Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』ネタバレ映画感想

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話を大公開!


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2005-07-02 『スター・ウォーズ エピソード シスの復讐』感想

エピソード掘Ε轡垢良讐

[] を含むブックマーク のブックマークコメント

「パパパパ〜ン♪」と聞き慣れた20世紀フォックスファンファーレと共に、ルーカスフィルムロゴマークが現れる。そして毎度お馴染みの「A long time ago in a galaxy far,far away....」のフレーズの直後、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲が高らかに鳴り響くとワクワク感はもはや頂点に!

「ああ、これから『スター・ウォーズ』が始まるんだ!」という高揚感はこの映画独自のものであり、他の映画では決して味わう事が出来ない“至高の瞬間”でもあるのです(ある意味条件反射かもw)。ここが『スター・ウォーズ』のクライマックスだと言っても決して過言ではないほどの興奮状態

というワケでついに観てきましたよ、『エピソードシスの復讐』を!とは言え、先に公開されたアメリカでは「史上空前の大ヒット!」とか、「スピルバーグ号泣した!」とか、期待を煽る情報ばかりが伝わってくるのに対して、僕の反応は結構冷静でした。『エピソード機戞悒┘團宗璽畢供戮芭て続けに味わった失望感が尾を引いていたからです。

特に『エピソード機戮砲けるジャー・ジャー・ビンクスの不人気ぶりは筆舌に尽くし難く、世界中のファンから苦情が殺到する騒ぎとなりました。おまけにCGキャラクターでありながら、ゴールデン・ラズベリー賞最低助演男優賞を獲得するという快挙まで成し遂げてしまったのですから救いようがありません(ちなみに『エピソード機戮ラジー賞監督部門作品部門など計6部門でノミネートされていたが、受賞には至らなかった)。

そして『エピソード供戮任ジャー・ジャーの出番が激減した為にかなりマシにはなったものの、相変わらずルーカスの脚本トンチンカンぶりは健在で、とうとうラジー賞の脚本部門で見事に最低脚本賞を受賞してしまいました。さらに、最低スクリーン・カップル賞など7部門にわたってノミネートされた挙句に、ヘイデン・クリステンセンまでもが、最低助演男優部門不名誉な受賞を果たしているのです。

こんな状況では、もはや『エピソード掘戮亡待しろと言う方が無理でしょう。ファンとしてはもう、「どんな『スター・ウォーズ』に成り果てていようとも受け入れる」という覚悟で『エピソード掘戮卜廚爐靴なかったワケです。果たしてその結果は……

いきなりオープニング直後から激しい戦闘シーンが炸裂!『エピソード此戮離ライマックスにも匹敵する凄まじさです。しかし、オビ=ワンとアナキンの漫才みたいなやり取りを目の当たりにして「大丈夫なのか?」と最初から先行きが不安になりました。宇宙船が縦になったり横になったりするたびに、エレベーターシャフトの中をゴロゴロと転がる2人のジェダイ。脳裏にドリフコントが甦るようなシチュエーションです。

さらに巨大なスペースシップを操縦するも、途中で船体が真っ二つに!「何か落ちましたか?」と尋ねるアナキンに対し、「この船、半分だけで飛んでるぞ」と普通に答えるオビ=ワン。完全にお笑い芸人です。まさにグッジョブ正直、この辺でもうかなり頭がクラクラしてきて、「ああ、やはり今回もダメなのか…」と早くも諦めモードに入っていたのですが、意外や意外!「話が進むにつれてどんどん面白くなってくる」ではありませんか(今までは逆だった)。

さすがに最後なのでルーカスも心を入れ替えてくれたのか、それとも目の錯覚なのかは良く分かりませんが、とにかく「新3部作の中では一番面白い」という前評判は嘘ではなかったのです(前の二作がヒド過ぎただけという説もありますが)。

確かに今までと同じようにゴチャゴチャと色んな要素が入って分かり辛い部分はあるものの、今回は「アナキンがダークサイドに堕ちてダース・ベイダーが誕生する」という物語の結末がはっきりしている分、ストーリーに迷いがありません。既に決まっている終着点に向けて、どんどんドラマが加速していく感覚は観ていて実に気持ちが良かったです。ジャー・ジャー・ビンクスに一言もセリフが無いのもグッド(笑)

でも、なんといっても今回の白眉は迫力満点のライトセーバー戦でしょう。オビ=ワンが、ヨーダが、メイス・ウィンドゥが、そしてついにパルパティーンまでもが縦横無尽にライトセーバーを駆使して激しいバトルを展開します!さらにクライマックスのアナキンとオビ=ワンの対決シーンに至っては、もはや涙で滲んでスクリーンが見えないという凄い有様!何故なら、ここでオビ=ワンがアナキンを倒すという事を知っているからです。

オビ=ワンにとってアナキンは既に掛け替えの無い存在となっていました。自分弟子であり、友人であり、そして弟のように思っていたアナキン・スカイウォーカー。そんな大切なアナキンを自らの手で殺さなければならないオビ=ワンの辛さ。胸が張り裂けそうな思いでライトセーバーを振りかざすその姿には、思わず目頭が熱くなりました。しかも二人は20年後の『エピソード検戮悩討啾亰茲掘∈E戮魯▲淵ンがオビ=ワンを倒す事になるのです。まさに宿命の対決と呼ぶに相応しい名戦闘シーンと言えるでしょう。

思い起こせば、生まれて初めて映画館で観た映画が、親に連れて行ってもらった『スター・ウォーズ』でした。ロクに字幕も読めないような小さな子供でしたが、劇場の大画面に映し出された非常識なほどの巨大な宇宙船のド迫力は、27年経った今でも脳裏に焼きついて離れません。

個人的には(特別篇も含めて)6本のシリーズ全てを劇場で鑑賞できた事は非常に幸運だったと思います。「劇場で皆と一緒に体感する」という意味において、『スター・ウォーズ』は正しくイベントムービーであり続け、最後までその役割を全うしたと言えるのではないでしょうか。

映画の完成度については色々言いたい事もあるし、『スター・ウォーズ』を観た事が無い人にもオススメできる映画かというと、「甚だ疑問だ」と言わざるを得ません。でも、そんな事はもうどうでもいいのです。とにかく、30年近くにわたって僕たちを熱狂させ続けた“壮大なる神話はこれで幕を閉じました。

これだけの長いシリーズを完結させて、きっちり『エピソード検戮坊劼欧討澆擦織襦璽スには一言「お疲れ様でした」と言いたい。そして心からお礼を言いたいです。「長い間、楽しませてくれてありがとうと…。

ラストの“二つの夕陽”を観た時は、実に感慨深いものがありました。それはまさにシリーズ全ての終わりであると同時に、全ての始まりでもあるからです。あの夕陽は、アナキンの息子、ルーク・スカイウォーカーが見つめていた夕陽と同じもの。そう、ここから僕たちの『スター・ウォーズ』サーガは始まったのです!そしてその“伝説”は、これからも永遠に輝きを失う事は無いでしょう。

May the Force be with you」の言葉と共に…!


スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005-11-23)

●人気記事一覧

これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10

まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!

町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」

「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

大友克洋監督/『AKIRA』がアニメ界に与えた影響のすごさを検証する


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)

トップページへ

アウラアウラ 2005/07/03 00:48 こんにちは。さすが6本全て劇場で鑑賞された方の感想、熱いものを感じました!
「話が進むにつれてどんどん面白くなってくる」今回本当にそうでした!どんどん目が離せなくなっていきました。
ムスタファーでの二人の闘いは本当に涙が出ますね!そしてライトセーバーの早い動きにも感動しました。
私がリアルタイムで観始めたのはエピソード1からだったのですが、今回ので一気に旧作含めスターウォーズが本当に好きになったようです。

type-rtype-r 2005/07/03 02:18 どうもです。
>ムスタファーでの二人の闘いは本当に涙が出ますね!
そうですよね〜。30年近く観続けてきたせいもあるかと思いますが、アクションシーンを観て泣きそうになったのは初めてですw
本作を観た後で、「エピソード4」から改めて観直すと、違う面白さを発見できそうですね。

CarolitaCarolita 2005/07/03 20:04 はじめまして。T/Bありがとうございました。
ラジー賞受賞に関しては、アメリカらしい愛情表現だと思っています。
いろんな意見が出るほど、名作の証かもしれませんね。

type-rtype-r 2005/07/04 00:39 >いろんな意見が出るほど、名作の証かもしれませんね
今回の「エピソード3」に関しては、前回酷評した批評家も概ね高い評価をつけているようですね。名実共に「スター・ウォーズ」が認められたようで、嬉しく思っていますw

judojudo 2005/07/04 23:51  こんにちわ、type-rさん。
壮大なストーリー スターウォーズの最後の作品。前2作の不出来を帳消しにするような救いのような一本でしたね。
 終わりよければ全て良しということで。

 私は7〜9が見たかった。ボソッ

type-rtype-r 2005/07/05 00:57 『EP1』『EP2』と続いた時はどうなる事かと思いましたが、無事に着地できて一安心です。
>私は7〜9が見たかった
なんか、テレビシリーズで続きを作るみたいですよ?

judojudo 2005/07/05 18:07 まじですか? それはたのしみですねぇ。
情報ありがとうございます。

tennistennis 2006/06/11 17:37 ところどころスターウォーズを悪くいいすぎ!