Hatena::ブログ(Diary)

旧・原付で日本一周した人の感想日記、だったもの

このブログは引越しました、
新しいブログは、

原付で日本一周した人の感想日記2

 です。
こっちも宜しく!GoogleMapでラーメン二郎 です。


週刊少年チャンピオンの感想

一覧は、週刊少年チャンピオンだよ。
その他一覧は、

ラーメン二郎

、 

チャンピオンRED

  です。

2010年02月15日の感想

バチバチ1巻 佐藤タカヒロの感想

佐藤タカヒロ「バチバチ」1巻のストーリー

f:id:tunosyan:20100216025117j:image:right

2度死んだ男、火竜太郎。

1度目は、大関になり、横綱一歩手前で暴力事件を起こし角界を追われた日。

2度目は、酔払い、力士の力を見せつけようとトラックに挑んだ日。

「死んで生きれるか」

がこの男の口癖だった。


そんな男を父に持つ、鮫島鯉太郎

キッカケは、ただの地方巡業。

手にしてしまった確信。

知ってしまった、バチバチ


俺があまりに弱っちかったから・・・

終わりにしてやることが出来なかったんだ・・・

なってやるよ!

アンタが届かなかった

神様って奴に・・


「横綱とは神だ! オレは神になる!!」


佐藤タカヒロ「バチバチ」1巻の感想

f:id:tunosyan:20100216025415j:image:right

初め予告を見たときは、相撲かよ〜って正直思いました。

自転車とかサッカー・野球なら憧れたりスポーツクラブとかで

体を動かしてみるとか出来るけど、相撲だとイマイチかな〜と、

思っていましたが、

こいつは、相撲の皮を被った超本格派ストーリー漫画ですぜ。


主人公鯉太郎の、大関時代の父親に対する尊敬と憧れ

追放された後の、戯言しか吐けなくなったプライドに対する嫌悪。

それらが入り交じり

火竜の兄弟子の元横綱・虎城親方や、

元横綱キラー・空流親方の複雑な思惑が素晴らしく良く出来た作品です。


出てくる登場人物一人ひとりに

感情がキッチり書かれていてキャラクターの作り込みを

念入りにしている感じがあり、

相撲界のコネタも少しづつ挟んで有り相撲をまったく知らない人でも

解りやすくスンナリと、ストーリーに引き込まれること間違いなし。


前半に描いた駄文は、

相当マジで大マジ、本気で書いています。

板垣先生も作品の引き伸ばしで苦労されていると思われるなか

この様な次世代の看板作品が育って安心されていることでしょう。

いずれ近いうちに、週刊少年チャンピオンは下記のように

看板が移っていくと思っています。

板垣恵介「範馬刃牙」 → 佐藤タカヒロ「バチバチ」

水島新司「ドカベン」 → 渡辺航「弱虫ペダル」

浜岡賢次「元祖!浦安鉄筋家族」 → 桜井のりお「みつどもえ」


週刊少年チャンピオンを買ってまで読め!!!!

っとは言わないモノの、範馬刃牙を立ち読みするくらいなら

バチバチ、弱虫ペダル。萌が嫌いでなければ、みつどもえ

位は読んどけって。


そのうち、週刊少年サンデー、週刊少年マガジン。

そして週刊少年ジャンプの発行部数も超えるから!

超えた後に読み始めても、新参って馬鹿にされるぞ!!

バチバチ 2巻の感想〜剛毅木訥〜

バチバチ 3巻の感想〜我武者羅〜

バチバチ 4巻の感想〜一意専心〜

バチバチ 5巻の感想〜奮励努力〜

週刊少年チャンピオンの感想

単行本の感想一覧

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証