ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

はてなでテレビの土踏まず このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-06

℃-uteラストライブにつんく♂さんがいた話

2017年6月12日にさいたまスーパーアリーナで開催された℃-uteのラストライブ「℃-ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ〜Thank you team℃-ute〜」の感想を書き惜しんだまま半年が過ぎ、今日は2017年12月6日で6月12日とあべこべなのがタイミングいい感じなので、半年遅れの℃-uteラストライブ感想文を書きます。

アンコールの最後の最後、℃-ute(910)の語呂合わせで夜9時10分ちょうどにスクリーンに映し出された時計が止まり、この瞬間をもって℃-uteの活動も終了した、なんて演出にマジで心臓止まる思いがしたのは昨日の更新で書いたとおり。この演出が会場を絶句させていたとき舞台裏でも℃-uteメンバーがオロオロ泣いていたことが後日YouTubeハロプロ関連配信に映っていて、思いを共有していたことがわかる。

大きな会場でやることがすべてではないとはいえ、やはり初めて立つ℃-ute単独ライブ史上もっとも大きな会場・さいたまスーパーアリーナで終わりを迎えられたのは℃-uteにとって大団円だった。グループとしての活動自体は全然続けてほしかったし、もっと欲をかいてドーム球場とかでやるくらい国民的になる姿を見せてほしいという意見もあったけど、選択肢の1つとしてタイミングを見計らった立派な引き際ではあった。広い会場内をトロッコでまわったりスケールの大きな演出がいっぱいあって一世一代だった。

それと同時にツアーをずっと見てきた身からすると、こんな会場でもいい意味で普段どおりなんだなとも思った。ラストライブだろうとさいたまスーパーアリーナだろうと、いつもの5人が普段から聞き慣れた楽曲を歌って見慣れたダンスを踊る。状況的には特別感しかない一夜だったけど、普段着なのはあるべき姿なんだなと。十数年、毎日臨んできた地道な活動の先にしかあの日のあの風景はなかったのだなと思う。

個人的にも座った座席が、本当にたまたま関係者席のすぐ隣で、ステージのほうに身体を向けるだけで、バナナマン日村さん、よゐこ濱口さん、遅れてきたダイノジ大谷さんといった著名な皆さんの後ろ姿が目に入った。

そんな中でひときわ驚いたのが、つんく♂さんが来ていたことだ。最初は業界人っぽい人がお付きの男性と2人で階段を降りてきて、濱口さんと挨拶を交わしたりしながら着席したのを見て、つんく♂さん?っぽい人?と半信半疑だったけど、終演後に℃-uteと撮った写真がネットに上がってるのを見て、本人だと確認できた。つんく♂さんクラスになると、もっとガラス張りの個室みたいな特等席から見るんじゃないかと勝手なイメージで思い込んでいたけど違った。

この日流れた曲の大半を手がけたつんく♂さんが、たまにスマホで会場の様子を撮影したり、℃-uteに拍手を送ったりしながら見守るステージを、さらに後ろから見る。その記憶を含めて印象深いラストライブだった。

℃-ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃-ute~ [Blu-ray]
アップフロントワークス(ゼティマ) (2017-10-11)
売り上げランキング: 1,635

「だから、生きる。」
つんく♂
新潮社
売り上げランキング: 29,509

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tvhumazu/20171206/p1