なぜか数学者にはワイン好きが多い このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-19 icc 10.1; 依存性の欠如.

tullio2008-05-19

icc 10.1のCentOS 5.1へのインストール 00:40  icc 10.1のCentOS 5.1へのインストールを含むブックマーク

Intel Cコンパイラ10.1をインストールしようとして,ハマりました.

普通にいつも通り

# ./install.sh

と打ち込んで利用許諾等に返事して進んで行くと,

--------------------------------------------------------------------
エラー: 依存性の欠如:
        libstdc++.so.5 は intel-icc101015-10.1.015-1.i386 に必要とされています
        libstdc++.so.5(GLIBCPP_3.2) は intel-icc101015-10.1.015-1.i386 に必要とされてい ます
--------------------------------------------------------------------

エラーが出てインストールされません.

調べると,確かにlibstdc++.so.6は入っているのですが,libstdc++.so.5は入っていません.

IntelサイトFAQを見ても,「libstdc++.so.5が必要なので用意して下さい」としか書いていません.

誤魔化そうとして,

# ln -s /usr/lib/libstdc++.so.6 /usr/lib/libstdc++.so.5

とかやってもダメでした.

まさかライブラリが配布されているのでは...と思いダメ元で

# yum install libstdc++.so.5

と打ち込んでみると,

=============================================================================

Package Arch Version Repository Size

=============================================================================

Installing:

compat-libstdc++-33 i386 3.2.3-61 base 232 k

Transaction Summary

=============================================================================

Install 1 Package(s)

Update 0 Package(s)

Remove 0 Package(s)

Total download size: 232 k

Is this ok [y/N]:

ああ,後方互換性用のコンパチブルライブラリがあったのですね...

これでアッサリ,iccが最新の10.1になりました.

リンク元
人気blogランキングへ