さよならストレンジャー・ザン・パラダイス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014/3/26

[][]「週刊ヤングジャンプ」アンケートでの「ぎんぎつね」の扱いに一言モノ申〜す!

 

f:id:tunderealrovski:20140326123303j:image

 

今回のエントリでは、週刊ヤングジャンプでのアンケートについてアレやコレやと一言モノ申〜す!(無駄にエガちゃん調)

 

 

ヤングジャンプ妖怪漫画

おっぱいが大きくて可愛い可愛いグラビアアイドル星名美津紀さんが表紙を飾った2014年16号の「週刊ヤングジャンプ」。

 

f:id:tunderealrovski:20140326123329j:image

週刊ヤングジャンプ 2014年16号 (集英社刊)>

 

もう! もう! 星名さん、か〜わ〜い〜い〜っ!!(惚)

 

おっぱい大きいし、この娘はホントに素晴らしいなと。このヤンジャンの表紙で一発でファンになってしまったグラドルさんで、何て言うか、星名さんのことはずっとずっと拙BLOGでも応援をしていきたいな、と。そんな星名さん、今号のヤングアニマルの表紙にも登場をされています!

 

f:id:tunderealrovski:20140326123352j:image

ヤングアニマル 2014年6号 (白泉社刊)>

 

で、こっちの表紙もやっぱり、か〜わ〜い〜い〜っ!!(惚)

 

ヤンアニのグラビアは、見開きのフリルの付いた白の水着姿で"こてん"って横になって、こっちに微笑んでいる一枚が本当に素晴らしかったです。いや〜…星名さんは、ホントのホントに可愛いなぁ…。

 

そんな感じで、星名さんの話を延々続けていたいところではありますが(できれば、ヤンジャンとヤンアニのグラビア全ページに対してそれぞれコメントを綴ったエントリとか書きたいくらい)、それだと永久に本題に入れないのでそろそろヤンジャンの話に戻ります。

 

星名さんのグレイトなグラビアも掲載をされている件のヤンジャン。で、ヤンジャンでは、ふなつかずき先生による妖怪少女-モンスガ-」って漫画作品が掲載をされているんですよ。

 

f:id:tunderealrovski:20140326123415j:image

週刊ヤングジャンプ 2014年16号 P.80>

 

エロコメの要素を振りかけた妖怪退治、退魔モノのアクション…って感じの作品なんですが、この号(表紙、星名美津紀さん)のアンケート葉書で、本作に対する質問項目があるんですね。…で、小生はその質問項目に対して…一言モノ申〜す!!

 

 

ヤングジャンプでの「ぎんぎつね」の扱いが…(泣)

f:id:tunderealrovski:20140326123437j:image

 

この号のヤンジャン(表紙は星名美津紀さん)のアンケート葉書。「★新連載第3回『妖怪少女-モンスガ-』について質問します。」って枠がありまして、その中で「■妖怪を題材にした作品の中であなたが読んだことのある作品を選んでください。(複数回答可)」という項目があるんですね。

 

で、色々な妖怪漫画の名前が羅列をしてあるんですが、その中に…。

 

f:id:tunderealrovski:20140326123453j:image

 

 

ぎんぎつね

 

 

f:id:tunderealrovski:20140326125122j:image

 

えぇ〜「ぎんぎつね」も妖怪扱い!? 恐らくは、ヤンジャンと同じ集英社刊のウルトラジャンプで掲載をされている故の作品チョイスなんでしょうが、「ぎんぎつね」が妖怪扱いって何だか銀太郎さんやまことちゃんに申し訳ない気が!? 「ぎんぎつね」は"神使"をモチーフにした作品では…"妖怪"じゃないよ"神様の使い"! …まぁ、「ぎんぎつね」の銀太郎さんのビジュアルは十分、妖怪っぽいですが。

 

とはいえ、日本の新道的な観点宗教観だと神様と妖怪って物凄く近しい存在ですし、信仰によって人間や世に善い行いをしてくれるのが神で、反対に災厄を起こすのが妖怪…といった具合に極めてアブストラクトかつオブスキュアなボーダーラインが何となく存在をしている…ぐらいの、これまた曖昧模糊とした捉え方しか自分もしてないんですが、「ぎんぎつね」は…妖怪とは、ちょっと違うような…。

 

"妖怪"と"神様(神使)"。日本では近い概念ではあるんですが、そこはスポーツで言ったら、"プロレス"と"総合格闘技"、音楽で言ったら"パンク"と"メタル"くらい、こう、時に積極的に交わり、時に混同されながらも、やっぱりそのディティールの違いについては、ある程度の分け隔て方をしておく必要があるんじゃないかと…自分なんかは、こう思うわけですね。だって、「ぎんぎつね」が妖怪漫画だといなり、こんこん、恋いろは。とかかんなぎとかも妖怪漫画になっちゃうじゃないですか!

 

…まぁ、多くの人にとってはホントのホントにどうでもいいポイントだと思うんですけど…。

 

そんなわけで、ちょっと気になったもので思わずピックアップをしてしまったヤンジャンのアンケートハガキ。付喪神とか八百万の神とか、そういう概念もあるんだから神使の動物を妖怪にカウントしても全然気にならねぇよ、とか、お前の妖怪観はあめぇよ、言ってること浅薄過ぎるよ! とかのご意見、苦情がございましたらコメント欄等でご指摘いただければ幸いです…m(_ _)m

 

あと、例のアンケート。真倉翔岡野剛両先生のタッグは地獄先生ぬ〜べ〜霊媒師いずなって2本も取り上げられていて凄いなと思いました。いや、そもそもジャンプ作家さんですし、スピンオフの作品ではあるんですが、このお二方は、まさに、お色気妖怪漫画の大家ですね。

 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tunderealrovski/20140326/p1