さよならストレンジャー・ザン・パラダイス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/12/14 「萌え」と「エロ」のバランスは、思春期の恋愛に似ている

tunderealrovski2008-12-14

[][]大好きな漫画やアニメエロパロって、許せる? それとも、許せない?

 

少し前に、当Blog18禁同人誌に関するエントリーを書かせてもらったんですが、今月に入って、そのエントリーにコメントやトラックバックをいただきました。

 

このエントリーを書いた当時「ふぇいばりっとでいず」様を始め、いくつかのニュースサイトで取り上げていただき、参考になるコメントを色々といただけたりしたんですよ。

で、今月に入って(冬コミが近づいているからでしょうか?)、ありがたいことに「駄文にゅうす」様で再び掲載をしてもらえたみたいです。

 

そこで、いただいたトラックバック先のエントリーが本当におもしろくてですね。

 

全体を見ないで一部分に突っ込み−ポリバケツブルー -番外編-

 

「ARIA」同人活動をされていた方による現場の生の声なんですけど、「成人向けのサークルに人がほとんど寄り付かなかった」っていうのは、とても興味深いお話です。

 

オンリーイベントとかになると、作り手も買い手も、その作品を本当に好きで好きでたまらない人たちが集まるのでしょうから、その中で「エロパロ」をやっちゃうっていうのは、確かに周囲から浮いちゃう行為なのかな〜と思います。

 

もちろん、この場合は「ARIA」っていう作品の雰囲気が、エロな目線っていうのと相容れないものであるから、っていうのもあるでしょうね。

例えば、これは「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、アニメファンに対して、比較的セックス・アピールの強い作品とかの場合は、また事情が違ってくるのかもしれません。

 

そういうのを踏まえた上で、前のエントリーにいただいたコメントを読んでいたら、またおもしろくてですね。匿名の方からいただいた意見なんですけど、

 

本当に好きな作品のエロ同人誌は買わないけど、それほど好きでもないが割と好きな作品のエロ同人誌は買うとか、そういう萌え用(神聖視)の作品とエロ用の作品を分けてる人も多いんだと思う。それをオタク市場全体で見るとごっちゃに見えるから萌えとエロが両立してるように見えるんじゃないかな。

 

っていうコメントがありまして、コレは読んだ時に「成る程!」って思いましたね。

 

「神聖視」って言い方は言いえて妙って感じがします。

 

 

エロパロを許せる作品と神聖視している作品

もう、恥知らずにも、性癖とか嗜好がモロバレになるのを気にせずに書きますけど、僕は成人漫画でも活躍されているオノメシン先生の描く女の子が大好きなんですね。

 

で、フリークスオノメシン先生のサークルです)の18禁同人誌とかかなりの数を持ってるんですけど、今年の夏コミフリークスが作った同人誌のネタが、僕の大好きな「我が家のお稲荷さま。」だったんですよ。

 

コレはね〜、買うかどうかめちゃくちゃ迷いましたね〜。しかも、表紙のサンプルを見てみたら、オノメシンタッチで描かれた、くーちゃんがメチャクチャ可愛いんだもの。(まぁ、でも本の中では、多分ムチャクチャやらされとるわけだが)

 

で、結局悩みに悩んだ末に、買いませんでした。

 

なんで買わなかったかというと、「我が家のお稲荷さま。」ってアニメ(もちろん、原作のラノベも)が大好きで、出てくるキャラクター、好きなキャラクターをエロパロのフィルターで穢されたくない! っていう本能が働いたわけですね。

もちろん、エロに限った話じゃなくて、例えばグロとか、あんまりブラックなギャグが入ったパロディーでも受け入れなかったと思います。パロディーが入ってくることによって、自分の愛する世界感にノイズが入るのが嫌〜! というわけです。

 

でも、例えばオノメシン先生の同人誌でも、ドラクエだのパチスロキャラだのQMAだの魔女裁判だののエロパロは全然OKです。自分の趣味、嗜好と離れた作品なので、二次創作によって世界観が崩れようが、キャラクターがエロ目線から描かれようが、ノープロブレムなわけです。怖いもの知らずです。高山善廣大森隆男が言うトコロの「いくぞ! No Fear!!」なわけです。

 

僕は、工藤洋先生の大ファンでもあり*1

 

 

やっぱり同人誌を集めてたりするんですけど、例え大ファンである工藤洋先生が作った同人誌であっても、「ひだまりスケッチ」のエロパロとかは見たくないものなぁ…。元ネタの漫画やアニメを好き過ぎて耐えられない、みたいな。

 

まぁ、僕の場合は18禁の同人誌に対して、単純にエロ漫画、あるいは好きなエロ漫画家さんが描いた漫画として接しているので、その「好き」っていうのは、「スケッチブック」だとか「我が家のお稲荷さま。」だとか赤根和樹監督のアニメだとかの、自分が好きなアニメや漫画(神聖視している作品)への「好き」っていうのとは、微妙な隔たりがあると思うんですよ。

 

自分のスケベ心を認めつつも、一方で自身の愛する作品に対してはエロのバイアスがかかることを望まない人間なので、「神聖視している作品」と「エロパロ」の間に、境界線を引いているというか、ゾーンニングみたいなことを割と意識して行っているわけです。

 

もちろん、同人に対する態度っていうのは、人によって千差万別なわけで、「自分の好きなキャラクターのあられもない姿」を見るためにエロパロを好んで買っている、というアニメファン、漫画ファンもいらっしゃると思います。

「かがみん萌え〜」とか「つかさは俺の嫁」とかキャラクターへの愛情を口に出しつつも、コミケで「らき☆すた」のエロ同人誌を買い漁ってたりする、割と器用なファン層ですね。

 

残念ながら、僕はそういった「濃い」人たちと知り合ったり、お話をしたりする機会がなかったので(なんせ、引き篭り気味な人間なもので……)、深い嗜好や考え方について知る術がないんですが、そういった人たちの中でもエロパロを「許せる」作品と「許せない」作品とがあるのではないでしょうか? で、それを判断する材料っていうのは、自身のこだわりや倫理観かもしれないし、作品の雰囲気なのかもしれない。

 

「神聖視する作品」と「エロ用の作品」っていうのは、やっぱり的確な分け方といいますか、アニメや漫画が好きな人なら、やっぱり各々の中で確かに存在している価値判断の基準だと思います。

  

この辺の感覚って、第二次性徴以降の、初恋とかに通じるもんがありますよね。

 

 

■「萌える」という行為は、思春期の恋愛感情に似ている。

 

これって、クラスの本当に好きな子はオカズにできないけれども、2番手以下のかわいい子はオカズ要員として……てのと一緒のハナシじゃね? ヲタ云々はあまり関係ないと思フ

 

これまた、「自分の好きな作品がエロパロの対象にされるのは許せない!」っていう自分の考えを書いたエントリーでいただいたコメントからの引用です。

かなり露骨な例え(でも、実に的を射ていると思います)なんだけど、この辺の微妙な感情って、ホントそういうのに近いのかもなぁ〜と思ったり。

 

そういった複雑な葛藤を、小説の世界で見事に描いたのが、大槻ケンヂ氏の傑作青春小説グミ・チョコレート・パイン」ですよね。

 

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)

 

この小説の中で、主人公は馬鹿にしている他の同級生(女生徒)に対して、あらぬ性妄想を繰り広げることで、思うようにいかない高校生活の鬱憤を晴らすんですけど、恋愛感情に近い親近感を感じているヒロインの女学生に関しては、そういった妄想を行わない、自分の中での一線を守り続けるんですよ。

で、ちょっとネタバレになっちゃうんですけど、劇中でその禁忌を破った瞬間に、主人公はどうにもならない現実に対して、真の意味で敗北をしちゃうわけで。

 

グミ・チョコレート・パイン」は、思春期の妄想と葛藤と希望と絶望を、見事に描ききった名作だと僕は思うんですが、アニメや漫画のキャラクターを好きになった時って、こういう思春期特有の心性みたいなものが心の中に浮かびませんか?

 

大人である以上、異性(あ、人によっては同性の場合もあるのか)に対する「好き」っていう感情には「性」っていう厄介なモノが付き纏うわけですが、アニメや漫画で描かれるキャラクターに対しては、そういうややこしい現実的な問題っていうのとは、距離を置いて接したいと思うわけで。

 

「萌え」って言葉が出始めの頃に、「『萌え』とは、恋愛感情から性欲を抜き取ったものだ」なんて解説を見かけたものですが、その辺の微妙で複雑な感情を表現するのに、やっぱり「萌え」って言葉はとても便利なものだったんだな、と思いますね。

 

そう考えると、アニメや漫画のキャラクターに清純さを求めたり、「萌え」ることでキャラクターに愛情を注ぐことと、エロパロ同人誌を買い求めることは、実はベクトルが全然違うことで、何ら矛盾しないことなのかもしれません。

 

で、変なこだわりを持つことなく、オリジナルの作品と、それをネタにしたエロパロを分け隔てなく愛せる人っていうのは、「好き」と「性」の関係性っていうのと心の中で折り合いが付いている人なのかもしれない。

 

でも、エロパロは確かに存在しますが、そういうパロディーが入り込む余地がないくらいに愛している作品、キャラクターっていうのは、アニメや漫画が好きな人なら、必ず一本はあるんじゃないでしょうか?

 

僕は、そういう青臭い感情、何だか好きだなぁ〜。

 

そういう思い(まぁ、物凄く独りよがりな区分線の引き方な訳ですが…)を、ファンに引き起こさせてくれる漫画やアニメに出てくるキャラクターのパワーっていうのは、やっぱり特別なものだと思いますし、それに「萌える」ファンのエネルギーっていうのも、凄くエネルギッシュで、僕はいつも魅せられちゃいますね。

 

 

 

*1自分で書いてて何だけど、オノメシン工藤洋が大好きって「胸の大きな娘が好き!」って宣言しているようなもんですよね。何ていうか、まんまだなぁ……。

なまえなまえ 2008/12/15 02:29 女の子が名無しのモブにやられちゃうような話なら特に気にならないですね。キャラを借りただけで単純なエロとして見られるので、好みの娘なら単純に興奮できます。主人公相手でも特にキャラとしての個性を出さない自己投影型なら問題なし。
ただ、作中の特定の誰かとやっちゃう話はちょっと…キャラを借りるだけでなく話そのものに踏み込んでくるように感じてしまい、苦手です。

tunderealrovskitunderealrovski 2008/12/15 09:59 あぁ、これまた、おもしろいコメントが!
 
エロだけじゃなくて、パロディー全般に対する態度って、本当に人それぞれで、この辺りのバランスって本当に千差万別なんですね。
 
とても、興味深いご意見ありがとうございます!

なまえなまえ 2008/12/16 14:29 そもそも、「好き」だの「恋愛感情」だのをそんなに神聖視してないですからなあ。
異性に対する恋愛感情は、性欲と切り離せるものじゃあないし、ましてや対極の感情だなんて思っていない。
だから
>大人である以上、異性(あ、人によっては同性の場合もあるのか)に対する「好き」っていう感情には「性」っていう厄介なモノが付き纏うわけですが

「性」を厄介なものとは思ってないし、リビドーがなくなって欲しい(そうすれば自分の想いが純粋でキレイになる)なんて思ったことがありません。
(そもそも「キレイな想い」なんて軽薄(失礼)で胡散臭い幻想を美しいとは思わない性質なもんで。人は泥と俗にまみれてナンボと)
いやむしろ、最近年齢で性欲が衰えている事が、逆に寂しくすらあります。
また
>「好き」と「性」の関係性っていうのと心の中で折り合いが付いている人
「(同一ではないけれど)ベクトルが完全に違う乖離した感情」とは認識していないので、折り合いもクソもないわけです。

まあ、「ARIA」とか「ひだまりスケッチ」にエロは似合わないとは思いますが。
それも単に作風に不似合だから必要としないだけであって、エロにされたからと言って、「汚された」とか「けしからん」とか思う感覚はさっぱりわかりません。

なまえなまえ 2008/12/16 14:31 作品によってはエロパロが確実に浮いてしまうものがありますね
例えば百合作品の代名詞的存在、マリみてが当てはまるかと思います。
少女間の関係性を丁寧に描いた作品として親しまれているので、そこに男が登場して性行為をする、あるいは女性間での性行為…といった
ありきたりなエロパロ描写があるとハッキリいって浮きますね
読者層がそういう直接的な性描写や男女間の世界を意識してない・望んでないからこそ
百合に親しんでいるという背景もあるでしょうから。
ARIAも百合成分が強い作品ですから、そういった意味でやはり浮いたんでしょうね。
プラトニックな恋愛関係を描いた作品でそれが親しまれている場合はエロパロが好まれませんね。

tunderealrovskitunderealrovski 2008/12/16 20:30 コメントありがとうございます。
 
>それも単に作風に不似合だから必要としないだけであって、エロにされたからと言って、「汚された」とか「けしからん」とか思う感覚はさっぱりわかりません。
 
すいませんした、マジすいませんした。
(前田日明に試合後に制裁を受ける、リングス時代の坂田亘の表情で)
 
 
>作品によってはエロパロが確実に浮いてしまうものがありますね
例えば百合作品の代名詞的存在、マリみてが当てはまるかと思います。
 
>プラトニックな恋愛関係を描いた作品でそれが親しまれている場合はエロパロが好まれませんね。
 
成る程、パロディーの接し方は人それぞれなんでしょうが、やっぱり作品の雰囲気によって許容範囲が異なるっていうのはあるみたいですね。

unknownunknown 2008/12/17 22:21 例えば私の場合エロパロを含む諸成人向け作品を性欲の対象として使う事が無いために、好きな作品を汚された等の思いは抱き難いです。
人間(妖怪等かもしれませんが)として創られたキャラクターなのですから、そういう行為もするでしょうと思いつつ、至るまでの過程等を作品として楽しむので気にならないということですね。(所詮その様な行為の描写自体は写っている人物が誰になっても変わりない行為が大半ですので)
まぁナギ様が処女じゃなかろうが、アリシアさんが結婚しようがそういうお話として見ているので全く気にならないというのも有りますが。
しかしそういった私でも、例えば強引に事に及ばされる物や複数人から強いられて等の物であるとあまり快く思わないのは、作者様としては意図していない事でしょうが、キャラクターに対する悪意に感じられてしまうからかもしれません。
胸の大きくないキャラクターが無意味に巨乳で描かれていたり、人物に対する呼称がてんでばらばらだったりするエロを描く為だけにその作品を使った様な話も読む気が起きないのは、単に作者がその作品を好きでエロパロを描いている様に見えるかどうかに依存しているのかもしれません。
興味深いお話でしたのでついコメントしてしまいました。
長文駄文失礼いたしました。

tunderealrovskitunderealrovski 2008/12/18 00:25 コメントありがとうございます。
 
>人間(妖怪等かもしれませんが)として創られたキャラクターなのですから、そういう行為もするでしょうと思いつつ、至るまでの過程等を作品として楽しむので気にならないということですね。
 
>胸の大きくないキャラクターが無意味に巨乳で描かれていたり、人物に対する呼称がてんでばらばらだったりするエロを描く為だけにその作品を使った様な話も読む気が起きないのは、単に作者がその作品を好きでエロパロを描いている様に見えるかどうかに依存しているのかもしれません。
 
同人誌でキャラクターの描かれ方に、同人作家の原作に対する愛情、思い入れを垣間見たり、劇中でのドラマのおもしろさに、価値観を見出していらっしゃる、ということですね。
う〜ん、色々な方の意見の参考にさせてもらっているんですが、やっぱり、漫画好き、アニメ好きの方のパロディーへの接し方は、千差万別ですね。
 
>興味深いお話でしたのでついコメントしてしまいました。
長文駄文失礼いたしました。
 
とんでもないです。貴重なご意見をお聞かせいただき、本当にありがとうございます。

すずすず 2008/12/18 07:44 面白い内容で、思わず見入ってしまいました。
あまり、こういった事を文章で読む機会がなかったので。

神聖視している作品、自分にも確かにあるなって思いました。
でもそれは自分の中でどれだけその作品に愛があるかで決まる訳じゃなくて、その作品を見た、読んだ、プレイした時の感情によるのかなと思います。
自分にとっては、DQ5や高橋留美子作品、幼い頃に見た作品がそうです。
作品に接していた気持ちにエロ妄想がかけらも無かった為、その作品のキャラがエロ的に晒されるのはなんだか見たくないなと。

今も勿論そういった作品に出会いますが、それはイコール好きな作品、キャラでは無いです。
一番好きなキャラは、ギャグであれ純愛であれぐちゃぐちゃのエロであれ、苦手分野(酷い猟奇など)でなければ、どう動かされても感情や表情が動く事に愛しさを感じます。
歪んだ愛かも!とも思うんですが…。

けれどどういった形でも、キャラや作品への神聖視は実際誰にでもあると思うので、描き手心にもエロの取り扱いは気を使いますね。
一言に愛、萌え、といっても、色んな形があって同人は面白いです。

tunderealrovskitunderealrovski 2008/12/19 23:16 すず様、コメントありがとうございます。
 
>自分にとっては、DQ5や高橋留美子作品、幼い頃に見た作品がそうです。
作品に接していた気持ちにエロ妄想がかけらも無かった為、その作品のキャラがエロ的に晒されるのはなんだか見たくないなと。
 
あぁ、その気持ちは凄くよく分かる気がします。
子どもの頃、純粋な気持ちで接していた分、そこにノイズが入ると結構ツラいんですよね…。
今でも、キッズ向けのアニメをネタにパロディーをやっている同人誌とか見ると、「え?こんなんまであるの?」って思いますよ。
 
>一番好きなキャラは、ギャグであれ純愛であれぐちゃぐちゃのエロであれ、苦手分野(酷い猟奇など)でなければ、どう動かされても感情や表情が動く事に愛しさを感じます。
歪んだ愛かも!とも思うんですが…。
 
いや、凄く深い話だと思いますよ。
「どう動かされても感情や表情が動く事に愛しさを感じる」っていうのは、愛情の物凄く強い形なんじゃないでしょうか。
理屈じゃなくて、どんな形であれ、キャラクターの姿を見たい! っていうのを、心が欲している状態といいますか。
 
>一言に愛、萌え、といっても、色んな形があって同人は面白いです。
 
本当に、これは仰る通りだと思います。
同人における「エロ」が是か非かじゃなくて、自身や第三者の「エロ」に対する様々な感情を自分なりに整理するのが、おもしろかったりしますからね。
 
非常に、おもしろいご意見、ありがとうございました。

nn 2008/12/21 23:03 はじめまして。
オノメシン氏やオーケンといった親近感の湧くワードが連なっていたので、
思わずコメントさせていただきます(笑)

自分は「萌え」と「エロ」は割と分化してないタイプだと思います。
エロパロに対する嗜好はありますけどね。
例えば脈絡のないカップリングの性行為にあまり惹かれないとか。
…これも作品に対する思い入れの1パターンなのかもしれませんね。

あとは他のコメントでも仰っている方がいますが、
原作との乖離(設定・口調・体型とか)が目立つと萎えてしまうかも。

でも基本的にはいいオッパイに目がありません。
あと姉×ショタっぽいシチュなら、原作をあまり知らなくても
手にとって見るとかしてます。煩悩の塊です。

tunderealrovskitunderealrovski 2008/12/23 22:36 n様、コメントどうもです。
 
>はじめまして。
オノメシン氏やオーケンといった親近感の湧くワードが連なっていたので、
思わずコメントさせていただきます(笑)
 
こちらこそ、初めまして。
てか、nさんも、オノメシンとオーケンがお好きなんですね。僕も大好きです(笑)。
 
>自分は「萌え」と「エロ」は割と分化してないタイプだと思います。
>例えば脈絡のないカップリングの性行為にあまり惹かれないとか。
>原作との乖離(設定・口調・体型とか)が目立つと萎えてしまうかも。
 
う〜ん、なるほど、エロパロへの親和性があったらあったで、そこにもそれぞれのこだわりが出てくるんですね。深いなぁ…。
 
>でも基本的にはいいオッパイに目がありません。
>煩悩の塊です。
 
いや、すごく漢らしいし、潔いと思いますよ。「基本的にはいいオッパイに目がありません」って、カッコいい台詞ですね! おっぱいパーティー(by オノメシン)ですね!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証