ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報_ガラケー用ミラー

※ツイッターをやっていなくても、直接見ることができます。
※出張や旅行時、このミラーページを更新できないことがあります。申し訳ないです。

「石井ゆかりの星読み」はこちら。

2017-04-21

2017/4/24-4/30 魚座の空模様


かつて人の手で何日もかかってやっていた作業を、
ちょっとした機械が1日で終わらせてしまう
といった変化を、
現代を生きる私たちはしばしば、経験します。
「あと何日残業しなければならないだろう」
とため息をついていた人が、
隣の席の人からちょっとしたパソコンの使い方を教わって
その日のうちにすべての作業を終わらせてしまった
というようなことは、珍しくありません。


これは、一見すばらしいことなのですが、
ちょっとした問題もはらんでいます。
すなわち、
ちいさな工夫や便利な道具で、
それまで大変だったことが、簡単に終わる!
となったとき、
私たちは色々なジレンマにさらされるのです。
たとえば「余った時間で何をするか」ということがあります。
さらに言えば、
「苦労して役に立っている」
というその自負心や誇りを
今度はどこにもっていけばいいのだろう、
というのも、けっこう大きな問題です。
ドラえもんが出してくれた便利な道具をつかったとき
基本的に「もっと困った状況」が生まれる、
というのは、けっこうシビアな現実なのかもしれません。


それでも「余った時間」は、とても貴重です。
要するに、モノの見方や生活の在り方を少し変えることができれば
「余分な時間」が「貴重な宝物」に早変わりするわけです。
さらに、自分の役割や立場に関しても
新しい視点を得れば、誇りややりがいも刷新されるでしょう。
この「変化・刷新」のプロセスが、
この時期、けっこう勢いよく展開していくのではないかと思うのです。


ドラえもんの出した道具をのび太が使う様子を見て
「ああ!そんな使い方をせず、
もっとこういう風に使えば、うまくいくのに!」
と思ったことがある人も少なくないと思います。
道具は、それ自体は、
いいものでも悪いものでもありません。
このところ貴方が見つけた「新しい道具」のようなものがあるとして、
今週は、それをどのように運用すれば
貴方の生活がより充たされたものになるのか
ということを
かなり多角的に考えていくことができるだろうと思います。

2017/4/24-4/30 水瓶座の空模様


たとえば
なんとなく距離を感じていた相手と再会して
かつて起こった行き違いについて話したとき
「それは、全然違う意味で言ったんだよ!」
と説明しあえて
「なんだ、そうだったんだ」
という大きな喜びが胸に湧き上がり
そこから、熱い愛情が生まれる
というようなことがあるかもしれません。


なにもない状況でだんだんに仲良くなっていくよりも
もしかすると、こうした
「一度行き違いが生じて、
それをあとで訂正し合った時、
飛躍的に仲良くなれる」
というような展開の方が、
距離が近くなったり、思いが深くなったりするものなのかもしれません。
平地にはなかなか水が流れませんが、
段差ができると、勢いよく水が流れる、
というのに似ています。


今週、そんなふうに
過去のコミュニケーションと現在のコミュニケーションが
勢いよくぶつかり合ったところに面白い「高低差」ができあがり、
その山坂を、情熱が勢いよく流れてお互いを結び付けていく
といった出来事が起こるかもしれません。

2017/4/24-4/30 山羊座の空模様


あまりお金のないときにお店に行くと
なんでもかんでも欲しくなるのに、
多めにお金を持って買い物にいくと
なぜかどれも欲しいと思えない
という経験をしたことがあるでしょうか。
忙しくて他のことが何もできないときは
遊びたくてたまらなくなるのに
いざ、時間ができて暇になってみると
これといってしたいことを思いつかない
という場合もあります。


何もないときはあれこれ欲が出るのに
潤沢にあるときは欲が消えてしまう
というのは、妙なものです。
「ハングリー精神」というのはつまり
そういうことを言っているのでしょう。
充たされているとき、私たちは
憧れを抱くことができないのです。


この時期、
「いつもは適当にあるものが、
一時的に、とても足りなくなるために、
熱いあこがれが胸に生まれる」
ようなことが起こるかもしれません。
これは一時的なことではなく
愛や夢が「息を吹き返す」ような変化なのだろうと思います。
ある特別な状況に置かれてはじめて
新鮮な憧れが「生き返る」ような変化が
今週、起こるのではないかと思うのです。


それは例えば単純に
忙しくて仕方がなくなるとか
身近な人の世話に忙殺される、
といったことなのかもしれません。
それ自体は特別珍しいことではないと思いますが
忙しさの中で
「ああ、時間ができたら、こんなことをしたいなあ!」
という気持ちがわいてきたなら
その憧れこそが、少し先に、
貴方の生活の新しい羅針盤となってくれるようです。

2017/4/24-4/30 射手座の空模様



熱っぽい「愛と創造の季節」に入ります。
すでに年明けから3月にかけて、
そうした熱い季節を過ごしていた人も多いかもしれませんが
今週を境に6月頭まで、
早春の熱を何倍にも増加したような情熱的な時間を
過ごせることになりそうです。


とはいえ今週から来週にかけては
まっしぐらに突き進む!
というのではなく
少し知的な作業が必要になるようです。
愛と想像の世界では、
人の「思い込み」が問題になります。
たとえば、ある種のアートは
「常識」に疑問をぶつけることを目的とすることがあります。
また、愛に関しても、
「頭の固い大人との対決」が描かれるラブロマンスは
古今、枚挙にいとまがありません。
創造活動や恋愛自体の中にも、
古い考え方との対決
が必要になる場面は多々あります。
自分自身の思い込みや狭い視野と戦わなければ
出来上がらない作品、遂げられない愛、というものが
存在するのだと思います。


今週から来週にかけて、
射手座の人々は、
かつての自分なら決してできなかったようなアプローチを
愛と創造の世界で、試みることになるでしょう。
これは、ただ斬新な案を採用するということではなく
あくまで
「過去の自分がたどってきた道と対決する」
ところから生まれるアプローチです。
つまり、単純に前だけを見ればいいというわけではなく
後ろを振り返ってみたときに、
そこに足りない「前」があるとするならそれはどれか
ということを探ってから
先に進む、
という段取りになるのだろうと思うのです。

2017/4/24-4/30 蠍座の空模様


きらっとした「出会いの季節」です。
全く新しい誰かに出会う人もいるでしょうし
ある短期的な、特別な条件のもとで、
すでにある人間関係の中に
新しい芽を見出す人もいるでしょう。
人と人との関係は新陳代謝を重ねていくようなところがありますが
「いつもとは違う外部条件」
が、脱皮や変容のきっかけとなる場合も多いようです。


過去1、2か月の中でイレギュラーなかかわりの道を通り、
今、少し落ち着いてはいるけれどもやはり、
いつもとはちょっと違った雰囲気の中で、
その条件でしか見られないものを見て、
その人との関わり自体が「再生」するようなことが
今週、起こるのではないかと思います。


夕日はいつも夕日ですし
朝日はいつも朝日ですが、
周りにある雲や空気中の水分などによって
その表情は大きく変わります。
また、暗い夜を耐えて朝を待ち望んでいるようなとき
朝の光は常のものとは全く違った感動を帯びて差し込みます。
この時期、貴方は
「いつも見ているはずのものなのに
まったくちがっている光景」を
何らかの人間関係の場で
見出すのではないかと思うのです。

2017/4/24-4/30 天秤座の空模様



とてもマニアックな話ができそうです。
「ずっとこういうハナシを誰かとしたかったんだけど、できなかった」
というような、心の奥から燃えてくるような対話が
今週、意外な人物との間で
実現するかもしれません。


もともと興味関心を持っていた分野に関して
そんな話ができる場合もあると思います。
あるいは、かねてから少しだけ興味があるけれど
まだ踏み込んだことがない世界に
誰かに勢いよく引っ張り込まれることになるかもしれません。


「マニアックな話」は
ある分野に関する細かい知識のぶつけ合いのような、
単なる張り合いになってしまう場合もありますが
この時期のそれは決してそんな
不毛な張り合いに納まるものではないと思います。
細かい情報を味わいあう楽しみももちろん、
あるかもしれませんが
この時期はそうした知識や情報は
あくまで「扉」の意味しか持っていません。
扉の向こうに一緒に踏み込んでいけるのが
本当の「マニアックな話」だとするなら
今週は、何の専門分野も共有しない人同士でも
とても「マニアックな話」ができるのではないかと思います。

2017/4/24-4/30 乙女座の空模様


今週受け取るどんな突飛な提案や意見、要望も、
時間をかけてわけをきいてみれば
「なるほどそういうことか」と
ある程度以上、納得できそうです。
今週、人から投げかけられてくるものや
身近な人が持ち込んでくるものは、
妙に奇抜な、面白いところを含んでいるので
最初はびっくりさせられるかもしれませんが
そこには独特のリクツがあって、
そのリクツを出発点として考えていくと
なかなか面白い冒険がはじまりそうなのです。


あとになってどんなに
「ああしておいてほんとうによかった!」
と思えることでも
最初はとても否定的に、しぶしぶ始めている
ということはたくさんあります。
今週は「誰か、自分以外の人」がそうしたミッションに
なかばむりやり、スイッチを入れてくるかもしれませんが
貴方の知性をもってデコードしてみると
案外、そのミッションは貴方にもっともいい影響を及ぼすものだった
ということがわかってくるのではないかと思います。


2017/4/24-4/30 獅子座の空模様



「謎が解けていく」ような週です。
不思議で仕方がなかったことから、
わかったつもりでわかっていなかったことまで、
「ああ、そうだったのか!」
というふうに、
こんがらがった糸がほどけていくようです。

それと同時に
「未来」
が、突然強い光を放ち始めるのは
偶然ではないと思います。
わからないことがあるばかりに動けなかった状態から、
「わかる」ことによってボトルネックが解除され、
ガンガン動ける状態へ。
このシフトが起こることで、
冒険的な計画が次々に新しく起動していきます。


週の中ほど、
新しいミッションがスタートする気配がありますが、
全く新しいことなのになぜか
「こうなることは前々から決まっていた」
ような感じがするかもしれません。


2017/4/24-4/30 蟹座の空模様


新しい状況を生み出そうとすればするほど
古いものを引っ張り出さなければならないかもしれません。
過去の経験や「現状」につながった最初の条件、
昔はどんなふうに運用されていたのか、等々、
時間をさかのぼればさかのぼるほど
いまを新しくするためのヒントが見つかります。

今週、蟹座の人々は未来に向けて
とても新しい手を打つことになると思います。
でも、その「手」の出所は、
おそらく、過去に起こった出来事や伝統、歴史など、
とても古いところなのではないかと思うのです。

しばしば、長所と短所が
「一つのことを言いかえただけ」
であるように、
新しい状況を作り出そうとするときにも
古い条件を別の形で「読み替えて使う」
ような作業が有効なのかもしれません。
私たちはどんなに大きく自分を変える時にも
決して「自分でないものになる」わけではないからです。



2017/4/24-4/30 双子座の空模様



新しいことがガンガン始まると同時に、
これまで「ちょっと放っておいたこと」を
ひとつひとつ、集めて回りたくなるかもしれません。
たとえば、長く連絡を取らなかった友だちに連絡をしたり
「そのうちやろう」と思っていた少しゆるいタスクに手を付けたり、
といったことです。
「いつやってもいいし、やらなくても問題はないけれど
それに今手を付ければ、
その先に、予想を超えるなにかが待っている気がする」
という直観が
貴方の胸に走るのです。
そこから、
「なぜ今なのかは説明できないけれど
たぶん今だろう」
という感覚で、
行動を起こすことになるだろうと思うのです。


「いつかそのうち」が
「いつになるか」は、
誰にもわかりません。
「機が熟す」ようなタイミングがやってきた時
はじめて
「あのときの『いつかそのうち』は、いまだ」
とわかります。
今週は、その「いまだ」という感覚が
不思議と、強く感じられるかもしれません。
どうでもいいようなことや
いつでもいいようなことほど
「いまだ」
と思えるかもしれません。


そして、動いてみたとき
その感覚が正しかったということを
かなり想定外の展開によって
教えられるのだろうと思います。

2017/4/24-4/30 牡牛座の空模様



先週を境に、
かなりすっきりした気分になってきたのではないでしょうか。
苦手なことから解放されたり、
迷いをとりあえず脇へ片づけて集中力を回復したり、
といった
「調子が戻ってくる」手ごたえを感じている人が
少なくないだろうと思います。


今週はそこに「新しいスタートライン」が置かれます。
お誕生月はいつも「はじまり」の時間なのですが
今週は特に、貴方の星座で新月が起こり、
スタートを強調するような、
特徴的な出来事が起こりやすいだろうと思うのです。


「始まり」は、
過去を吹っ切って真新しい世界に飛び込む!
というイメージを含む言葉ですが
この時期の貴方の「スタート」はむしろ、
中途半端になっていた過去を巻き込んでいくような、
一時停止していたことを再開するような、
そんな雰囲気に満ちています。
過去を断ち切るのではなく、
あみかけの編み物を取り出すような、
途中まで縫いかけていた服に、
新しい布をつなげて完成させていくような、
そんなプロセスがここで、始まっていくのだろうと思います。

過去に完成させることができなかったのは、
糸や布が足りなかったからなのかもしれません。
過去1、2か月の中で
貴方はそれを、複雑な過程を経て調達した
ということなのではないかと思います。



2017/4/24-4/30 牡羊座の空模様


論理的・合理的に考えれば考えるほど
気合を入れれば入れるほど
マジメになればなるほど
なんだかヘンな方向にどんどん進んでいくぞ!
という感覚があるかもしれません。
一般的には、論理的・合理的に物事にアプローチすれば
スッキリと整理されて見通しが良くなる
と考えられるわけですが
この時期は妙に、
「考え」が進めば進むほど
なんだかにょろにょろしたおもしろい道を進むことになる
みたいな感じがあるのです。


こういう時はえてして
「そうか、理屈を離れて、
もっと直観的に進めばいいのかも!」
と思いたくなりますが
この時期は実は
そうでもないのかもしれません。
むしろ、論理的・合理的なワインディングロードを
おもしろい!おもしろい!
とかみしめながら突き進み
「その先に何があるのか」
をわくわくしながら見に行くほうが
この時期にはフィットしているのではないか
という感じがするのです。


人間はよく「錯覚」を起こします。
感覚的に正しいと思えることが、
論理的な検証のもとでは
まるっとひっくり返ってしまうこともあります。
錯覚は、
「人間にとって、そのほうが本当らしく思える」
ことなので、
純粋に論理的に考えた答えが
「なんだかデタラメに見える」
ということは、
考えてみれば、大して不思議なことではありません。


週末、とてもほんわかした気持ちになったり
あるいは、落ち着いた気持ちになったりできるようです。
そこで、
「ああ、曲がりくねってるように思えるけれど
実はこれが最短距離の、クリティカルなルートなんだ」
と、納得できるかもしれません。