ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

はてなでテレビの土踏まず このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-09

第16回ハロプロ楽曲大賞'17

今年2017年度に発表されたハロー!プロジェクト関連の楽曲のうち、よかったと思う5曲を投票する「第16回ハロプロ楽曲大賞」に今年も参加します。

http://www.esrp2.jp/hpma/2017/

楽曲部門

5位:凛(RIN) / ℃-ute / 0.5ポイント

℃OMPLETE SINGLE COLLECTION(初回生産限定盤A)
℃-ute
UP FRONT WORKS Z = MUSIC = (2017-05-03)
売り上げランキング: 10,016

ラストのベストアルバム「℃OMPLETE SINGLE COLLECTION」に収録されたオリジナル曲。ツアー途中からアンコールで歌われ始めました。メンバーお気に入りの1曲だと主になっきぃが言っていたと思う。なっきぃや岡井ちゃんとプライベートでも交流のある理姫さん(アカシック)による歌詞を初めて読んだときに、なっきぃは泣いたらしい。ライブ中のMCで「振り付けが簡単だから覚えてほしい」とメンバーに言われた記憶があるけど、それはとんでもなくムチャなリクエストでした。スピードがすごくて付いていけない。再会を約束する「小指に赤いリボン結びを」というフレーズや仕草は、とてもわかりやすいなと思う。

4位:夢 / ℃-ute / 0.5ポイント

「凛」と同じくラストのベストアルバム「℃OMPLETE SINGLE COLLECTION」に収録された、とても爽やかないい曲。結果的に「凛」よりもライブで披露された機会が少なく、あまりにもったいないと思ってます。品川ステラボールでのアルバム発売イベントでは見られましたし、DVDにも入ってますね。自身も℃-uteファンの「赤い公園津野米咲さん作詞作曲で、津野さんにとって℃-uteに楽曲提供するという「夢」が叶った曲でもある。

3位:The Curtain Rises / ℃-ute / 3ポイント

To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises(初回生産限定盤SP)(DVD付)
℃-ute
UP FRONT WORKS Z = MUSIC = (2017-03-29)
売り上げランキング: 51,186

つんく♂さんが最後のツアーのオープニング曲をイメージして制作した曲。ツアーでは違う「会いたい 会いたい 会いたいな」だったけどラストライブでは本当に「The Curtain Rises」での幕開けとなった。自らを鼓舞するパワーワード「さあ歌い散れ 心燃やし尽くせ」が強烈。こないだカラオケに行ったときに歌ってみたら、2コーラス目の「時間よ止まれと 今日ほど感じた日はないよ」からのフレーズが完全に自分の思いとしてマイクに乗り、2017年6月12日にさいたまスーパーアリーナのステージに立った℃-uteが憑依した。

2位:To Tomorrow / ℃-ute / 3ポイント

To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute
UP FRONT WORKS Z = MUSIC = (2017-03-29)
売り上げランキング: 80,328

つんく♂さん作詞作曲で温かく上品に仕上がったミディアムテンポ。歌詞に反映させるため、つんく♂さん自らメンバー本人へラスト前の心境をリサーチしたそうで、ストレートな感謝の思いや次のステップへの間違いのない思いが綴られる。「『不安無い』っちゃウソになる それも含めて行ってきます」とかいい言葉の連続。アイドルの幕引きには悲しさしかないが「全部やりきったよ Feel Fantastic!!」と言われたら返す言葉もないです。曲調が中森明菜の「ミ・アモーレ」を思い出すという意見は、まったく聞く耳持たれない。

1位:ファイナルスコール / ℃-ute / 3ポイント

To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises(初回生産限定盤B)(DVD付)
℃-ute
UP FRONT WORKS Z = MUSIC = (2017-03-29)
売り上げランキング: 76,237

ラストライブ目前となった℃-uteを取り巻く感傷、激情、絆などを、℃-ute≒リーダーの矢島舞美さんにつきものの雨に重ね合わせた別れと決意の歌。湘南乃風SHOCK EYEさん作詞作曲。「もう会えないなんて 信じられないまま 君のいない世界は 花の落ちた枝みたいで 今にも折れそう」の絶望から、「キュートな花 散ったとしても 強く育ったその枝には 必ずまた きれいな花 咲き乱れるから」の希望へ。一言一句が胸に突き刺さる。ライブを重ねるごとに会場みんなでサビの振り付けをするようになり、ラストツアー途中あたりから思いが成熟して一体感のある泣ける曲になってしまった。トリプルA面となったラストシングルの3曲はどれも尊いです。

MV部門

3位:The Curtain Rises / ℃-ute / 2ポイント

2位:To Tomorrow / ℃-ute / 2ポイント

1位:ファイナルスコール / ℃-ute / 2ポイント

推しメン部門

中島早貴 / ℃-ute

なっきぃかわいい

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tvhumazu/20171209/p1