FemTumYum このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 01 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 06 | 08 | 09 |
2009 | 11 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 06 | 09 | 11 |
2011 | 01 | 10 |

25-08-07 (Sat)

[]強制送還反対署名

例によって全然更新していないのですが、緊急でお知らせがまわってきましたので、弱小なりに一応後押し。強制送還という言葉に反応するわたくしですが、そうでなくても、是非ご一読くださいませ。

ペガーさん強制送還反対より

英国のケースですが、英国主要メディアではここまで殆どされてこなかったらしく、外国からの圧力も有効なようです。ガーディアン紙の金曜付けのニュースより。

ーー以下記事要約/転送歓迎ーー

ペガー・エマンバシュクさん、イラン人女性40歳。2005年にイランを脱出し、イギリスで難民申請をしたが、それが認められずにあと数日で故郷のイランに強制送還されようとしている。彼女は、レズビアン。レズビアンであるということは、イスラム法の下、イランでは死を意味する。石打ちの刑に処されることもある。

殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。国際難民法の述べる難民の定義を引用するが、「…人種宗教国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であるということ又は政治的意見を理由に迫害をうけるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために国籍国の外にいる者」(難民条約第1条)とは、彼女のことではないのか。

彼女の強制送還は、国による殺人である。これは許しがたい犯罪であり、人命の冒涜だ。

国際社会は黙って見すごしていけない。ペガーさんのために一人一人のアクションを求めたい。

英語サイト】

インディーメディア:

http://www.indymedia.org.uk/en/2007/08/379580.html

シェフィールドのメディア:

http://www.indymedia.org.uk/en/regions/sheffield/2007/08/378415.html

ネット署名(英語):

http://www.petitiononline.com/pegah/petition-sign.html


日本語訳ブログ】:

http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/

※記事は刻一刻と更新されて、新しい記事が出ていますので、トップから別の記事も見られます。

08-08-07 (Wed)

[]東京プライドパレード

今週末はパレードなわけですが、名称が変わればいいのにいいのにいいのにいいのにといい続けた手前、今年は参加しようと思います。

例年どおりフロートは登録制で、あらかじめ登録した後に熱気と人ごみの中で待つということが、いまだに暑さと人の多さに慣れないツレにはちょっと酷というか、大丈夫かしらと不安ではありますが。

で、そのフロートをどこにしようかと考えていたのですが、Rainbow College学生フロートを予定していて、教職員も歓迎してやるよ、ということなので、そこに紛れ込もうかなあと思っております。あまりに若々しい青少年ばかりに囲まれてウォークするのも嫌なので、若々しい青少年ではないような教職員の皆様、お時間があれば、是非。

ウォークの後で交流会も企画しているそうです。わたくしはツレの体調次第ですけれど。

ちなみに、当日カンパも絶賛募集中だそうです。

06-08-07 (Mon)

[]living with ghosts

[ ]*1

*1:今後[lwg]のエントリはすべて、アップして一晩もしくは二晩で削除します

04-08-07 (Sat)

フォローアップ

以前問題になりましたエントリにつきまして、発表学会名など関連情報を伏見さんに御連絡するともに、エントリにも追加いたしました。

私個人の都合で(学期末試験とか、個人的な整理とか、そんなんですが)、すっかり御連絡およびアップが遅れたことを、お詫び申し上げます。