Hatena::ブログ(Diary)

モチベーションを維持するブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-03-31

GnuCash - メニューバーや貸借対照表などのフォントを変更する

GnuCash、なんかメニューバーがギザギザしてる&貸借対照表などのレポートが文字化けする。環境は、Windows7 64bit + GnuCash2.4.10。

インストールフォルダ内、 ~/gnucash/etc/pango/ 内にpango.aliasesが無ければ作成する。aliasesファイルは、Windowsのデフォルトインストールだと作成されない模様。Mac環境だと初期で作成されるのかも?

さて、aliasesファイル内に例えば以下を記述します。

tahoma = "Meiryo,tahoma,browallia new,mingliu,simhei,gulimche,ms gothic,latha,mangal"
sans = "Meiryo,arial,browallia new,mingliu,simhei,gulimche,ms gothic,latha,mangal"
serif = "Meiryo,times new roman,angsana new,mingliu,simsun,gulimche,ms gothic,latha,mangal"
monospace = "Meiryo,courier new,courier monothai,mingliu,simsun,gulimche,ms gothic,latha,mangal"

フォントはお好みで。上はメイリオを指定しています。Meiryoの後ろはおまじないみたいなもんです。多分無くても動くけど……。font-familyみたいなもんですね。

tahoma,sans,serif,monospace全てをMeiryoに設定すると、ギザギザなフォントだったメニューバーも綺麗になる。もちろん、貸借対照表などの文字化けも直る。VMware等の仮想環境で例えばUbuntu等で動かせばこういった文字化け現象は解消されるのですが、なんとなくWindowsで使用したかったので。


参考リンク:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuyoshi_to/20120331/p1
リンク元