さよならストレンジャー・ザン・パラダイス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012/9/12

[][]「SKET DANCE」の「にゃんこい!」感と、川口敬一郎監督作品のクロスオーヴァー

 

f:id:tunderealrovski:20120912185026j:image

 

SKET DANCE第74話フードファイターお宅訪問!」を観ました。

 

本作にたまにおとずれる演出も絵も脚本も狂いまくったエピソード。シリーズの中でも、屈指のぶっ飛び指数な話でしたが、個人的に注目をしておきたいのが私の大好きなアニメであり、「スケダン」の川口敬一郎監督が手掛けられたにゃんこい!との共通点。

 

今回のエントリでは、「フードファイターお宅訪問!」の「にゃんこい!」感について、ちょっとアレやコレやと書いてみたいと思います!

 

 

■「SKET DANCE」第74話と「にゃんこい!」第4話

劇中で「バキ」を始めとする板垣恵介先生の漫画パロ、トリビュートが多数使われていた第74話。ピクルvs.愚地克巳戦なオーディエンス全員参加の正拳突きがツボでした。…が、それ以上に私の心を持っていったのが「にゃんこい!」とのクロスオーヴァー

 

f:id:tunderealrovski:20120912185118j:image

 

丹生さんがボッスンたちを家に招き入れるシーン。コレ、まんま「にゃんこい!」の第4話で、ヤクザの令嬢である凪先輩のお屋敷に潤平くんたちが入っていくシーンと一緒なんです。

 

f:id:tunderealrovski:20120912185138j:image

 

若い衆が一列に並んで客人を向かい入れ、お嬢様を守る爺やが登場する川口敬一郎的金持ちの家メソッド。これだけなら単にシチュエーションが偶然に重なっただけでは? と思われるかもしれませんが、この丹生家にお仕えをしている爺やさん。声優さんが「にゃんこい!」の爺やさんと同じ方なんです。どちらも、爺やの声が矢部雅史さん!

 

f:id:tunderealrovski:20120912185154j:image

 

川口敬一郎監督の作品内では、金持ちの家には須らく矢部雅史ボイスの爺やがお仕えをしているものなのでしょう。演出と声で結びつく「にゃんこい!」と「SKET DANCE」という2つの川口アニメ

 

これだけ、共通点があれば、ファンとしてはどうしてもこの二作品をクロスオーヴァーして考えてしまう…というか、そもそもこの「フードファイターお宅訪問!」を演出された中野英明さんは「にゃんこい!」の第4話「美しい人」を演出された方。もう、こうなると完全に意識してやっているわけですよね。リメンバー&ワンス・アゲイン「にゃんこい!」を。

 

思えば、川口監督が音響監督も兼任をされていらっしゃる「SKET DANCE」の出演声優陣を見てみれば、白石涼子さんに小林ゆうさん、井口裕香さんに矢部雅史さん。ゲスト声優として、浅沼晋太郎さんも登場をされていました。なんだ、「にゃんこい!」のメンバーが勢揃いをしているじゃないか! と。

 

コレは自分の考え過ぎなのかもしれないんですが、「SKET DANCE」って川口監督が「にゃんこい!」の中でやり残したこと、やりたくても出来なかったことを盛り込んだアニメじゃないかと思うんです。

美しい人」は、そのハチャメチャなテンポと笑いでアニメファンからの人気も特に高かったエピソード。それと地続きのコメディー感覚が、「SKET DANCE」という作品には溢れている。それが、この「フードファイターお宅訪問!」での「にゃんこい!」リイシューにも繋がったんじゃないかな、と。

 

 

川口作品のクロスオーヴァー

そこから話を膨らませてもう少しだけ川口敬一郎作品の話を。

アニメは、沢山の人が力を合わせて作るものです。ですから、監督のお名前だけを見て、そこに各作品の共通点を見出すのはちょっと乱暴だと思うんですが、川口監督のアニメってこんな感じで、他の作品とのリンクを感じさせる描写が多々あるように思うんですよね。

 

これは、同じ声優さんが各作品に参加をされていたりだとか、先ほどの中野さんのように、川口監督の作品で仕事をされることが多いパートナー的な脚本家さんや演出家さん、アニメーターの方がいらっしゃる(例えば、ナベシンさんや筆安一幸さんとか)からなのかもしれませんが、ちょくちょくこういうクロスオーヴァー、リンクを感じさせる描写が劇中に登場をしている印象を受けます。

 

例えば、「にゃんこい!」では着メロに「仁義なき戦い」のテーマが使われていましたが、「まよチキ!」では「ゴッドファーザー」の「愛のテーマ」が着メロに使われていて、何となく作品間にリンクを感じさせる演出があったりだとか、もっとストレートなところだと「絶対可憐チルドレン」に「ハヤテのごとく!」のキャラクターが登場をしたりだとか。今回の「SKET DANCE」における「にゃんこい!」な金持ちの家の歓迎メソッドもそうです。

 

監督やスタッフさんの遊び心なのか、ファンサービスなのか。次々に繋がる川口敬一郎的作品世界。何にせよ、私はそこに凄く愛を感じるんです。監督の作品愛を。

 

川口監督、秋からはお兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっを、そして冬にはみなみけ」の新シリーズへの登板が決定しています。これからクリエイトされていくアニメがどのような形で他の作品と繋がっていくのか…ファンとして、とても楽しみにしています!

 

 

■おまけ

f:id:tunderealrovski:20120912185235j:image

 

劇中で、唐突にリングが登場するのも、中野さんが参加をされた今回の「スケダン」と「にゃんこい!」第4話の共通点だと思うんですけど、この辺りも板垣作品大好きな中野さんの色…なんでしょうかね? だとしたら…アチィねェ(東京ドームに務める清掃員さんの表情で)。

 

f:id:tunderealrovski:20120912185441j:image

 

あと、ヒメコがボッスンに掛けていた技が、プロレスラー新崎人生の必殺技「極楽固め」ぽかったけど、何故に極楽固め!? コレも、板垣作品のパロディーなんでしょうか? こういう技を掛けるシーン、板垣先生の漫画で何かありましたっけ…?

 

 

 

<関連エントリ>

■「にゃんこい!」のテンポの良さと、作品が持つコミカルなスピード感

 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証