Hatena::ブログ(Diary)

と ら じ の 昆 虫 記

 

2014-01-28

うすたび蛾

うすたび蛾の繭.

漢字にすると、「山叺」とか、「釣叺」。

冬の無彩色の環境の中では

鮮やかな緑色は一際は目立って見えます。

しかし成長した うすたび蛾 の体のどこにも

この緑色は見当たりません。


f:id:ttoraji:20140104103334j:image:left



ところで 繭がこの色で身を包むのには

それなりの理由があるのでしょう

以前見た アサギマダラの繭も

エメラルドのように輝いていました

外敵に対して何もできない繭が

厳しい環境の中で なぜ目立つ事をするのでしょうか



f:id:ttoraji:20140104103400j:image:left



生きるために外敵が嫌がる

色、形、臭いで身を守っているのではと

思っていましたが もしかすると

それ以外の目的があったのではないかと

最近思い始めました


仮に 身を守る必要が無くなった時に

この美しい緑色は冬の無彩色の中で

鳥たちや生き物(人間も含めて)達に

春が来る事をつげる色になったり

かます型の繭はゆらゆらと

緑の反射板のように輝いて

遠くでも目立つように

みんなのみちしるべ になったりしているのではないか。

と思うと 今年は昆虫達の行動を

もっと素直に注意深く観察しいきたいと思っています。


遅くなりましたが、

本年もよろしくお願い申し上げます。

2013-11-12

ツユムシ

あれは、ちょうど1か月前のこと。


10月14日体育の日夏日

前日は気温30度を越えた真夏日

東工大の中庭に

アンバークイーンが咲いていた

花色がアプリコット

花の中から

ユムシが顔を出した

しばらく見つめていた

瞬きしても

こちらが動くまでずっと

見つめて動かなかった


f:id:ttoraji:20131014113105j:image:left



昔 好きになった人を

見つめる事が出来なかった

なぜだったんだろう

嫌われてしまうかもしれないという不安

「やめて」といわれる致命的拒否の怖さ

どうしても伝えたかった気持ちを

言葉では伝えられなかった

行動もぎこちなかった

せめてちょっと見つめることで

何とか気持ちを伝えたいと思った

そんな切ない行動も

相手には気付いてもらえなかった

悲しくて苦しかった初恋の思い出


f:id:ttoraji:20131014112508j:image:left



時は流れ

少し図々しくなった今

愉快に楽しく老いらくの恋に

挑戦してみましょう

肩の力を抜いて・・・。

2013-10-23

ヤマトシジミ

2,013年の最終章 

少しずつ失われて行く自然環境


母のお腹で十月十日

その時までじっと待っている赤ちゃん

生まれる前に性別がわかってしまう医学

神から授かったもの

その神秘さがどんどん科学の力で

解き明かされてゆく 冒涜と言いたいが

神秘だから空想が イマジュネーションが膨らむ


f:id:ttoraji:20131023163323g:image:left



科学は止めどなく全ての根源を

解明しようとする

そろそろ立ち止まってみては

と思ったりもする

なぜって 今 向き合っている 現実の中で

一つ原発の脅威をもっと謙虚に

みんなで考えるべきです


高校生の時に習った

It is no use crying over spilt milk

このセンテンスをもう一度正しく訳してみよう

人のおごりと身勝手さが

彼らの生態系を壊してしまった

今年の4月の新聞に「被爆 生態系 異常」

ヤマトシジミの「翅、触角 生存率に異常」

の記事が掲載された

やはりそうか!

しかしその後 関連記事のレポートはない。

             (東京新聞



f:id:ttoraji:20131023162513j:image:left



真実を伝えている記事に

齟齬をきたしてはならない

真実とかたる嘘は信じたくない 

真実とは

我々はもう一度

この言葉の持つ意味を正しく

確認しておく必要があるかもしれない



2013-10-12

アキアカネ

アキアカネがしきりに飛びまわっている

旅客機の車輪部分に当たる前脚は

飛び立つとき 降りるとき

そして止まったりする時に

その脚を折りたたんだり伸ばしたりする

抵抗を少なく邪魔にならない様に

自然に折り曲げる

旅客機も同じようにそれを利用している

これもまた人が昆虫達の知恵を

黙っていただいてしまったのかもしれない


f:id:ttoraji:20131006133700j:image:left



そんな知恵を頂いているのだから

我々はもっと彼らを

大切にしなければいけない

そして彼らをもっと知らなければならない

真しに彼らの事を考えなくてはならない

自分さえ快適であればよいと考える前に

彼らに嫌われない様にするために

何をすべきか考えたほうが

おたがいに共存しやすい環境を

作っていけるのではないかと思う

2013-10-10

五万節

学校でてから10余年

今じゃ天下の風来坊

通い慣れたる境川

昆虫撮ったり

5万匹

サバ言うなこのヤロー


カメラ片手に10余年

今じゃ昆虫カメラマン

交尾交尾と追いかけて

川に落ちたの

5万回

サバ言うなこのヤロー


ブログ作って10余年(ホントは数年だけど)

つたない写真ですみませぬ

シコシコよたよた続けてき

訪問ありがと

5万アクセス

サバじゃないですこの数字



f:id:ttoraji:20131010070831j:image:left



お暇でしたら、おでかけください。