FemTumYum このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 01 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 06 | 08 | 09 |
2009 | 11 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 06 | 09 | 11 |
2011 | 01 | 10 |

28-12-07 (Fri)

[][][]論文募集中(って時間ないよ!)

年末のあれやこれやで取り紛れてすっかり宣伝を忘れておりました。馬鹿馬鹿。

クィア学会の学会誌『論叢クィア』創刊号への投稿を受け付けておりますので、お手持ちの素材のある方は、是非ふるってご応募くださいませ。お知り合いや担当の学生さんなどで関心がおありの方々にも周知いただければ幸いです。あ。ただ、原則として投稿資格があるのは会員に限られます。

詳細はこちらで御確認いただけますが、とりあえず、事前登録が今年中に必要ですので、その点よろしくお願いいたします。(ちなみにわたくし編集委員ではございませんので、詳細についてのお問い合わせをコメントで頂いてもお答えできません。申し訳ありませんが、下にあるアドレスまでメールにてお問い合わせくださいませ)


   『論叢クィア』への投稿を受け付けています

投稿予定のある方は、2007年12月末日までに、事前登録をお願いいたします。

なお、完成原稿の締切は2008年2月末日です。(クィア学会編集委員会


  • 事前登録の方法

2007年12月末日(消印有効)で、以下の内容を電子メールまたは郵送にて送付してください。(海外から郵送にて投稿する場合は航空便のみ可)

 1.氏名

 2.職業・所属

 3.原稿の種類(論文、研究ノート、その他の別)

 4.タイトル(仮のものでも、結構です)

 5.500〜600字程度の概要

 6.連絡先:郵送用住所、電話FAX、メールアドレス

  (いずれも、編集委員会からの連絡が取りやすいものを記載してください。)


  • 登録先

 電子メール:journal*queerjp.org(*を@にかえてお送りください)

 または

 郵送:〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

     東京大学大学院 総合文化研究科 清水晶子

     クィア学会事務局・編集委員会宛

 このほか、学会誌についての質問は、編集委員会宛にお願いします。

     journal*queerjp.org(*を@にかえてお送りください)


  • 投稿を受け付ける原稿の種類

 ・論文(20,000字以内)

  レビュー論文も含みます。

 ・研究ノート(12,000字以内)

  研究上の問題提起、研究プロジェクトの経過報告、他の著書を批評する論文、

  外国書の紹介・批評などを含みます。

 ・その他(字数は相談)

  論文と研究ノートの他、各種の活動報告、ワークショップの報告、

  海外の研究・活動の動向、 外国語論文の日本語訳、目録、

  インタビュー・座談会の収録なども受け付ける予定ですので、ご相談ください。

  ※執筆要項は、現在準備を進めています。もうしばらくお待ちください。

  定まり次第、本webサイトにて告知いたします。


  • 『論叢クィア』投稿規程

 1)概要

 本誌は、クィア学会の学会誌であり、年1回発行する。

 2)投稿資格

 本誌は原則として会員の研究発表の場であり、他誌に未発表のものを掲載する。

 3)査読

 本誌の編集は編集委員会によっておこなわれ、原稿の採否は、査読に基づく審査により、編集委員会において決定する。

 4)投稿締切

 投稿は毎年2月末日を締切とする。

 5)投稿資格

 投稿登録の締切は毎年12月末日とする。登録先は編集員会とする。

 6)投稿詳細

 投稿にあたっては別途定める執筆要項に基づいて原稿を作成する。

 7)著作権

 掲載論文等の著作権はクィア学会に帰属する。

 8)進呈

 掲載一件につき、掲載誌一冊を進呈する。

以上

(なお、英文誌名は Journal of Queer Studies Japanです)


10-08-05 (Wed)

[][][]GENDER AND EAST ASIAN CINEMA: A Study Day

イギリスで、東アジア映画祭と並んで開かれるジェンダーとシネマ・スタディーズのミニ学会らしいです。プロポーザルが8月終わりころ締め切り、開催がイギリスで10月末っていうのは、ちょっとショートノーティスに過ぎますね・・・。でもまあ一応、手持ちのある方のために。詳細はこちら

[]Bodies Past

Does the body have a future?' A series of international workshops and conferences at Birkbeck, University of London, Bloomsbury

Workshop 1: 'Bodies past': Friday 11th -Saturday 12th November 2005

ってなものらしく、こちらもイギリスです。身体論。現在、未来については来年以降ということになりそうですね。アブストラクトを10月1日までで、詳細はここで

[][]A SPECIAL ISSUE OF SOCIOLOGICAL RESEARCH ONLINE のCFP

Changing Femininities, Changing Masculinities, Social Change, Gender Identities and Sexual Orientationsというタイトルだそうで、社会学系でしょうか。アブストラクトを9月15日締め切りで。詳細はここ

[][]A Special Double Issue of the Journal of Bisexuality

The Journal of Bisexualityのスペシャル・イシューへの投稿呼びかけです。

Looking Both Ways:Bisexuality and the Mediaというタイトルになるらしく、完成品の締め切り(アブストラクトではなくってということです)が、大晦日です。バイセクシュアリティメディアって、この間アメリカではちょっと一悶着あったから、結構そういう話になるのでしょうか。日本のメディアではバイセクシュアルというのは存在してるのやらしていないのやら。詳しくはここになるかな?

[][]Global Queeries: Sexualities, Postcolonialities, Globalities

来年5月、カナダです。プロポーザル締め切りは9月1日。前に書いたモントリオールと時期が微妙に近いので、盛り上がらないのではという気がしなくもないけれど。テーマは面白そうですが。カナダっていう土地柄、英米あるいは豪とアプローチが違ってくるのかなとか。詳しいことはこちらのサイトで。

20-07-05 (Wed)

[][]モントリオールのカンファレンス

来年7月にカナダのモントリオールで行われるOutGamesにあわせて開かれる国際会議The Right to Be Different のCFPです。こちらがPDF形式のもの。楽しそうだな〜。多分わたくしは行けませんが。しくしく。

[][][]『ジェンダーセクシュアリティ論文募集

ICUのCentre for Gender Studiesが論文集『ジェンダー&セクシュアリティ』創刊号の論文募集をしています。投稿規程はこちら。規定は随時更新するので注意して欲しいとのことです。

14-07-05 (Thu)

[][]論文募集

知り合いからまわってきました。ジャーナル・オブ・レズビアン・スタディーズの東アジア特集号の論文公募です。もしここに若手の研究者の方が迷い込んでいらしていたら、是非。

細かいことはこちらに置いておきます。