てきたんだ。

――栗の中に産卵するクリシギゾウムシの幼虫。

信州では食べる地域もあるらしい。美味しいという話もあり、ちょっとなら食べてみてもいいと思うけど・・・



はてなダイアリー 今週のお題「ひんやり飯」