さよならストレンジャー・ザン・パラダイス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013/11/22

[]スマホガラケーもない田舎のコメディ感 - 「のんのんびより」と携帯電話

 

f:id:tunderealrovski:20131122220953j:image

 

個人的に今、一番ハマっているテレビアニメのんのんびよりにまつわるアレやコレやでエントリを簡易更新!

 

 

携帯電話がない「のんのんびより」の世界

のんのんびより」を観ていてちょっとユニークだなと思ったのが、劇中で一切携帯電話が登場をしないことスマホどころかガラケーも出てこない。このアニメの中で"携帯電話を持たない小中学生"という描写は、かなり徹底をしているイメージがあります。例えば、第二話の「駄菓子屋に行った」ではコマちゃんが公衆電話からほたるんの自宅の固定電話に電話をかけているシーンがある。メッセージの発信も受信も携帯電話を利用していないんですよね。勿論、メールですらありません。

 

f:id:tunderealrovski:20131122221010j:image

f:id:tunderealrovski:20131122221022j:image

 

のんのんびより」の登場人物達の電話の掛け方はかなりアナログです。もしかして、携帯電話が登場する前の時代設定になっているのかな? とすら一瞬思ったんですが、劇中に登場をするテレビ(次回予告で使われたり、この作品の中で何気に重要なアイテム)は画面比が16対9のフラットテレビで、この辺りは確かに現代的。ほたるんの家には「最新型のゲーム機」も置いてありましたし、やはり、「のんのんびより」の世界は我々が生きる時間軸と近しいものであることは間違いないでしょう。

 

そんな中で、完全にオミットしたかのように一切画面に出てこない携帯電話。こうした描写がもたらすイメージというのは、やはり、れんちょんを始めとする少女達が暮す地域の"田舎感"ですよね。実際の田舎の電波事情は自分にはちょっとよく分かりませんが、都市的、現代的なアイテムの象徴の一つである携帯電話を画面に出さないことで、そこにはユッタリとしたイメージと"田舎"という、都市に生きる私たちが存在している世界とは異なるロケーションの特別感がより一層強まる。

 

携帯を目覚まし代わりに使用してアクセク登校をする必要もなければ、急な用事で呼び出されることもない。携帯がない田舎で過ぎていく時間はまさにのんびりとした特別な時間。「のんのんびより」は携帯を描かないことで、その世界観に独特のサムシングを与えているようにすら思えます。

 

 

携帯電話の不在によって成り立つ"笑い"

また、"携帯電話"というポイントに着目をしてみれば、実は作品のコメディの部分でも、この"携帯がない世界"というのが非常に深い意義を持っていることが分かります。というのが、例えば、前述の「駄菓子屋に行った」というエピソード。大人びた格好をして現れたほたるんを大人の女性だと勘違いをしたコマちゃんが、そのまま翻弄され続ける…というアンジャッシュライクなすれ違いコント。困惑しまくるコマちゃんの姿が笑いと可愛らしさをもたらしてくれるんですが、コレ、もしも携帯があったら成立しないコメディシーンなんですよね。もしも、携帯電話という便利な文明の利器があったならば、コマちゃんもほたるんの存在にもっと早く気付いたハズ。

 

f:id:tunderealrovski:20131122221039j:image

 

同様に、水着回でのコマちゃんの迷子パートや第7話「せんべいがカレーになった」でのウサギ小屋に閉じ込められるれんちょんとほたるん…というシーンもそう。これらのシーンももしも携帯があったらなら、夏海ちゃんは姉を簡単に探し出せただろうし、小屋に閉じ込められたれんちょんとほたるんはすぐに助けを呼ぶことができた訳で。「のんのんびより」では、このように携帯があったら成り立たないコメディ、ギャグというのが沢山あります。

 

携帯電話がない…という描写が世界観の演出に加えて、コメディ面でも笑いにドライブ感を与えたり、ギャグの作風にもリンクをしているという。

 

近年のアニメでは、スマホが画面に登場することもすっかり一般化しましたが、そういったアイテムを一切登場させない「のんのんびより」。これは一種のオリジナリティーであると言っても過言ではないと思います。まさに、"田舎"だからこそ出来る描写、演出術ですよね。

 

 

 

<関連エントリ>

■元・田舎者のハートにグサグサ突き刺さります「のんのんびより」

 

<関連URL>

■ラブライブ8話と出崎を継ぐものと電話(まっつねのアニメとか作画とか様)

■戦姫絶唱シンフォギア 第08話 演出の解説 人形による暗示等(karimikarimi様)

 

ななしななし 2013/11/26 14:23 >例えば、第二話の「駄菓子屋に行った」ではコマちゃんが携帯電話からほたるんの自宅の固定電話に電話をかけているシーンがある。
公衆電話からほたるんの自宅の〜ですかね

tunderealrovskitunderealrovski 2013/11/26 19:36 >ななし様
 
ご指摘ありがとうございます! 該当箇所、早速修正をさせていただきました〜! 感謝!!

斉藤斉藤 2013/11/27 02:38 自分も「のんのんびより」にかなり嵌ってますが、これは気付きませんでした。
きっと見ている間はあまりにも心が穏やか過ぎて思考停止状態になっているんだろうなぁ…
確かに、田舎のノンビリした空気を表すのに携帯は不要、むしろ邪魔なんでしょうね。

同じ今期の作品でも、「境界の彼方」ヒロインの未来ちゃんは、金欠で家賃や食費も危ないってのにしょっちゅうスマホをいじくり回してるんですよね。
何か設定の見落としがあるのかも知れませんが、「…解約してメシ食えよ!」と思わずにはいられません。

tunderealrovskitunderealrovski 2013/11/27 02:52 >斉藤さん
 
コメントありがとうございます! 「のんのんびより」の携帯の描写は、凄く特徴的だと思います! あと、あのノンビリした空気と世界観に思考停止状態になる…という感覚も分ります! 凄く!!
これからのアニメはスマホであるとか、携帯の表現って作品ごとに個性が強く出そうですよね。

レプリカレプリカ 2013/11/27 16:51 現実だと数少ない娯楽である携帯やPCは必須でしょうし、都会っ子のほたるんが持ってない訳無いとは思うんですが。
きっとサザエさんの家にPCが無いのと同じ意図的な演出なんでしょうね。
でも、そのおかげで田舎らしいのんのんとした空気感が出て、本当に心穏やかになれるいい作品です。

ところで大人びたほたるんが尋常じゃなく即ハボなんですけど、どうすればいいですか!?
あのちっこい先輩人質にとれば何でも言う事聞いてくれますかね?

tunderealrovskitunderealrovski 2013/11/27 21:09 >レプリカさん
 
コメントありがとうございます! 「ココロコネクト」の頃から感じていたんですが、「のんのんびより」は第4話を観て川面監督は実写映画的な画面作りが凄く上手いな〜と改めて思いましたね〜。こう、初期の平池芳正監督に近いフィーリングも感じます。
そして、携帯電話の描写に関しては、この作品の空気感が強く出ているように感じられて、これまた素晴らしいな〜と。
 
あと、「即ハボ」の意味が分からず、ググったのですが…ヒドい(笑)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tunderealrovski/20131122/p1