Hatena::ブログ(Diary)

筋トレ週報_ガラケー用ミラー

※出張や旅行時、このミラーページを更新できないことがあります。申し訳ないです。

「石井ゆかりの星読み」はこちら。

2018-10-11

2018/10/8-10/14 双子座の空模様

「こんな大きな、複雑な、深遠な思いは
どんなに説明しても、誰にもわかってもらえないだろう」
という思いを、
敢えてなんとか人に伝えようとしたとき、
そこに、芸術が生まれることがあります。
あるいは「芸術」というほどのことでなくとも、
素敵な作品とか、表現とか、特別な人間関係とか、恋とか、
あるいは、「自分なりの仕事」などが生まれます。


今週、あなたの世界にちょうど、
そんなことが起こるかもしれません。
あなたの中からしか出てこないかもしれないなにごとかを
あなたと関わっているだれかが、
どうしても、必要としている
というふうにも見えます。


「愛が生まれる」ようなタイミングですが
この時期生まれる「愛」は特に、
儚いトキメキなどではないように見えます。
すでにある程度の「歴史」を土台として起ち上がってくる、
春の筍のような頑丈な風貌の「愛」であるはずです。

2018/10/8-10/14 蟹座の空模様



新しい「居場所」を見いだせるようなタイミングです。
あるいは、新たな居場所を作りはじめる人もいるかもしれません。
幼い頃は、居場所は「与えられる」ものですが、
大人になると自ら探しだし、選び取り、
あるいは、創り上げなければならなくなります。
心の置き場所、第二の故郷、身体の一部のような作業場。
毎日のように顔を出す「行きつけ」のお店や、
必ず一定時間座ることにしている椅子など、
私たちは様々な「心の置き場所」を必要としていて
成長の過程で、いつのころからか、
それを自分のために、必要に応じて準備する
という責任を負うものなのかもしれません。


それでも、人生の中で
「完全に自分のためだけの場を作る」
ことは、なかなか難しいことです。
大抵は、身近な人のため、仕事のため、家族のため、
経済的な条件や環境自体の制約などを軸に、
「居場所」となりそうな場所を
なんとか探し出すしかありません。
言わば、自分を「世界」に填め込むように、
諸条件に合わせて「場」を作るケースの方が
多分、多いだろうと思います。


でも、今年のこの時期は不思議と
「自分がどうしたいのか」
「自分はどこに居たいのか」
「そこでなにがしたいのか」
「その場所は何のための場所なのか」
を、繰り返し問われることになるのではないかと思います。
物理的に、人間関係的に、精神的に、
「この場所が自分のためだけの場所として
それは自分にとって、どういう意味を持つのか」
を、
他人の意向ではなく
あくまで自分自身の意向を軸に考える
ということが、必要になる場面があるのではないかと思うのです。

2018/10/8-10/14 牡羊座の空模様


「出会い」のタイミングです。
この時期の「出会い」には、
だれの目にも見える部分と、
あなただけに、
あるいはあなたと相手だけにしか見えない部分との
両方を含んでいるようです。


多くの人が「貸し借りを作る」ことを嫌います。
特に、だれかに借りを作ることは、
自分で思う以上に、心の重荷になることがあります。
でも、「貸し借り」には、本当は
もっと様々な光を当てることができるものなのかもしれません。
だれかがだれかに、個人的に力を貸すとき、
貸す側は借りる側を、すくなくとも信頼しているはずですし、
場合によっては、深い愛情や好意をもっています。
でも、力を借りる側には
なぜか、そのことが見えなくなることが多いようです。


私たちは決して、他人に「なる」ことができませんが、
心の底から他者の心のナカミを思いやったとき
自分が「借りている」というそのことの意味が
全く別の光を帯びて、浮かび上がってくるかもしれません。

2018/10/8-10/14 牡牛座の空模様

人は「目に見えるもの」に弱いので
「時間」を味方につけることができにくい
というところがあります。
すなわち、時間をかけなければ生まれないようなものは
「今すぐこの目で見る」ことができないので、
そもそも、信じられないのです。
「コツコツがんばったら、できるようになるよ」
というそれだけのことも、
真実であるにもかかわらず、
なかなか信用されません。
三日坊主がはびこる所以です。


この時期、あなたはゆたかな人間関係に囲まれて、
人に対して何かを説明したり、
説得したりしなければならない場面も多いかもしれません。
そういうときには、
すでにできあがっている分かりやすいものを
相手の目にぱっと見せて
「百聞は一見にしかず」
ということをしたくなります。
もちろん、今、あなたはそれを充分以上にできるのですが、
その一方で、少し未来を見越して、
「今はまだできていないけれど、
しばらく時間をかけて創り上げ、
相手にぱっと見せられるようにできるなにか」
を、今週辺りから作りはじめるのではないか、
というふうに見えます。


人とのゆたかな、リアルな関わりの中から、
今、ひそかに
「そろそろ時間をかけて作りはじめるべきもの」
のイメージをキャッチできるようです。

2018/10/8-10/14 獅子座の空模様

今まで「聞き役」に回る場面の方が多かったなら
今週以降、「語る」側に立つことになるかもしれません。
一方、今までずっと語り続けてきた人は、
不意に今週、相手が語り始めてくれるのを
目の当たりにすることになるかもしれません。


春の花々が申し合わせたように、
一斉に咲き出す「タイミング」があるように、
人が何かを「話し出す」ことにも、
ある種のタイミングがあるように思われます。
桜などは、
毎日の気温を足し上げていって、
ある一定の数値に達すると、一斉に咲く
というハナシを聞いたことがありますが、
人が話し出す瞬間というのも、それに似て、
何らかの思いの積み重ねが、一つの閾値に達したときに
ぱっと巡ってくるものなのかもしれません。


あなたが語り続けてきたことが、
あるいは、聴き続けてきたという事実が
一つの信頼を生み、
相手の態度を変えていくことになるのではないかと思います。

2018/10/8-10/14 天秤座の空模様


今週、あなたの星座で新月が起こります。
新月は「スタート」のタイミングで、
文字通り今週、
大切なスタートを切る人が少なくないでしょう。
心から好きになれることに出会えたり、
活躍の場を得たり、
大切な人との出会いの気配もあります。


今週始まることの「本当の意味」を知っているのは
もしかすると、あなたの身体や心なのかもしれません。
もちろん、あなたの頭脳も、
ちゃんと今起こっていることを把握しているはずですが、
あなたの身体や感情の世界はそれ以上に
「何か大切なことが始まりつつある」
ということに、気づいているのではないかと思うのです。

たとえば、新しい仕事が始まれば、
心は緊張でドキドキし、
いつもよりも疲れやすくなったりします。
恋をすれば日々の雰囲気がふわふわして感じられたり
集中力がなくなったりします。
すごく嬉しいことが起こった時は
痛みや空腹を感じなくなる
ということもあります。
体や心は
「今始まっていること」に、とても敏感に反応します。
この時期はその「反応」に、目を向けたい時です。
今始まりつつあることがあなたにフィットしているなら、
あなたの心身は不思議な喜びを発するでしょうし、
もし、フィットしないところがあるならば
どの辺をなおすべきか、
そっと、教えてくれるだろうと思うのです。

2018/10/8-10/14 乙女座の空模様


あなたは人一倍優しい人ですが
同時に、とても鋭い言葉を持つ人でもあります。
あなた自身が「辛口のことを言おう」と意識しているわけではなく
ただ単に「本当のこと」をそのまま口に出したとき
結果的に「鋭い」「辛辣」などと受け取られる、
ということなのだろうと思います。
ゆえに、「辛辣」とされるにもかかわらず
あなたに意見を求めに来る人は絶え間なく、
あなたのアドバイスはことのほか珍重されます。
あなたの意見で自分を変えたい
と思っている人は、
あなたの周囲に、多分、少なくないはずです。


本当のことが見える
というあなたのその力は
類い希なる才能です。
今週以降、あなたの言葉はいつになく密度を増し、
人に与える影響も、強くなってゆくようです。
あなたの言葉の「強さ・鋭さ・真実さ」を、
この時期はいつもよりもしっかり意識する必要がありそうです。
人を潤す泉も、人を圧倒する洪水も、
同じ「水」でできています。
あなたが持っている力を、
渇いた人にとっての純粋な泉とするために
ちょっとした工夫ができるときだろうと思います。

2018/10/8-10/14 蠍座の空模様


どんどん忙しくなっていきます。
今週、更に新しい「忙しさ」が
あなたの生活に新加入するため、
ドタバタした落ち着かない雰囲気に包まれるかもしれません。
特に「しっかり話す」ということに、
今は意識が向かいそうです。
言葉にして説明し、細かい所まで確認し、
メモやリストを駆使して、記録を残しておくことで、
物事をしっかり掌握できるでしょう。
この作業は、あなたの創造性や本当にやりたいことを
「解放」するために必要なのかもしれません。
物理的な条件や事務的な確認事項が曖昧なままだと、
「好きなように、自由にやる」気持ちが
かえって、阻害されるものだろうと思うのです。
ごく個人的なことであっても
敢えて、ある意味「仕事っぽく」取り組んでみると
面倒なところだけを先に片付けて
美味しいところをゆっくり楽しめる
という形にもっていけるかもしれません。


意見を求められる場面も
これから、増えて行くのではないかと思います。
過去一年の中で起こったことについてはとくに、
深く考えておくと、
いざというとき即座に
自分なりに納得のゆく変等ができそうです。

2018/10/8-10/14 山羊座の空模様


「興味を持って始めてみたけれど、
やっぱり自分には向いていなかった」
という経験は、誰にもあるだろうと思います。
仕事や趣味は勿論、
人間関係や、パートナーシップにも、そのことは当てはまります。
それでも、私たちは興味を持ち、
多分できるだろうというヴィジョンを描き、
やったこともないことに挑戦し、
そうして、「自分に合うもの」を模索し続けます。


そのポジションに立って、実際に活動してみなければ、
自分に合うかどうかはわかりません。
周囲に大反対されながらも、ある世界に飛び込んで
大成功を収めた、というような「武勇伝」は、
決して珍しくありません。
この時期、あなたは大きな夢を描き、
それに向かって「まずは、やってみる」ことを選択するだろうと思います。
もちろん、紆余曲折はあるかもしれませんが
けっこう、あなたのぴったりのものが
その道の先で見つかるようです。

2018/10/8-10/14 射手座の空模様

「自分だけでできるところ」と、
「人と一緒にやるべきところ」とを、
切り分けることができそうです。
その「切り分け」を
自分だけの腹づもりとするのではなく、
当事者である「人々」と、共有できそうです。


今のあなたは、どこか、
自分自身のためになにかをする、というより、
自分以外の何かを最優先にしているフシがあります。
だれかのために、あるいはなにかのために、
素晴らしい集中力で考え続けているように見えます。
その集中力を守るためにも、
自分一人の世界と、みんなと生きる世界とを
何らかの形で区別しておきたくなるのだろうと思います。


今週、新しく仲間が増えるかもしれません。
あるいは、今準備しつつあることに
新たな希望が見えてくるのかもしれません。
ここをメタなスタートラインとして
夢を追う道をより、確かなものとするために、
わずかに軌道修正できるようです。

2018/10/8-10/14 水瓶座の空模様



魅力的なチャンスがたくさんあるような時は
「どのチャンスを掴もうかな」と、
あれこれ目移りしてしまいます。
さらに「どれが一番成功しそうか」「どれが一番簡単そうか」など、
様々なものさしでそのチャンスのひとつひとつを測りたくなります。
測れば測るほど、
いったいどんなものさしで測るのが一番正しいのか、
それがだんだん、分からなくなってきます。


今週、そこにひとつのこたえが見つかるかもしれません。
それは「学べるかどうか」ということです。
あなたが一番学びたいことを学べる場
というものが、もしあるなら
それはどれだろう?
というものさしが、今週は役に立つかもしれません。
または、今週あなたが学び始めたことが、
「どのチャンスを選ぶべきか」を
あなたに教えてくれる可能性もあります。
それは「今後どんな勝負の場を選ぶべきか」ということの
答えでもあるのかもしれません。

2018/10/8-10/14 魚座の空模様


「響きを聴く」ような時です。
響き、という言葉を私たちはごく普通に使いますが、
ストレートに「音を聴く」ということと
「響きを聴く」のとは、ちょっとちがいます。
「響」は、こだまや反応や関係といった、
「間接的に聞こえる音」「反応して出る音」
のようなものを指すことばであるようです。
鐘をついたその瞬間にも音は出ますが、
もう撞木を話してしまっても、
鐘は音を出し続けています。
「響き」は、そんなふうに、
直接的な働きかけのあとにもしばらく残って
あの瞬間に撞木が鐘を衝いたのだということを、知らせ続けます。


今週、あなたとだれかの間に、
そんな「響きを聴く」ような出来事が起こりそうです。
お互いがお互いに対して働きかけたことが、
そのあとまで、不思議な響きを拡げてゆくのです。
鐘をならしたのは撞木ですが、
鳴っている音は、鐘自身が元々持っていた可能性としての音
と言えるかもしれません。
ピアノの音は、ピアノが持っている音であり、
手が出している音ではありません。
私たちが他者に働きかけたときも
そういうことが、よく起こります。
相手から出てくる「響き」は、
自分の働きかけの結果ではあっても
「自分の音」ではない、ということです。

だからこそ
人が人に働きかけるということには
無限の面白さがある、ということなんだろうと思います。