Hatena::ブログ(Diary)

てんちょ’s Diary

2016-05-05

どどど・・・

20:14

あっと言う間にGWもおしまいですね。 お天気に恵まれてよかったよかった。 そんな好天続きのGW

30日のクラブサイクリングの日以外は通常営業で来ましたが、もうちょっと乗っておきたいかも???。


28Cのタイヤをペアリング可能というフェニックスSLにホイール装着してみると・・・


じゃん♪

f:id:twobytwo:20160505195042j:image 

f:id:twobytwo:20160505195113j:image

クリアランスは問題なし(当然か)。 ホイールの脱着の時はクイックレリーズの開放だけでは足りないので

ワイヤーの調整長さを上手くしてケーブルアジャスターとの併用が必須です。 この点ちょいめんどくさい。


で、うれしがりの自分、早速試してみようと以前チラッと話を聞いていたコースへと出動。 諸々の時間の

都合があって、しかも初めてのコースなんで時間の加減がわからないので、ライフ号で現地入口近くまで

移動して車をデポ。 ささっと支度してGO!。 フェニックスSL号+28Cタイヤ装着ホイール、ホイールは

MAVIC CXP33リム32Hの手組み。 お世辞にも軽いホイールではありませんが、スポークも太めで

強度的には心配なくガツガツ行けそう。 舗装路の走行感はある意味びっくりするほど軽やかでこれは意外。

コンチが軽いからかな?。 程なく登りにかかりやがて林道に進入オフロードに。 路面はシクロクロス

やってる皆さんにはおなじみの希望が丘のダブルトラック様。 と、言うことで、この太さのタイヤならアホ

みたいにコーナー攻めなければ特に問題なし。 逆にこのコースならMTBのゴッツいタイヤは重いだけです。


フンフン♪どどど・・・

f:id:twobytwo:20160505200356j:image

うひょ〜空気がうまい!


勾配計をチェックしてると、8%を超える連続勾配でコンクリート舗装に、それ以下なら未舗装と言う按配です。

ごきげんに進みますが、やがて断続的だったコンクリート舗装が連続急勾配に・・・^_^;。 これはキツい^_^;。

まるで暗峠を登るかのような15%前後の急勾配、瞬間的に20%も出現し「あーしんど、一服や・・・」ハアハア

タイヤはオフロード想定ですがギアレシオが・・・^_^;。 ファイナル27Tで自分のパワーではクランク

回しきれません。 呼吸を整えリスタート、なんとか急場をしのぐと三叉路、左へ道をとり程なく地道復活

快適な林道走り。 ラストトイレの広場を右手に見ると白い壁・・・登りかけますが大和川の土手を登るような

急勾配にギアもないのであきらめ・・・クソ、MTBのギアならもうちょっと行けるのに・・・致し方なしです。


空に向かって・・・

f:id:twobytwo:20160505201250j:image

白い壁・・・勾配計振り切りの激坂です

f:id:twobytwo:20160505201419j:image

この山頂、実は初めてですが絶景かな絶景かな〜。 標高897,7mとか。 


時間がないのでそそくさと下山開始。 無理は禁物、安全速度で下って行きます。 エアボリュームが

あるせいでもありますが、フロントフォークが剛性しっかりでホイールベースが長めで安定感上々、リアの

突き上げはマイルドで特筆モンです。 これはエエぞ〜このフレーム。

f:id:twobytwo:20160505202114j:image

快適にダウンヒル、オモロイな〜こりゃ。


無事に下りきりポイポイとライフ号に積み込んで帰路へ・・・

f:id:twobytwo:20160505202235j:image

よいこの皆さんはもっとちゃんと丁寧に積載しましょうね^_^;。


デポ地から往復20km、時間にして頂上での休憩込みで1時間半。 連続急勾配でファイナルローは

27Tではたらないなと。 ま、楽しく結構エエ登坂練習になりました。