Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

もう辞めさせてくれッ!『かぐや姫の物語』はこんなに凄まじい現場で作られていた

「映画化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『ルパン三世 カリオストロの城』デジタルリマスター版について


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2048-07-07 【案内板】このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2016-06-25 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』感想/評価 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20160625132948j:image

■あらすじ『イーサン・ハント(トム・クルーズ)と彼の所属チーム“IMF”は、国際的陰謀をめぐらす謎の組織シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーや他のメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサと共に、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑戦する!トム・クルーズ演じる伝説のスパイ:イーサン・ハントが、実現困難な任務に挑みまくる大人気アクション・シリーズの第5弾!』


ネタバレしてるので観てない人はご注意ください。


本日、WOWOWシネマミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション放送されます。僕は公開時に劇場で観たんですけど、もう冒頭からいきなり度肝を抜かれました。予告編で流れている「トム・クルーズが飛行機の側面にへばり付く超絶スタント」があるじゃないですか?

あれってクライマックスのアクションかと思ったら、オープニングでいきなり出て来るんですよ。映画が始まって5分ぐらいでトム・クルーズが飛行機にしがみ付きながら「早くドアを開けてくれ〜!」と絶叫しているわけです。アバンタイトルでこんな大技をブチ込んでくるとは、まさに「出し惜しみ感」ゼロの出血大サービス!実に素晴らしい!

しかもこのシーン、決してシリアスな場面ではありません。一応、状況的には「凄腕エージェントが任務を遂行するために必死で頑張ってる」というシチュエーションではあるものの、演出的には単なるコメディ・パートであり、”観客を笑わせるためだけのシーン”なんですよ。にもかかわらず、トム・クルーズ本人がやっているという凄さ

つまり、本物の飛行機と本物のハリウッド・スターを使った”史上最大級に大掛かりなコントなんですね。いや〜、スケールがでかい!ベンジーがドアを開けようとすると焦って貨物のドアを開けてしまい、「違〜う!そっちじゃな〜い!」と突っ込むイーサンとか、ベタギャグも満載です(笑)

このシリーズって、初期の頃は内容も割とシリアスで、結構ハードなスパイアクション映画だったんだけど、続編を重ねる毎にギャグっぽい要素が増えていき、同時にアクションの難易度も急上昇していきました。

それはそれでいいんですが、自ら進んでデンジャラスなスタントに挑戦し、命懸けで観客を笑わせようとするその姿は、今までの「スマートでカッコいい路線」とは大きく方向性が異なり、もはやトム・クルーズと言うより”ハンサムなジャッキー・チェンと化してますよ(笑)。

もちろん、今回もトムさま渾身のアクションが次々と炸裂します。狭い街中を猛スピードで爆走するカーアクションや、ノーヘルでバイクをぶっ飛ばすバイクチェイスなど、凄まじいスタントに驚愕させられること間違いなし!

しかも、どんなに激しいアクションをやっていても、必ず間に”細かいギャグ”を挟むことで、映画全体に常にユーモアを漂わせるという徹底ぶりに脱帽せざるを得ません。とにかく、笑いとアクションのクオリティがどんどん上がり続けてますね。

このシリーズも本作で5作目ですが、全く勢いの衰えを感じさせないどころか、「毎回毎回よくこんな面白いこと思い付くなあ」と感心するぐらいの面白さですよ。まあ、イーサン・ハントがどんどんバカっぽくなってるような気がしなくもないけど、それはたぶん気のせいです(笑)。

一方、注意すべき点は「スパイグッズの荒唐無稽さが常軌を逸している」ってことでしょうか(笑)。例えば、毎度お馴染み「やあハントくん。今回の君の任務は…」から始まるメッセージ。今まではサングラスをかけると再生されるとか、色んなバージョンがあったんですが、なんと本作ではアナログレコードになってるんですよ。

プレーヤーにかけるとミッションの内容が再生されるんですけど、音声だけじゃなくて映像も映るという謎のテクノロジーにびっくり(笑)。もう「技術的に可能かどうか?」の問題以前に、「そんな装備が本当に必要かどうか?」を検討すべきレベルではないかと(^_^;)

また、オペラ劇場でベンジーが使っていた「ノートパソコンになるパンフレット」に至っては、「凄い!」と思うより前にあまりにも現実離れしすぎて、ファンタジー映画を観ているような錯覚に陥りました(もはや『ドラえもん』の秘密道具に近いかもしれませんw)。

まあ、そういう面白スパイグッズも『ミッション:インポッシブル』の世界観なら許せてしまうというか、観ていて楽しいのでアリなんですけどね(個人的には、もっと面白い小道具を出して欲しいぐらいですw)。

そんな本作の要注目ポイントと言えば、謎の美女イルサ(レベッカ・ファーガソン)でしょう。敵に捕まって拷問を受けているイーサンを救い出した彼女は果たして何者なのか?謎の組織”シンジケート”との繋がりは?二転三転する意外なドラマ展開が見どころです。

そして、IMFのメンバーで目立っているのは、何と言ってもベンジー(サイモン・ペッグ)ですね。今までにも敵のコンピュータに侵入したり、秘密道具を活用したりと色んな活躍を見せていましたが、今回は今まで以上の活躍ぶりで、ベンジー・ファンも大満足(笑)。イーサンとのコンビ・プレイもバッチリ決まり、単なる組織のメンバーという枠組みを超えた”絆”も描かれ、非常にいいドラマになってますよ。

逆に残念だったのは、クライマックスの展開がやや尻すぼみ気味になっていること。いや、もちろん終盤にもアクションはあるんです。ただ、冒頭から大掛かりなアクションをバンバン見せているせいで、ラスボスをやっつけるくだりが相対的に小規模に見えてしまうのですよ。この辺は、最後にもう一発ド派手なアクションを見せて欲しかったなあと思いました。

とは言え、トム・クルーズ様の壮絶アクションは全編に渡って冴えまくり、キャラクターは魅力的でドラマも抜群に面白いので全く飽きさせません。最初から最後までハラハラドキドキが続く最良の娯楽映画として、万人にお勧めできるでしょう(^_^)


2016-06-18 映画『天空の蜂』ネタバレ感想/評価/解説 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20160618212050j:image

■あらすじ『1995年8月8日。完成した最新鋭超巨大ヘリ“ビッグB”を自衛隊へ引き渡すため、開発者ヘリコプター設計士・湯原(江口洋介)は妻子とともに式典に参加していた。すると突然、ビッグBが勝手に動き出し、息子の高彦を乗せたまま飛び去ってしまう。福井県の原子力発電所新陽”の真上でホバリングを始めたビッグBは、“天空の蜂”と名乗るテロリスト(綾野剛)によって遠隔操作ハイジャックされてしまったのだ。犯人は政府に“日本全土の原発破棄”を要求し、従わなければ、大量の爆発物を搭載したビッグBを原子炉に墜落させると宣言。湯原は、同じ会社の同期で新陽を設計した三島(本木雅弘)と協力し、息子の救出とビッグBの墜落阻止に全力を挙げる。残された時間はヘリの燃料がなくなるまでのあと8時間。果たしてこの危機を乗り切ることは出来るのか…?人気作家東野圭吾が1995年に発表した同名ベストセラーを、「20世紀少年」「SPEC」シリーズの堤幸彦監督映画化したサスペンス・アクション超大作!』



本日、WOWOWシネマ『天空の蜂』放送されます。劇場公開時は、あの辛口コメントで有名な映画批評家前田有一先生が「95点」という驚きの高得点を付け、「エンタメ映画として抜群に面白く、感動も深い」「これで日本の映画史も変わる」などとベタ褒めしていたので、「あ〜、これは荒れるだろうな〜」と思っていたら案の定、世間評価は賛否両論真っ二つでしたよ(苦笑)。

ちなみにYahoo!映画の得点は3.78点で、この手の映画にしては意外と高評価なんですけど、やはり「良かった」という意見と「全然ダメ」という意見が入り乱れてますね。良かった人の感想では「”原発問題”という社会的に重要なテーマを堂々と描いているところがいい」、「スケールの大きなアクションやドラマが見応えあり」、「原作には無い”3.11を意識したラストシーン”が良かった」など。

f:id:type-r:20160618224826j:image

逆に、良くなかった人の感想としては「話の展開に無理がありすぎて説得力に欠ける」、「設定にリアリティが無い」、「役者の演技が過剰で不自然」、「説明的なセリフだらけでうんざりした」、「スローを多用した演出が古臭い」、「ヘリのCGがショボすぎる」など、映画全体のクオリティに対する不満が多いように見受けられます。

で、僕の個人的な感想としてはですね、どっちの意見も分かるんですよ。良い意見も悪い意見も、指摘している部分は確かにその通りだと思います。そして、劇中で描かれている”原発問題”が昨今の日本人にとって極めてセンシティブなテーマだからこそ、余計に「もっとしっかり描いてくれよ」という気持ちになるのも理解できます。

ただ、本作はあくまでもエンターテインメントであって、娯楽性を重視して作劇されてるんですよね。もちろん、娯楽映画であってもリアリティを追及するのは当然なんですが、要は「どこまでそれを許せるか?」という”許容範囲の問題”なんじゃないかなと。

例えば、ハリウッドの超大作アクション映画でも、冷静に考えたら変なシーンはいっぱいあるわけですよ。「何でそこでそんな行動をとるの?」と突っ込みたくなるような場面もいっぱいあるんですが、向こうは大金をかけて派手な映像をガンガン出してくるから、「まあいいか」と思えてしまう。つまり「観賞料金の対価としてカッコいい映像を観た」と考えた場合、多少変なシーンがあったとしても許容できてしまうんです(中には許容できない映画もありますがw)。

今回の『天空の蜂』も、非常にエンターテインメント性の強い、言ってしまえば「ハリウッド的なサスペンス・アクション」を目指して作られてはいるものの、いかんせん邦画の予算規模ではどんなに頑張ってビジュアルを作り込んでも限度があり、内容に見合ったスケール感を確保できているとは言い難い。

特に肝心要の”ビッグB”の映像が、全くもって”重さ”や”巨大さ”を感じられない仕上がりになっていたのが残念でなりません。ビッグBのフル3DCGは1年がかりで作られたそうですが、なかなか本物のヘリの質感を再現できなくて苦労したらしい。やはり、こういうヘリの場合は巨大なミニチュアを作って撮影するというアナログ技法の方が、リアルな映像を撮るのに向いてるんじゃないか?と思いました(お金がかかるけど)。

なので、視覚的な満足感を得ることができない出来ない以上、「この程度のリアリティでは許容できない」という人の気持ちも十分に分かるんです。分かるんですが、個人的には「これぐらい許容してあげたいな〜」という感じなんですよね。別に堤幸彦監督に恩義があるとか、そういうことでは全くありません(笑)。

ただ、「堤幸彦監督にしては意外と真面目にサスペンス・アクションを作ろうとしてる」と思える部分が僕の中のハードルを若干押し下げているというか、「これぐらいなら、まあいいか」という気持ちにさせているのかも(今までの堤作品はふざけ気味の映画が多かったのでw)。

しかも本作は娯楽作品でありながら、かなりハードなメッセージ性を内包しているため、一見すると「反原発映画か?」と思ってしまいますが、原発の危機感を示しつつ、同時に原発の現場で働く側の主張もしっかり盛り込んであり、非常にバランスの取れた作劇になっています。その辺もグッドでした。

正直、パジェロ単独カーチェイスするシーンとか、湯原(江口洋介)が三島(本木雅弘)の頭に銃を突き付けてカメラグルグル回り込むシーンは全くいらなかったと思いますが(笑)、それ以外は概ね満足できましたよ(というか、細かい部分を突っ込み出したらきりがないw)。

あと、批判の多かったラストシーン。息子の高彦君が大人になって自衛隊に入り、向井理がヘリコプターを操縦しているという「現代」へ繋がる場面ですが、まあ確かに「無くても良かったんじゃないの?」とは思いました。ただ、「3.11を体験してしまった我々としては入れるべきだと思ったし、自分自身も、このシーンがあることで前向きになれた」と堤監督が語っているように、今の時代にこの原作を映画化する以上、避けては通れなかったのだろうと思います。そういう点でも「誠実な映画だな」という印象を受けました。