Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

もう辞めさせてくれッ!『かぐや姫の物語』はこんなに凄まじい現場で作られていた

「映画化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『ルパン三世 カリオストロの城』デジタルリマスター版について


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2015-09-26 これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20150926225545j:image

最近、「映画字幕?それとも吹き替えで観るべき?」みたいな議論があちこちで繰り広げられているようですが、個人的には「どちらもアリかな」と思っています。以前は字幕で観ることが多かったけど、今は吹き替えでも結構観てるし(特に3D映画の場合)。


まだ字幕で消耗しているの?吹き替えは楽だぞぉ。

吹替え版が許されるのは小学生までだよね(という話ではない)


ただ、日本語吹替え版を選択する際に注意したいのが、声優は誰なのか?」という点でしょう。近年はタレントや有名芸能人が吹き替えを担当するパターンが増え、その”質”が問題になっているからです。もし、声優未経験の人気アイドル主人公を演じている映画を知らずに観たりしたら、とんでもない目に遭うかもしれません。

実際、「日本語版の出来が悪くて映画に集中できなかった」という人もいるようで、出来ればそういう吹き替えは避けたいものですよねえ。というわけで本日は、「あまりの酷さに苦情が殺到した日本語吹替え版映画」を10本取り上げてみましたよ(^.^)


●『アベンジャーズ

元々『アイアンマン2』、『マイティソー』、『ハルク』、『キャプテンアメリカ』などでは、ブラック・ウィドウを声優の佐古真弓、ニック・フューリー手塚秀彰ホークアイ阪口周平がそれぞれ演じていた。しかし、それらのヒーローが勢揃いする『アベンジャーズ』では、ブラック・ウィドウに米倉涼子、ニック・フューリーに竹中直人、そしてホークアイに雨上がり決死隊宮迫博之が起用されたのである。

この突然の変更にファンは大激怒。中でも『アイアンマン』から『キャプテンアメリカ』までの4作品でニック・フューリーを演じた手塚秀彰の降板に対しては、「よりによって集大成となる『アベンジャーズ』で外すとは何事だ!」と不満を爆発させ、元の声優に戻す呼びかけを行ったところ、1000人を超える賛同者が集まったという。

しかしファンの要望は聞き入れられることなく、結局、芸能人による吹き替え版で公開されてしまった。さらに本作のソフトが発売される際にも、劇場公開版とオリジナル声優版の2種類を収録するようにディズニー・スタジオ・ジャパンへ申し入れたが無視されたため、「絶対にブルーレイは買わない!」と不買運動まで起こったらしい。

f:id:type-r:20150926225544j:image

↑このようにAmazonカスタマーレビューも荒れまくり、大量の批判コメントが書き込まれることになってしまった(作品に対する不満ではなく、「吹き替えをどうにかしろ」という内容が大半だったらしい)。なお、『アベンジャーズ』の芸能人吹き替え問題は続編の『エイジ・オブ・ウルトロン』でも改善されることなく、現在も継続中である。


●『TIME/タイム』

本作では、ヒロインシルヴィアの声を当時AKB48で人気を博していた篠田麻里子が吹き替えている。しかし、あまりにも棒読みすぎる演技に批判が殺到。『コージ苑』や『かってにシロクマ』などで知られるマンガ家相原コージが、「キャスティングした奴は切腹すべき」とTwitterでつぶやいたら「お前が切腹しろ!」「麻里子様に謝れ!」と逆にAKBファンから総攻撃を食らう二次被害まで発生したらしい。

しかもDVD/ブルーレイがリリースされた当時、TSUTAYAレンタルランキングでは4週連続首位を記録するほどの人気作だったのに、「マリコ様の日本語吹き替えが最悪」とわざわざ店頭のポップに書かれるなど、想像を絶するヘタクソぶりが話題となった。

f:id:type-r:20150926225543j:image


●『プロメテウス

映画『プロメテウス』の日本語吹き替え版が公開された時、映画史に残る惨劇が起きてしまった。ノオミ・ラパス演じる主人公:エリザベス・ショウの声を担当したのは剛力彩芽。その第一声を聞いた瞬間、全国の映画ファンが「やめてくれ!」と悲鳴を上げた…かどうかは分からないが、とにかく本作における剛力彩芽の酷評は熾烈を極めたのである。

なんせ、声優初挑戦ハリウッド大作映画の主役を演じるという無謀さに加え、エリザベス・ショウのキャラクターにも声質が全く合っていない上に年齢も若すぎる(ノオミ・ラパスとの年齢差13歳)など、「人選ミスでしょ?」としか思えない配役に非難轟々。中には「剛力さんはダンスが上手い」と擁護する者もいたようだが、残念ながらその才能は『プロメテウス』に1ミリも活かされていなかった。

実はこの時期、有名な映画やドラマなどで剛力彩芽がキャスティングされまくるという謎の”剛力バブル現象が起きていたのである。このため、世間からは「ゴリ押し女優」とか「剛力出すぎ」など、大変なバッシングを受けていたらしい。この剛力バブルはその後も続き、『X-MEN:フューチャー&パスト』でも、オスカー女優のジェニファー・ローレンス演じるミスティークの吹き替えを務め、再び批判に晒されてしまった。

X-MEN:フューチャー&パスト 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-11-05)

このような出来事によってすっかり映画ファンに嫌われてしまった剛力さんだが、『フューチャー&パスト』のソフトは最近になって劇場公開時の映像を再編集した「ローグ・エディション」が発売され、剛力彩芽ではないプロの声優(牛田裕子)が新たに声を収録し直している。しかもこの「ノー剛力バージョン」のブルーレイが好評で、「今まで見送っていましたが、これでやっと購入できます!ありがとう!」などと大絶賛されているそうだ。剛力さんには何の恨みもないけれど、できれば『プロメテウス』もノー剛力でお願いしたい。

プロメテウス [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-07-03)

「剛力彩芽さえいなければ…」というファンの悲痛な叫びが伝わってくる残念な吹き替え版。どうにかならないものか…

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-07-15)

まさかの「ノー剛力バージョン」が実現してファン大喜び!


●『ザ・シンプソンズ MOVIE』

1989年からアメリカのFOXテレビ放送されている人気アニメで、日本でもファンが多い『ザ・シンプソンズ』。その劇場版2007年に公開された際、なぜかプロの声優が担当していたテレビ版の主要キャストを全て変更し、所ジョージや和田アキ子、ロンドンブーツ1号2号田村淳ベッキーなど、お笑い芸人やタレントが多数起用された。

この変更について20世紀フォックスの日本支社は、「『日本人理想とする明るく楽しい家庭』をテーマにそれぞれの配役を決めました」と理由を説明するものの、従来のファンからは「ウソつけ!」「そんなの知らねーよ!」などと批判が殺到。新聞雑誌でも報じられるほどの大騒動が勃発した。

その抗議活動は日増しにエスカレートし、オリジナル声優の復活を求める署名サイトブログが次々と開設され、3000人を超える署名が集まり、ついにはホフディランの小宮山雄飛が20世紀フォックスの日本支社を訪れて直談判するという、前代未聞の異常事態にまで発展したのである。

結局、劇場公開時には芸能人吹き替え版で上映されたが、ソフト化される際にオリジナル声優による吹き替え版が新たに製作され、DVDとブルーレイには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類の日本語吹き替え音声が収録されることになった。

ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-07-02)


●『WANTED』

主人公ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)の声を吹き替えたのは「ウィッシュ!」でお馴染みのDAIGOである。改めて言うまでもないが大変な不評で、演技が上手いとか下手とかの問題以前に、「どこからどう聞いてもただのDAIGO」というヒドい有様だった。

f:id:type-r:20150926225542j:image

なお、本作がテレビで放映された際も、「主人公の声が下手だと思ったらDAIGOじゃねーか」「吹き替えが下手くそすぎる」「声優に向いてない」「DAIGOマジひどいな」「下手過ぎて笑うwww」などの罵詈雑言でTLが埋め尽くされ、それを見たDAIGOがショックのあまり「旅に出ます」とつぶやくほどだった。


●『サウスパーク/無修正映画版』

アメリカのケーブルテレビチャンネルで放送されている人気アニメで、日本では1999年からWOWOW放映権を取得し吹き替え版を放送していた。1999年に劇場版が作られ、2000年には日本でも公開されたが、松竹芸能所属の芸人が多数参加して大阪弁での吹き替えが行われたため、TV版のファンから猛烈に非難されたという。

なお、この作品でカートマンを演じていた映画コメンテーターLiLiCoは、映画版でカートマン役をアメリカザリガニ柳原哲也に奪われたことに腹を立て、抗議するためにテロリストの服装でオモチャのバズーカ砲を持ったまま配給元のワーナー・ジャパンに突撃したらしい。

f:id:type-r:20160111145639j:image


●『TAXi 4』

リュック・ベッソンが製作した人気カー・アクション・シリーズの4作目。しかし、前作『TAXi3』まではプロの声優が担当していた主役2人を、本作では当時売れっ子だったオリエンタルラジオが担当。さらにヒロインを眞鍋かをり、重要なサブキャラ高田純次が演じたことでシリーズのファンから凄まじい批判を浴びてしまう(DVDには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類が収録された)。

TAXi4 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008-01-25)


●『LIFE!』

ベン・スティラーが演じる主人公・ウォルターの日本語吹き替えを、なんとナインティナイン岡村隆史が担当した問題作。当然の如く公開直後から苦情が寄せられ、「なんで関西弁なの?」「声が全く合ってない」「酷いにも程がある!」「ホットペッパーのCMかと思ったわw」などなど、ネット炎上しまくったそうだ。

LIFE!/ライフ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)    [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-08-02)


●『ハンコック

主人公のハンコック(ウィル・スミス)はプロの声優が演じているのだが、ハンコックの友人として登場するレイの声をEXILEの眞木大輔が演じて大ブーイングに。脇役とは言え、「主人公を助ける」という重要なキャラだから出番もセリフも多く、その分ヘタな演技が目立ってしまったのだろう。違和感尋常じゃない。

ハンコック スペシャル・エディション [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-04-16)


●『呪怨パンデミック

ホラー映画の吹き替えなのに、ハリセンボン箕輪はるか近藤春菜森三中大島美幸村上知子黒沢かずこ、そしてまちゃまちゃという、全く意味不明のキャスティングに全国のホラー映画ファンが怒り心頭。怖がらせたいのか笑わせたいのかどっちなんだ?

f:id:type-r:20150926225541j:image


●『スーパーナチュラル

映画ではないが、海外ドラマにも酷い吹き替えは存在する。中でも、「今世紀最悪の吹き替え」「ひどすぎて体が震える」など、ぶっちぎりの低評価を獲得している伝説的な吹き替えが『スーパーナチュラル』だ。本作は、2005年に放送が開始されたアメリカのTVドラマで、日本でも2007年から放送されたが、2人の主人公のうち、1人をお笑コンビの次長課長井上聡が演じたことで大問題が発生する(もう一人は俳優成宮寛貴で、こちらもひどかった)。

動画を見てもらえばわかると思うが、「あれ?どこか別の場所から音声が再生されてるのかな?」と勘違いしそうなぐらいキャラと声が合ってない。恐らく本人は真面目にセリフを読んでいるのだろう。しかしどう考えても悪ふざけとしか思えないその演技は、脳が受け入れを拒否するレベルに達しており、もはや”棒読み”という概念すら超越している。

ワーナー・ホームビデオからシーズン1と2のソフトが発売された際も、信じられないほどの苦情が寄せられ、シーズン3からは別の声優に変えられてしまった。現在でも「『スーパーナチュラル』を超える吹き替えは存在しない」と言われるぐらいの衝撃映像であり、ある意味放送事故”と評しても全く過言ではないだろう。まさに”ダメ吹き替えの金字塔と呼ぶに相応しい問題作である。

関連記事

これはオススメ!意外と良かった日本語吹替え版映画ベスト10

芸能人で日本語吹替えするならせめてこういう人を使ってくれ


人気記事一覧

日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?

まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!

町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」

「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

大友克洋監督『AKIRA』がアニメ界に与えた影響のすごさ

『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話/裏話を大公開!


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)

トップページへ

ちゃぷりんちゃぷりん 2015/09/27 01:53 私も「シンプソンズ」の時はオリジナル吹替版(または字幕)以外は絶対観ないと決めてましたので、放送された時はWOWOWに感謝したくなりました。徳光和夫が主役の声を担当した「激突!」と、妻夫木・竹内コンビの「タイタニック」、織田裕二の「BTTF」が、今でも憶えてる「それはない」タレント吹替バージョンです。

type-rtype-r 2015/09/27 11:40 >ちゃぷりんさん

洋画をテレビで放送する場合、各テレビ局独自のキャスティングが存在するので、出来が良かったり悪かったりのバラつきがありますね。『タイタニック』も日本テレビ版は声優の石田彰さんがジャックを演じてたんですけど、フジテレビ版は妻夫木さんでしたねえ。

個人的には、ルーク役を渡辺徹、レイア姫を大場久美子、ハン・ソロを松崎しげるが演じた『スター・ウォーズ』のテレビ初放映版が最も衝撃でした。あとは、リチャード・ギアが石田純一で、ジュリア・ロバーツが浅野ゆう子の『プリティ・ウーマン』も凄かったです(^.^)

aguraagura 2015/09/28 20:08 『ラッシュ プライドと友情』は最初kinkikidsのトンデモ吹き替えで公開、そしてDVD発売しておいて、その一年後にちゃんとした声優さんの吹き替えも入ったバージョンを発売するというなかなかの鬼畜っぷりですw
『マッドマックス怒りのデスロード』も同じ商売しそうな香りがプンプンしますねえ……我慢できず予約しちゃいましたけど

type-rtype-r 2015/09/29 00:50 >aguraさん
コメントありがとうございます。

『ラッシュ プライドと友情』はF1好きな堂本光一くんの要望であんな吹き替えになったんでしょうかね?声が若すぎてどうにも違和感が…

でも『マッドマックス怒りのデスロード』の方は主人公のセリフが極端に少なかったので、あまり気になりませんでした(^_^)

KenKen 2015/09/30 21:35 ブルースブラザースのテレビ初放送はせんだみつおと小野ヤスシだったと記憶してますが、流行によってバブルガムブラザースになってしまいました。
どっちも声優ではありませんが前者の方があっていたと思います。

スターウォーズの大場久美子の書き込みもありましたが
大場久美子と言えばダンボ!あれは力が抜けました。。。
コウロギは井上順だったと思います。

type-rtype-r 2015/10/01 00:50 >Kenさん
コメントありがとうございます。

せんだみつおと小野ヤスシは役者の経験もあるからまだいいとしても、バブルガムブラザースはちょっと無理がありますねw

>大場久美子と言えばダンボ!あれは力が抜けました。。。
>コウロギは井上順だったと思います。

旧TV版のダンボは大場久美子ですが、井上順はネズミのティモシーだったようです(^_^;)

KenKen 2015/10/01 05:14 大変失礼しました。
コウロギはピノキオでしたね!
同じような設定でしたので勘違いしてしまいました。
申し訳ありません!

ゴローゴロー 2015/10/04 12:22 「インクレディブル・ハルク」の水嶋ヒロと「スノーホワイト」の小雪。
「トップ・ガン」の渡辺裕之と「フットルース」の近藤真彦。
いずれも酷い吹き替えでガッカリしました。

ぱす太ぱす太 2015/10/04 13:18 『ジャックと豆の木』のスリムクラブや『マスク2』のココリコなど、お笑芸人を起用するのはやめて欲しい。

type-rtype-r 2015/10/09 13:09 >ゴローさん

主役クラスのキャラを芸能人が吹き替えるのはキツイですねー。役者をやってる人でも声優の仕事は難しいらしいですから。

>ぱす太さん

なぜか分かりませんが、日本語吹き替えに必ず芸人さんが起用されるパターンっていまだにありますよね(^_^;)

タチバナタチバナ 2015/11/23 23:24 こう言った映画好き・映画ファンの声を無視してでも、芸能人起用の宣伝効果は大きい、ということなんでしょうか?

type-rtype-r 2015/11/24 01:40 >タチバナさん

ちゃんとしたプロの声優さんを起用すればこういう問題は起こらないんですが、声優さんではバラエティ番組にも出られないし、話題性もないので、宣伝のためには有名芸能人に頼らざるを得ないのでしょうね(^_^;)

勘弁して勘弁して 2015/11/24 10:20 ほんとやめてほしいですね、ヘッタクソな芸能人起用するの。
宮迫・アメザリ柳原あたりはほんと聞いてられなかった。
所さんに至っては「アルフ」の悪夢を思い出す始末…

KiraraKirara 2015/11/24 13:17 「ダイ・ハード」の村野武範氏みたいな成功例もわずかにはあるのですが、どうも宣伝の話題取りだけの為に吹き替えの作品価値をないがしろにするという姿勢には閉口するばかりです。
しかも叩いたら叩いたでファンから槍玉に挙がる事もあるし、本当に映画は何のためにあるんだか。

ところで、「スーパーナチュラル」で井上さんの名前挙げましたけど、もしかして主は相方の成宮寛貴さんは良いと思ったのでしょうか?

tennteketennteke 2015/11/24 15:37 むかーし「Mr.Boo」がテレビで放送されたとき、
サミュエル・ホイの吹き替えをビートたけしが担当して、上手い下手以前にかすれ気味の声で、なんか違うじゃないかなぁと感じたのを覚えています。
その時リッキー・ホイの声をビートきよしが担当して、これはあまり台詞がなかったから違和感も何もありませんでした。
http://bit.ly/1MOgQI0

我無駄無我無駄無 2015/11/24 16:22 自分が見に行った映画の例を書くと、夏場に何十年か前のテレビゲームのキャラ(ギャラガとか、スペースインベーダーとかパックマンとか)の実体化したものが、宇宙のどこかから飛来してきて地球を侵略する。という内容の「ピクセル」を見に行きました。

で、主人公は80年代のテレビゲーム大会で、準優勝をしたものの、大人になってからはさえない電気屋さんをやっている人物で、その親友はアメリカ合衆国大統領になっていたのが、笑えましたが。

それで、その電気屋さんの主人公の声を当てていたのが、実は、柳沢慎吾さんなのですよ。

で、件のゲーム大会でチートを使いまくって優勝した、主人公のライバル役で、エイリアン退治のパートナー役は神谷明さんが演じていましたが。

とにかく、主人公以外の人たちがベテランの声優ばかりという状況の中で、柳沢慎吾さんの主人公の声が、ひたすら上滑り的になっていたのが、印象的でしたね。

映画の内容的には、結構バカバカしくて面白い設定のものでしたが、だからと言って、芸人さんを使えば、さらに面白くなるというものではなく、かえって逆効果になるのではないかと思ったりしたものです。

ぽんぽん 2015/11/24 18:45 「怪盗グルーの月泥棒」の笑福亭鶴瓶もひどかったですね。関西弁が吹き替えに全然あっていなくて、途中でギブアップしました。

 話題が欲しくてこういうキャスティングになるのでしょうか?子ども向けの映画では字幕版が上映されない事も多いので、がっかりします。

type-rtype-r 2015/11/25 11:53 >勘弁してさん
>ほんとやめてほしいですね、ヘッタクソな芸能人起用するの。

宣伝のために有名芸能人を使うのは仕方が無いとは思いますが、もう少しキャラクターに合った声の人を選ぶとか、人選を考えてくれればこんなに苦情も出ないと思うんですけどねえ(^_^;)


>Kiraraさん
>「スーパーナチュラル」で井上さんの名前挙げましたけど、
>もしかして主は相方の成宮寛貴さんは良いと思ったのでしょうか?

いやいや、もちろん両方ダメだと思いましたよ(笑)。ただ、成宮さんの場合は「普通にヘタだな〜」と感じる程度でしたが、井上さんの方はもう、「ヒドい」を通り越して「ツラい」という領域に達していたので、敢えて井上さんだけ書かせていただきました(^.^)


>tenntekeさん
>サミュエル・ホイの吹き替えをビートたけしが担当して

最近は少なくなってきていると思いますが、今でもお笑い芸人を主人公役に起用する吹き替えはありますからねー。「声が聞き取り辛い」っていうのは本当に困ります(-_-;)


>我無駄無さん
>その電気屋さんの主人公の声を当てていたのが、実は、柳沢慎吾さんなのですよ。
>柳沢慎吾さんの主人公の声が、ひたすら上滑り的になっていたのが、印象的でしたね。

僕は『ピクセル』を字幕版で観たので知りませんでしたが、そんなことになってたんですね。せめて主人公はプロの声優さんにやってもらいたいですねえ(^_^;)


>ぽんさん
>話題が欲しくてこういうキャスティングになるのでしょうか?

日本映画の場合は、公開日に合わせて俳優たち自身がバラエティ番組などに出演しまくって宣伝できるのですが、海外の役者はそれが難しいのでしょう。だから吹替え版の声をお笑芸人やタレントに演じてもらうことで、少しでもテレビの露出を増やそうとしているのです。知名度のある芸能人が吹替えをすれば、話題にもなるし、ニュースで取り上げられる率も高くなって映画が注目されますからね。結局は「映画を宣伝するため」なんですよ(-_-;)

WKWK 2015/11/25 13:49 まあそこは話題作りのための芸能人特権ですよ
業界の立場的にも芸能人>声優なのは明白ですし
っていうか一般人は声優なんてどうでも良くて芸能人の○○さんが吹き替えしてるってだけで見るって人もいますし
業界が欲しいものは吹き替えのクオリティじゃなくて話題性だけですから抗議しても無駄ですよ、残念な話ですけどね

type-rtype-r 2015/11/26 01:22 >WKさん
>芸能人の○○さんが吹き替えしてるってだけで見るって人もいますし

僕らの感覚では「そんなので観に行くかな〜?」って感じですけど、ファンの人は行くんでしょうねえ。トム・クルーズみたいに、新作が公開されるたびに来日している俳優は宣伝も話題性もバッチリなんですけどね(^_^;)

mosumosu 2015/11/26 08:20 芸能人は確かに萎えますね・・
感覚的には8割はハズレという感じがしています


雨上がりの宮迫に関しては、Mr.インクレディブルでの吹き替えはすごく上手で感動した記憶があります。
逆に芸能人声優がやったもので好評なものが知りたいですね

砂 2015/11/26 17:47 個人的に「トゥームレイダー事件」と呼んでるものがあります。
フジが放送した映画「トゥームレイダー」にて、主人公ララ・クロフトの吹き替えを釈由美子がやった、というものです。
あれは本当にひどいものでした…
声質は合ってないし演技も空振り。力が入ってない…


映画ではないですが、プレイステーションで出たゲーム版「ビーバス&バットヘッド」では、ロンドンブーツ1号2号が主演をしてましたが…棒読み具合が逆にマッチしていて爆笑した覚えがあります。

type-rtype-r 2015/11/27 00:17 >mosuさん
>逆に芸能人声優がやったもので好評なものが知りたいですね

あー、なるほど。そっちもあった方がいいかもしれませんね。
じゃあ次回はそれを書きます(^_^)


>砂さん
>フジが放送した映画「トゥームレイダー」にて、
>主人公ララ・クロフトの吹き替えを釈由美子がやった

テレ朝版やDVDはプロの声優なのに、フジテレビはそういうのが多いですねえ。誰得なんでしょうか(-_-;)

ある種のトシヨリある種のトシヨリ 2015/11/29 20:02 そういえば昔のスヌーピー。
チャーリーブラウンの吹き替えって谷啓さんだったはず。

今回のアニメの子役キャスティングの評判はいかに?




舞台で小堺一機氏(ムッ君)が演じていたことは当然知っているよな?

KATSUOKATSUO 2015/11/29 21:30 『ワイルド・スピード MEGA MAX』の武井咲と『リンカーン/秘密の書』の相武紗季、あと『ジュラシック・ワールド』の木村佳乃もひどかったぞ。

しばわんしばわん 2016/01/19 02:49 LIFE!視聴3分あたりで検索しておじゃましました
やっぱり岡っちでしたか(笑)
さいきんは吹替えもいいよなーなんて思ってたんでしが、地雷もあるんですねぇ(^^;

type-rtype-r 2016/01/20 00:08 >しばわんさん

『LIFE!』は確かに地雷でしたが、
最近の日本語吹き替え版は良いものが多いので、
僕も吹き替えで観ることが増えてます(^_^)

ぬめのろんぬめのろん 2016/01/27 20:45 すばらしいほど「ひどい吹替映画」のチョイスですね!
笑わせていただきました笑

個人的には「トップガン」がダントツでした…。
トム・クルーズ本人と、彼の吹替を主に担当する
鈴置洋孝や森川智之両氏が好きということも相まって
より残念な気持ちになってしまいました。
吹替を担当した俳優は若いころのトム・クルーズに
地声は似ているかもしれませんが、
「それなら字幕で見ますよ」ってことになるわけで…。

お目汚し失礼しましたー。

type-rtype-r 2016/01/28 01:37 >ぬめのろんさん

ここ10年ぐらいは「トム・クルーズの日本語吹き替え=森川智之」みたいになっているようですが、それ以前は小杉十郎太、江原正士、宮本充、堀秀行、堀内賢雄、鈴置洋孝、山寺宏一など、色んな人が吹き替えを担当してたんですよね。そんな中でも”あの俳優さん”が吹き替えたものは、やはり相当キツかったみたいですねえ(幸いなことに僕は観てないんですけどw)

へいぽーへいぽー 2016/01/31 11:05 ウォンテッドのDAIGO
ジャックと天空の巨人のウエンツ瑛士と芸人連中
最近みた吹き替えで内容台無しの酷い作品。

type-rtype-r 2016/01/31 17:47 >へいぽーさん

特に『ジャックと天空の巨人』はヒロインも平愛梨さんが吹き替えていたので厳しかったです(^_^;)

一本槍一本槍 2016/02/13 11:52 2004年公開、ヒュー・ジャックマン主演「ヴァン・ヘルシング」のキャスティングも、かなり酷い

敵役のドラキュラの三人の花嫁役に、当時TV放送していたバラエティ番組「ワンナイR&R」からの三人の刺客
小池栄子、根本はるみ、「雨上がり決死隊の宮迫博之!!!」
って、おい!
お色気ムンムンの花嫁役になんでオッサンが起用されてんだよ!

精一杯のファルセットで演じてくれましたが
どう聞いてもオカマにしか聞こえない!トリハダ必至!
会場全体に気まずい空気が蔓延するのを感じる
(なんでホラー映画観に来て、こんな気まずい思いしなきゃならんの?)

唯一の救いは、登場5分で死んでくれた事
性別くらいは合わせてくれよ・・・

type-rtype-r 2016/02/13 18:08 >一本槍さん

『ヴァン・ヘルシング』の吹替えってそんなことになってたんですか?字幕版しか観たことないので知りませんでした。酷い話ですね〜(^_^;)

ドラゴンドラゴン 2016/02/20 16:57 エクスペンダブルズ2をDVDで観たんですが、ブルース・ウィリスの吹き替えを綿引勝彦がやってたんですが、声がガラガラすぎて全然合ってないんですよ。

浮いているし、終始棒読み、せっかくスタローンさん、シュワちゃんはfixで揃えているのに何で綿引なんだよと。

しかも中村秀利さんはなくなってしまうし。

樋浦勉で収録してほしいです。

後はシーザーとロードもですね。劇場公開にあたって変わったんでしょうが、もちろんプロが吹き替えてたのは知っているんですが、前の西凜太郎さんと木下浩之さんがはまってましたね。

でも声優業は俳優の仕事の一部ですし、有名だろうが、無名だろうがやるのはいいんです。

ただやっぱり一般的に知名度のある役者さんはアフレコとかを嫌っているんでしょうか。

下手なのはたぶん、下積み時代でもやってなかったか、それかデビューして間もなく有名になったからか、いろいろ思い浮かぶんですが、どうでしょうね。

声優業は俳優のアルバイトみたいですし、別にバカしているわけではありません。

ただ売れてる役者はそういうのやらなくてもやっていける。
だから下手なんじゃないしょうか。

村井国夫さんや宮川一朗太さんといった成功例もありますし、分からないですね。

type-rtype-r 2016/02/21 01:36 >ドラゴンさん

ブルース・ウィリスの最近の吹き替えを見てみると、樋浦勉、仲野裕、中村秀利、志村知幸、磯部勉、内田直哉、山路和弘、大塚芳忠、石原辰己など、作品ごとに結構バラバラなので、『エクスペンダブルズ2』だけが違うというより、スタローンやシュワちゃんみたいに「吹き替えの人が決まっていない」ことが要因ではないかと。たぶん、新作が公開される度に「今回は誰にやってもらおうか」みたいな感じで選んでるんじゃないでしょうか。

>売れてる役者はそういうのやらなくてもやっていける。

今は「声優」という仕事が職業として確立していますが、昔は役者たちが「俳優業だけでは食えないから」という理由で声優をやることが多かったそうです。なので野沢雅子さんなどは「声優」と呼ばれることを嫌い、インタビューのたびに「私は舞台女優です」と訂正していた時期があったとか(もちろん今は違いますが)。

では、最近の若手俳優はどうなのかというと、「売れてる役者はそういうのやらなくてもやっていける」っていうのは当然あるんですけど、それ以上に「声優の仕事の人気が上がって、役者が簡単に入り込めなくなった」という事情も大きいんじゃないでしょうか。今は声優の志望者が増えすぎて、仕事の取り合いみたいになってますからね。

だから、「下積み時代でもやってなかった」というより、今はやろうとしても出来ないのでしょう。宮川一朗太さんぐらいの年代の俳優は、まだそういう経験を積めたので吹き替えやナレーションの仕事も上手くこなせていますが、アフレコをやったこともない人がいきなり吹き替えをやっても上手くいくはずがありません(^_^;)

ドラゴンドラゴン 2016/02/21 09:56 コメントの返信ありがとうございます。

確かにそういえばブルース・ウィリスはfix声優がまだ定まっていないんでしたね。失礼しました。

声優の仕事の人気がいまだにあるのはすごいですね。

でも今でも俳優の仕事の一部であることには変わりないと思います。

今は有名ですが、伊武雅刀さんや高畑淳子さんも声優業を行っていたみたいで。

ただ、だからといって米倉は誰がどう聞いても下手の極みですし、俳優ですらない芸人の宮迫や加藤は論外です。

米倉はモデル出身だから、全然演技を磨いてなかったんじゃないかと思っています。

type-rtype-r 2016/02/22 11:41 吹き替えのキャスティングを担当する人は、もっとしっかり選んで欲しいですね(^_^)

ウェステールウェステール 2016/02/29 04:53 芸能人の吹き替えで成功してるのなんて、
「平成狸合戦ぽんぽこ」の林家こぶ平くらいしか知らないや。

それも「タッチ」での経験が生きてるからこそだったんだろうし……

かのんかのん 2016/03/04 08:30 スーパーナチュラルをHuluの吹き替えで見て笑いました。
マジで素人感丸出し…
Youtubeの比較動画が笑えます
ブルーレイで本物の声優による吹き替えがあるので差し替えてやってほしいです

type-rtype-r 2016/03/05 01:04 >かのんさん

あ〜、Huluは井上&成宮バージョンなんですねえ。どうして差し替えないんだろう(^_^;)

ガハハガハハ 2016/03/22 18:02 吹き替え馬鹿はこの惨状を目にしても吹き替えが最高だと言い張るらしい

そもそも日頃から本を読んでりゃ字幕の早さなんて気にならないってのに
吹き替えガイジは自分で本も読まない馬鹿だと声高に宣伝してるようなもんだ

越萌越萌 2016/04/23 12:11 アベンジャーズシリーズはもうこれっきりにして
ほしい。それが無理なら、ブラックウィドウは登場させないでほしい。もう一つ言うなら、ディズニージャパンの映画にスカーレットヨハンソンは出ないでほしい。女優としての価値が下がっている米倉涼子を声優に使う
ディズニージャパンのセンスというか品格を疑う。yyyy

アオアオ 2016/04/25 20:58 俳優女優でも芸人でもアイドルでも誰でも上手ければいいんですけどね・・・
お世辞にも上手いと言えない上に、批判するとその吹き替えやった客寄せパンダ(になってるのか謎ですが)の信者に「頑張ってるんだから批判するな」という不毛で最悪な罵倒されるという・・・お遊戯会の保護者気分かな・・・

しかしだからって字幕が完璧かというとそうでもなく
誤訳意訳だらけなのもあることを思えばもう外国語を習得するしかないw
でもまあせめて違和感のない下手じゃない人を起用するようにしてほしいですね
アニメだと結構慣れてしまえるんですが、実写で吹き替え下手だとかなりきついですから

type-rtype-r 2016/05/02 13:40 >名無しさんへ
>コメントは承認せずに

ハイ、お望み通り削除しといたよ。
これで満足かな?


>まあ僕はAdblockつけてるんで良いですけど(笑)

なんか勘違いしてるみたいだけど、
このブログはAdSenseを一切やってないんだよね。
表示されてる広告は全て運営会社のものだから、
ブロックしても僕には全然関係ありませ〜ん(^_^)
残念でした〜www

アイアンマン好きアイアンマン好き 2016/05/03 15:22 「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」をうっかり吹き替え版で観てしまいました。
ブラック・ウィドウの米倉涼子があまりにも酷くて、最悪の気分です。
字幕版で観ればよかった(-_-;)

type-rtype-r 2016/05/03 19:03 >ガハハさん
>吹き替え馬鹿はこの惨状を目にしても吹き替えが最高だと言い張るらしい

まあ、『アベンジャーズ』の吹き替えを観ても気にならない人はいますからねえ。人それぞれじゃないかと(^_^;)


>越萌さん
>ブラックウィドウは登場させないでほしい

う〜ん、世界がクロスオーバーしてるからこそ、『アイアンマン』や『キャプテンアメリカ』などの他作品に彼女が登場しているわけで、そこを外すのはもったいないような。やはり問題は米倉涼子さんですかー(^_^;)


>アオさん
>せめて違和感のない下手じゃない人を起用するようにしてほしいですね

そうなんですよねえ。タレントやお笑い芸人にも吹き替えが上手い人はいっぱいいますから、そういう人を選んでもらいたいです(^_^)


>アイアンマン好きさん
>字幕版で観ればよかった(-_-;)

なんか最近、字幕版よりも吹き替え版の方が上映回数が多くなってる気がするんですけど、誰かの陰謀でしょうか?(^_^;)

越萌越萌 2016/05/05 09:43 そのとおりです。
米倉涼子とディズニージャパンの幹部との間によからぬ関係があるのかと疑いたくなります。

越萌越萌 2016/05/05 09:56 そのとおりです。
溝端さんも褒められたものでは、ありませんが
三銃士王妃の首飾りの劇場公開で見たときは、ダルタニアンの演技というか声にがっかりしました。
日曜洋画で内山昂輝がやってくれて、ホッとしました。オーランドブルームの声を平川大輔さんがやってくれたこともそれ以上に、感激しました。
だから、日曜洋画に期待しているんですが…pd