Hatena::ブログ(Diary)

つとむューニッキ

『カップうどんが消えた日』――この五分が経過したら、カップうどんとサヨナラなのか……――LisPon×カクヨム “最後の5分間” 小説×朗読コラボレーション・コンテスト参加作品。

2019-01-24

今週のお題: リレー小説はチームワークの賜物?

| 07:29

今週のお題は『チームワーク』とのこと。

小説創作でのチームワークといえば、やっぱリレー小説かな?

そういえば昔、文章塾に参加していた頃、起承転結のリレー小説をやってたっけ。

その時のルールはこんな感じだった。


まず、主催者が『起』を用意し、それに続く『承』を募集する(先着五作品)。

集まった『起承』に続く『転』を募集する(先着五作品)。『転』が付かなかった作品はそこで終わり。

生き残った『起承転』に続く『結』を募集する(先着五作品)。

完成した五つの『起承転結』を第一章とする。同様にして、第二章、第三章と続けていく。


要は、絶えず五作品が生き残り、それに小説が繋がっていくというシステム。

続きを書きたくなるようなパーツを繋げていかないと生き残れない、過酷サバイバルゲームでもある。

「参加できるのは起承転結で一人一回」にしておけば、四人のチームワークが試されること間違いなし。

出来上がった作品が面白くなるかは保証できないが、参加するとかなり楽しむことができた。


某所の企画でこれをやったらどうなるだろう?

テーマが発表された直後にリレー小説を開始し、完成した五作品をオープン参加するとか。

――どのリレー小説が一番面白いのか?

まずは企画投稿室リハーサルの時にやって、リレー優勝作品を決めてみると面白いかも。



はてなブログ 今週のお題特別編「チームワーク」