Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

もう辞めさせてくれッ!『かぐや姫の物語』はこんなに凄まじい現場で作られていた

「映画化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『ルパン三世 カリオストロの城』デジタルリマスター版について


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2048-07-07 【案内板】このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2016-08-27 24時間テレビがエラいことに!恐怖の手塚アニメ伝説! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20160827141048j:image

先日、23日に俳優高畑裕太女性への強姦致傷容疑で逮捕された件を受け、各テレビ局は対応に追われているようですが、中でも最も迷惑を被ったのが日本テレビでしょう。なんせ、本日27日に放送される24時間テレビでは高畑裕太容疑者パーソナリティを務め、さらにスペシャルドラマ盲目のヨシノリ先生 〜光を失って心が見えた〜』にも出演する予定だったのですから。

しかし今回の事件でパーソナリティはクビになり、スペシャルドラマで高畑裕太容疑者が演じる予定だった榊京太役は、人気グループNEWS小山慶一郎さんが急遽代役を務めることになりました。とは言え、「今から再撮影してオンエアに間に合うのか?」と不安の声が上がっているようです。

ちなみに、公式ツイッターを見てみると、13日に撮影が完了し、14日から編集作業を始め、21日に完成披露試写会が開かれていました。まさかこの2日後にあんな事件が起きてしまうとは…(-_-;)

というわけで、今まさに24時間テレビのスタッフ不眠不休の突貫作業を強いられていると思うんですけど、過去にも「スタッフを死にそうな目に合わせたアニメ」が24時間テレビで放送されていた、という事実をご存じでしょうか?

それが、1978年8月27日の第1回『24時間テレビ 愛は地球を救う』で放送された手塚治虫原作のアニメ『100万年地球の旅 バンダーブックです。当時、「世界初の2時間TVアニメだ!」と手塚先生はノリノリで仕事を引き受けたそうですが、現場で働くスタッフにとっては悪夢の始まりでした。

f:id:type-r:20160827141055j:image

まず、「2時間のTVアニメ」という時点で尋常じゃありません(厳密に言うと『バンダーブック』の尺数は1時間34分ですが)。2時間とか1時間半のアニメとなれば、それはもはや「映画」と同じスケールです。当然、映画と同程度の製作費とスケジュールが必要になるわけですけど、じゃあ劇場アニメの制作期間ってどれぐらいなのか?

内容や規模によって変わってくると思いますが、スタジオジブリの場合は1本作るのに約2年。その他のアニメ会社でも、通常は1年〜1年半ぐらいかかるそうです。短いものでも最低8カ月は必要と言われていて、『ルパン三世 カリオストロの城』が約半年という超短期間で制作された時、「日本の劇場アニメ史上最短記録をマークした」と作画監督大塚康生さん自身が驚いたほどでした。

しかし、手塚先生の『バンダーブック』はそんな生易しいレベルではありません。なんと、放送日の2カ月前になっても絵コンテ原画がほとんど完成しておらず、制作担当デスクが「もうダメだ!」と逃げ出すほどの凄まじい状況だったのですよ。

f:id:type-r:20160827141050j:image

f:id:type-r:20160827141051j:image

いったい、どうしてこうなってしまったのか?詳しい事情は『ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜 』という本に描かれてるんですけど、要は手塚治虫が中心となって作られるアニメなのに、漫画の仕事が忙しすぎて絵コンテの完成が遅れまくったから、ということらしい。

そして、やっと絵コンテが上がって作画が開始されても、手塚先生が原画にリテイクを出しまくり、ただでさえ限界ギリギリだったスケジュールがどんどん無くなり、もはや絶望的なレベルへと悪化していったそうです(放映日まで1カ月を切っているのに、まだ容赦なくリテイクを繰り返す手塚治虫に驚愕!)。

f:id:type-r:20160827141052j:image

結局、手塚のこだわりによって作業はオンエア直前まで続けられ、最後の3日間はスタッフ全員スタジオに泊まり込んで完徹状態だったとか。当時、アシスタントをしていた漫画家石坂啓は、疲労困憊のスタッフたちがビルの廊下に次々と倒れ込んでいく様子を見て、「浜辺に打ち上げられたマグロのようだった」と証言しています。

f:id:type-r:20160827141053j:image

こうしたスタッフの頑張りによって、『バンダーブック』はどうにかオンエアに間に合い、24時間テレビのコンテンツの中でも最高の視聴率(28%)を記録したそうです。この成功によって24時間テレビで手塚アニメを放映することが恒例となり、『海底超特急マリンエクスプレス』、『フウムーン』、『ブレーメン4』など、毎年2時間アニメが制作されました。

しかし、無茶なスケジュールは一向に改善されず、むしろ年々酷くなっていったらしい。最終的には、すでにテレビの放映が始まっているにもかかわらず、「前半部分をオンエアしている間に後半部分のフィルムを大急ぎで現像していた」という恐ろしい逸話が残っているほど、現場は凄まじい状況になっていたそうです。ヒエエエ〜!

f:id:type-r:20160827141054j:image

というわけで、今年の24時間テレビも色々大変なことになっているようですが、スタッフのみなさん頑張ってください(^_^;)

2016-08-20 【ネタバレ解説】『シン・ゴジラ』のラストの尻尾の意味は? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20160820232653j:image

世間ではリオ・オリンピック話題で盛り上がっている中、映画館では『シン・ゴジラ』が大ヒットを記録中です。7月29日の公開から先週末8月14日までの3週間で、なんと観客動員数230万人、興業収入33億8200万円を突破するという凄まじさ!東宝では当初、最終目標を40億円程度と見込んでいたようですが、この勢いなら50億円超えは確実でしょう。

そんな『シン・ゴジラ』、すでに色んな人が内容を考察してるんですが、中でも議論の的になっているのがラストシーン。「ヤシオリ作戦」によって凍結され、活動を停止したゴジラの尻尾にカメラが近づいていくと、その先端には何やら生物らしきものの姿が…。

「アレはいったい何なんだ?」と公開直後から話題になったこのシーンに関して、多くの観客の間で検証が行われ、現在、様々な説がネット上に乱立しているそうです。というわけで本日は、その中で代表的な説をいくつか取り上げてみましたよ。


●ゴジラ増殖説

まずは、「尻尾から生まれようとしているのはゴジラではないか?」という説です。劇中では巨災対の調査分析結果から、ゴジラの「無生殖による個体増殖の可能性」が指摘され、さらに「個体が群体化し、小型化・有翼化して世界中繁殖するかもしれない」と言及していました。

つまり、あのまま放置しておくと、尻尾の先から小さなゴジラが大量に生まれて世界中に拡散し、地球が大変なことになる、という意味ではないのか?と。今は取りあえず活動が停止しているけれど、「いつゴジラが復活するか分からないぞ!」と警告しているわけですね。

まあ、台詞で伏線も張ってあるし、娯楽映画の終わり方としては十分あり得る展開でしょう。ただ、もしこの説が正しいなら、1998年に公開されたローランド・エメリッヒ監督の『GODZILLA』(通称エメゴジ)と同じオチになってしまうんですよねえ。

エメゴジの場合は「米軍の攻撃によってゴジラは倒されるものの、その直前に卵を産んでいて、ラストは”中で何かが蠢いている卵”のアップで終わる」みたいな感じですが、シチュエーション的にはほぼ一緒なんですよ。

しかし皆さんご存じの通り、エメリッヒ版の『GODZILLA』は公開直後から批判が相次ぎ、日本だけでなく世界中のファンから酷評を受けました。しかも『ゴジラ FINAL WARS』では、X星人北村一輝)から「やっぱりマグロ食ってるようなヤツはダメだな」とまで言われてしまう有様。そんなエメゴジと同じオチっていうのは、何だか気持ち的に釈然としないんですよねえ。


●牧悟郎が食われた説

東京湾羽田沖で発見された無人プレジャーボート。そこで牧悟郎という教授が残した”手掛かり”が見つかります。「私は好きにした。君たちも好きにしろ」という意味深な手紙からも、ゴジラの出現と牧教授の失踪に何らかの関連があると考えて間違いないでしょう。

劇中の説明によると「牧悟郎は城南大学統合生物学研究していたものの、放射能関連の事故で妻を失い、それに対して日本政府が何の対応もしなかったため、失意のままアメリカへ渡り、米国エネルギー省(DOE)の依頼で放射性物質を食べる未知の生物について研究していた」とのこと。

この時、牧教授が分析していた未知の生物は「GODZILLA」というコードネームで呼ばれており、恐らくゴジラの幼体でしょう。そして彼はこの「GODZILLA」を密かに持ち出し、東京湾に遺棄したのではないか?さらに、「揃えた靴を残して姿を消す」という描写は”自殺”を暗示させ、もし海に身を投げたのなら、そのままゴジラに食われたのではないか?

つまり、尻尾の中に見える人型のようなものは、ゴジラが体内に取り込んだ人間(牧悟郎)を表してるんじゃないかと。これが「牧悟郎がゴジラに食われた説」です。そして、人間を摂取したことでゴジラの幼体に変化が起こり、短時間で急激に進化したと考えられるのではないでしょうか。

また、この説を支持している人の多くは、同時に『機動警察パトレイバー』にも言及しています。『パトレイバー』の中に「廃棄物13号」というエピソードがあって、「米軍が極秘に研究していた生物兵器が東京湾で巨大化して大暴れする」という物語が『シン・ゴジラ』に似ていると指摘(ちなみに、このエピソードは劇場アニメ化もされています)。

WXIII 機動警察パトレイバー [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2008-07-25)

突如、東京湾に現れた謎の巨大怪獣と戦う特車二課!

「廃棄物13号」では、西脇順一という博士が「ニシワキ・セル」と呼ばれる新種細胞培養して特殊な生物を作り出すものの、研究半ばでガンで死亡。その後、栗栖敏郎博士が研究を引き継ぎ、米軍と結託して生物兵器の開発に利用します。

「廃棄物シリーズ」と名付けられた実験成功を収めるが、実験体13号を積んだ飛行機が東京湾に墜落。西脇博士の娘の西脇冴子は、亡き父の研究成果を成就させるために海へ飛び込み、急激な成長を遂げて巨大化した13号は、ついに海から陸へ上がろうとする…というストーリーでした。

このエピソードは原作者ゆうきまさみさんが怪獣映画好きなこともあって、東京湾に怪獣が現れる様子や、政府や警察機関の対応などが非常にリアルに描かれています。こういう部分も「『シン・ゴジラ』と『パトレイバー』は似ている」と言われる理由なのかもしれません。

なお、『シン・ゴジラ』では自衛隊に防衛出動の命令が下されますが、『パトレイバー』では災害出動が要請されていました。なるほど、これなら「ゴジラを倒すために自衛隊が防衛出動するなんておかしい!」と批判している元防衛相の石破茂さんも納得ですね(笑)

f:id:type-r:20160820232654j:image

●牧悟郎=ゴジラ説

「いや、ゴジラに食われたんじゃなくて、牧悟郎自身がゴジラになったんだよ」と考えている人もいるようです。この説を唱えている人は根拠として、「なぜゴジラは日本を襲うのか?」という根本的な疑問を考察していました。つまり、「ゴジラが日本を襲うのは、死んだ奥さんの復讐を果たすために牧教授自身がゴジラになって東京を目指しているからだ」と。

さらに今回、ゴジラは第二形態・第三形態・第四形態と徐々に進化していく様子を見せていますが、なぜか第一形態だけが映っていません。そこでこの説では、「恐らく第一形態は牧悟郎そのものだったのではないか?」と推測しています(ちなみに牧悟郎役は岡本喜八監督なので、巨大な岡本監督が泳いでいるということに…怖ッ!)。

また、ボートの中には宮沢賢治詩集春と修羅』が残されていました。宮沢賢治はこの詩を書く数年前に最愛の妹を病気で失い、その理不尽な死に対する怒りを「おれはひとりの修羅なのだ」という一文に込めたと言われています。

牧教授も同じく、最愛の妻を失った怒りと悲しみを”ゴジラ”という圧倒的な存在に込めて、「おれはひとりの修羅(ゴジラ)なのだ」ということを訴えたかったのではないでしょうか?

その他、牧教授がボートに残した地図には、ゴジラの出現予想位置が書いてありました。それは牧悟郎がゴジラの行動を予想したものだと思われますが、どうして事前に予想できたのか謎なんですよね。でも「私自身がゴジラになってこのルートから日本へ上陸する」という牧教授の宣言だったから、と解釈すれば辻褄が合うそうです。

そして劇中では、これら牧悟郎の手掛かりを元にゴジラを倒す作戦が生み出されますが、なぜわざわざそんな手掛かりを残していったのかと言うと、「私はゴジラになって日本に復讐することを決めた。君たちも、日本を見捨てて海外へ逃げるも良し、命懸けで日本を守るも良し。好きにするがいい」というメッセージだったのでは?と。だからこそ、最期言葉が「私は好きにした。君たちも好きにしろ」という文面だったのではないでしょうか。


巨神兵

庵野監督が『風の谷のナウシカ』で巨神兵の作画を担当していたことは有名ですが、それに関連して「尻尾の中に見える人型のような物体は巨神兵なのでは?」と考えている人もいるようです。確かに、口から超強力なビームを放つところは一緒、さらに宮崎駿さんの原作漫画では背中に翼を生やして空を飛んでいますから、「有翼化して世界へ飛散する」という設定とも合致します。

つまり、「あのまま尻尾から巨神兵が生まれれば、ゴジラに代わって巨神兵が東京をメチャクチャに破壊する『巨神兵東京に現わる』に繋がるのではないだろうか?」と考えたわけですね。個人的には「ゴジラと巨神兵を繋げるかなあ」と思うんですけど、説としては面白いかもしれません。

使徒

使徒とは、もちろん『新世紀エヴァンゲリオン』に出て来たあの使徒です。そして、下半身から人間の足のようなものをいっぱい生やしている「第2使徒リリス」が、尻尾から人型を生やそうとしているゴジラに重なるという意見があるらしい。

f:id:type-r:20160820232655j:image

ということは、凍結されたゴジラはこの後、ターミナルドグマに幽閉されて、セカンドインパクトが起きないように政府によって監視されるのでしょうか?そして汎用人型決戦兵器が製造されて、続編の『シン・ゴジラ2』ではカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が巨大ロボを操縦する……う〜ん、観たいような観たくないような(笑)。

なお、『シン・ゴジラ』公開直後から、「4DXの劇場で観ると石原さとみが登場するシーンでいい匂いが漂ってくるぞ!」という噂が流れましたが、4DXを開発した会社に問い合わせたところ、「そういう演出は特にない」と言われたそうです。残念!

f:id:type-r:20160820232656j:image

というわけで、『シン・ゴジラ』の尻尾について色々な説を取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか?なお今回取り上げた説以外にも多くの意見があって、皆さん結構真剣に考察してるというか、つくづく『シン・ゴジラ』は様々なことを考えさせる映画だなあと実感しましたよ(^_^)


ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

グラウンドワークス

庵野秀明総監督のロングインタビューなど、『シン・ゴジラ』に関する情報が網羅された詳細記録全集!これを読めば全ての謎が解ける?

関連記事

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』の映画感想(ネタバレあり)

庵野秀明監督と岡本喜八監督の貴重な対談

庵野秀明はなぜ自殺しようとしたのか?

庵野秀明×島本和彦 特別対談

庵野秀明、『風の谷のナウシカ』を熱く語る

kk 2016/08/24 14:42 ご存じかもしれませんが、エメゴジの続編として作られたアニメはあの映画のラストで誕生したゴジラ二世が主人公のニックを親と思い込み(ゴジラの体液を浴びていたため)なつくようになり、人類の味方として世界中で多発するモンスター達と戦いを繰り広げるという物語になってるんですよね。
しかもあの後さらなる放射能を浴びてパワーアップしたため通常兵器ではダメージ負わないし、熱線も吐けるという日本のゴジラにかなり近い存在になっていたためエメゴジとは違い、こちらは立派なゴジラとしてファンにも認めらているのだとかw

個人的に、シンゴジの続編をやるならこのアニメとほぼ同じように、シンゴジ細胞から誕生した二代目ゴジラ(人間の敵でも味方でもない存在)と別の進化を遂げた敵怪獣との闘いが描かれる形になりそうな気がします(二代目ゴジラのほうはシンゴジとは違い、怪獣王をイメージしたヒロイックな造形。敵怪獣はシンゴジっぽさを残したグロテスクな造形)。
「リアリティー溢れる世界観でも怪獣プロレスは出来る」というのは平成ガメラ三部作がすでに証明しているので、次回から「怪獣プロレス路線をやる」という選択肢はアリかなと思いますね。
長文失礼しました。

※2017年にはアニメ映画のゴジラをやるそうですし、今後の国産ゴジラは特撮のシリーズとアニメのシリーズを交互にやっていく感じになるかもしれませんね。

type-rtype-r 2016/08/27 20:17 本家の『ゴジラ』(1954年)も続編ではアンギラスと対決していたので、『シン・ゴジラ』の続編も別の怪獣と戦う「VSモノ」になる可能性はありそうですね。ただ、庵野さんは「1作だけ」と公言しているので、続編の監督は違う人になるかもしれませんが(^_^;)