鳩笛雑記帳


2004 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2012 | 01 | 07 |
 

2008-12-15

[][]下劣な説教 21:09 下劣な説教 - 鳩笛雑記帳 を含むブックマーク

気づかなかったけど、喜六郎だか義六郎だかが(いつものことながら)バカなことを書いてたんだな。

この感じは何と表現すればいいのかな。岡っ引根性と言ふのか、小姑根性か姑根性と言ふのか。人様の「道徳観」を論じる(???)ことで己の品性の卑しさが見事なまでに露はになってしまってゐる。笑はせてくれる。

2008-05-19

[] 23:45 2008-05-19 - 鳩笛雑記帳 を含むブックマーク

何かまたコメント欄で気違ひが気違ひじみたことを書いてるし。

お前は、本当に救いようのない馬鹿だな。

お前がいくら、許しを請うても、

所詮は、神社で排便をしてまわるドブねずみなのだ。

死して屍、拾う者なし。

誰が、お前の出任せを聞くと思っているのだ。

猿のように、自慰に耽って、全く情けない。

暇な時に、我々が相手にしてやっていることに、感謝しなさい。

お前は、人生を誤ったのだ。

もう、取り返しは効かない。

薄汚く、他人に物欲しげな視線を送る鬼畜以下なのである。

2008/5/19(月) 午後 8:55 [ nabetsune2008 ]

細切れの短い文の続きといふのが何とも気違ひらしさ全開。

どの文を取っても「それはお前のことだろ」で終りになるやうなくだらん内容だ。

或いは、「それは「喜六郎殿」のことだろ」とか。

2008-05-18

[]他人様のブログで愚にもつかぬことをぺちゃらぺちゃら。 17:37 他人様のブログで愚にもつかぬことをぺちゃらぺちゃら。 - 鳩笛雑記帳 を含むブックマーク

今日も読みに行ったらキモいコメントが。

労働は、義務ですよ。憲法にも書いてあるでしょう。

無職は、外道ですよ。

お前が、働かないのは、傲慢、無気力、腹黒いからである。

ブログで、ぺちゃらぺちゃら。

やっていることといったら、神保町で写真をとること。

親の金を計算して、悠々自適。

お前は、人間の屑である。欲望のまま過ごす犬猫の類であろう。

もはや、お前は死んだも同然。

いまさら、本当に死んでどうする。

まず、神社に行って、排便をして、腹の中を綺麗にしなさい。

次に、喜六郎殿に弟子入りして、人生の意味を学びなさい。

2008/5/18(日) 午後 4:55 [ nabetsune2008 ]

愚にもつかないことをよその「ブログで、ぺちゃらぺちゃら」書くバカめ。nabetsune2008は外道ですよ。

お前は、人間の屑である。欲望のまま過ごす犬猫の類であろう。

もはや、お前は死んだも同然。

お前=nabetsune2008。どうせならほんとに死ね。

ブログで、ぺちゃらぺちゃら。

やっていることといったら、神保町で写真をとること。

あれれ、なぜか唐突に「喜六郎殿」の悪口だ(爆笑)。

喜六郎の小屋 2007/7/9 「はじめての神保町」を参照。


「尊大な語り口のわりには内容の薄い」コメントだ。「人間性のゆがんだ、ひがみ根性と自信過剰のアマルガム」とか何とか。

2008-02-21

[]例の豚小屋補足 22:00 例の豚小屋補足 - 鳩笛雑記帳 を含むブックマーク

後になって気がついたが、朝三暮四郎は福田氏のファンだと嘘をつく「売名行為」もやってるな。

2008-02-12

[]例の豚小屋 00:38 例の豚小屋 - 鳩笛雑記帳 を含むブックマーク

闇黒日記の「最新のトラックバック」に例のキ六浪の記事があったので(物好きにも)見に行った。

例によって「誤読力」全開の「快進撃」で、読んでゐて哀れになる。

その木村氏が、事もあろうに「政治」の領域に属する「戦争」に「道徳」を持ち込む愚(政治と道徳の混同)を平然と行っているのである。

「戦争」とは外交の一手段なわけだから、当然ながら「戦争」とは「政治」なのである。

喜六郎の小屋 - リバタる者は救われず

木村氏たちの考へ方を熟知してゐるわけではないが、「政治」の観点と「道徳」の観点との峻別を(たぶん福田氏の影響で)重視してゐるんぢゃないのか。例へば政治だったら、政治を「政治的に」論ずることと、「道徳的に」論ずることとを区別せねばならない、といふやうな考へ方だらう。豚小屋の気違ひ様は言葉尻をとらへるしかできないから相手の文脈に応じた読み方が出来ないやうだ。

福田氏が「一匹と九十九匹と」で言ってゐる「政治」と「文学」の峻別そのままだと思ふんだが違ふのだらうか。「文学」が「道徳」に変ってるから全くの別物とでも言ふのか。「朝三暮四郎」とでも改名しろ。

そのくせキ六浪、その前の記事では福田氏のファンだと嘘をついてゐるし。恥知らずめが。

自分は正直、坪内氏はあまり好きな知識人ではないのだが、「若い正仮名派はコスプレ」発言や、今回の再販など侮れない仕事をする時があるから目が離せない。

喜六郎の小屋 - 人間・この劇的なるもの

「自分が嫌ひな正かな派を批判してるからいい」と。

投稿者:kirokuro

2008/2/7 15:49

確かにそういう手合いはネットにたくさんいますね。

自分はそうならないよう気を付けたいと思います。

投稿者:名無し

2008/2/3 18:05

 復刊は慶賀すべきことですが、ネットの世界では、福田恆存を利用して売名行為をしている奴が少なくないですね。

 他人をダシにして己を語る…たしか小林秀雄でしたか、「批評」についてこんなことを書いていたはずですが、福田をダシにしている連中の「己」が、あまりにも薄っぺらです。

喜六郎の小屋 - 人間・この劇的なるもの

「自分はそうならないよう気を付けたいと思います」とか、あたかも自分がさうでないかのやうに寝言を言ってますが、「正かな派批判」をダシにしてゐる朝三暮四郎の己は、あまりにも薄っぺらです。

さういへば、木村氏への批判(笑)なのに、闇黒日記にトラックバックを送ってるのはなぜ? 「売名行為」かな(爆笑)?

あれこれさらしてやるつもりだったが、コメント欄とか見ててやる気が失せた。まともに相手するのが馬鹿馬鹿しい。「無恥と嫉妬と劣等感のアマルガム」だったっけ、秀逸な表現ですな。自己批判とは思へないほど辛辣で適切。バカはバカを呼ぶ。屑は屑を呼ぶ。死ぬまで仲良くやってろ。

 
143694
作成:竹林虎彦